Zaifの使い方を画像付きで解説!ザイフで仮想通貨を買う方法

仮想通貨取引所のZaifを使う際「Zaif(ザイフ)で仮想通貨を取引したいが、いきなり売買するのは不安だ。」「Zaifの取引画面を見てみたが、使い方がわからない。」という人もいます。

しかしZaifの取引方法はシンプルなので、覚えてしまえばとても簡単。

Zaifでは「販売所」か「取引所」を利用して、仮想通貨を購入可能です。

「販売所」と「取引所」はどう違うの?
取引する相手が違う。販売所はZaifとユーザーが取引して、取引所はユーザー同士が取引するんだ。
違いは取引相手だけですか?
価格にも違いがあるぞ。販売所は「Zaifが提示した価格」、取引所は「ユーザーが決めた価格」で取引ができるんだ。

今回の記事はZaifでの仮想通貨の買い方を、画像付きで説明します。

ただし仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)で仮想通貨を売買するには、まず口座開設と日本円の入金が必要です。まだ口座開設と入金をしていない人は、まずそちらを完了させましょう。

Zaifの口座開設については「Zaif(ザイフ)で口座開設する方法を画像つきで詳しく解説」を読んでみてくださいね。

すでに口座開設と入金を完了し、Zaifで仮想通貨を買いたいと考えている人は、今回の記事を参考にしてください。

Zaifの簡単売買(販売所)はビットコインの数量を入力するだけ!

まずは「販売所」での買い方を説明します。Zaifの販売所は、「簡単売買」という名称です。

簡単売買では、「ビットコイン(BTC)」と「モナコイン(MONA)」を売買できます。

ビットコインもモナコインも手順は同じなので、ここではビットコインの例に買い方を説明しますね。

買い方の手順は、次のとおりです。

販売所での買い方
  1. 買いたい「ビットコインの数量」もしくは「日本円の設定金額」を入力
  2. 「BITCOINを買う」ボタンを押す

実際にスマホ版の画面を見ながら、買い方を確認しましょう。

1「ビットコインの数量」もしくは「日本円の設定金額」の入力

Zaifにおける簡単売買の数量・日本円の設定金額入力

Zaifのホームページを開き、右上のメニュー項目から「簡単売買」を選択すると、上の画面が表示されます。

赤枠で囲った部分へ数値を入力してください。「+」、「-」ボタンを押せば、ビットコインは0.0001BTCごと、日本円は1円ごとに金額が増減。

ビットコインと日本円のどちらか一方の値を決めれば、もう一方の値も自動的に決まります。

Zaifにおける簡単売買の+ボタンタップ

ほんとだ。ビットコインの「+」ボタンを一回押すと、日本円の金額も自動で決まりますね。
うむ。画面の日本円は約91円だな。1000円の場合も、1000.0000円で表示されるから注意しろよ。
2購入ボタンを押す、日本円が足りない場合は入金ボタンを押す

Zaifにおける簡単売買の購入ボタンタップ

ビットコインの数量を決めたら、「BITCOINを買う」ボタンを押し、その後の注文確認画面でOKボタンを押せば購入完了です。

Zaifにおける簡単売買の買い付け余力超過

「買付余力(自分がZaifで使える日本円の金額)」が足りないと、ビットコインを買うことはできません。

日本円が足りない場合は「入金する」から日本円を入金し、買付余力を増やすことが可能です。

モナコインもビットコインと同じ手順で買うことができるから、試してみるといいぞ。次の章は、取引所での買い方をみていこう。

現物買いは指値注文なら価格と数量、成行注文なら数量だけを選択!

続いて取引所での仮想通貨の買い方を説明します。買い方の流れは、次のとおり。

取引所での現物買いの流れ
  1. 取引する通貨の選択
  2. 取引方法の選択
  3. 注文方法の選択
  4. 購入金額と数量の選択
  5. リミット売り(任意)の選択

それぞれ説明していきますね。

1取引する通貨の選択

Zaifのメニューボタンから取引を選択すると、ビットコインの取引画面が表示されます。取引する通貨は、チャートの上にあるボタンを押せば変更可能です。

Zaifにおける取引の仮想通貨選択ボタン

取引所では、ビットコインとモナコイン以外にも、「ネム(XEM)」、「ビットコインキャッシュ(BCH)」、「イーサリアム(ETH)」が購入できます。

Zaifの取引所の仮想通貨選択画面

またトークンの項目を選べば、各種トークンも購入可能です。

2取引方法の選択

購入したい仮想通貨を選んだら、取引方法を選びましょう。仮想通貨を買う場合、「現物買い」と「信用買い」があります。

Zaifにおける現物買い・信用買いの選択

「現物買い」と「信用買い」は、何が違うの?
「現物買い」は自己資金の範囲内で取引をする。「信用買い」では証拠金を預ければ、自己資金以上の金額で取引ができるんだ。

ここでは現物買いを選択しましょう。

3注文方法の選択

現物買いでは、「指値注文」か「成行注文」のどちらかを選びましょう。

Zaifにおける指値注文・成行注文の選択

指値注文と成行注文の違いは、次のとおりです。

指値注文と成行注文の違い
指値注文 ・買いたい通貨の量と価格を自分で指定する注文
・価格を自分で指定できるが、指定した金額以下にならないと購入できないため、注文がすぐに成立しないこともある
成行注文 ・買いたい量だけを指定し、価格は決めない注文
・その時のレートで購入するため、すぐに注文が成立する

すぐに仮想通貨を購入したい場合は、成行注文が便利です。指値注文は、指定した金額以下でしか、注文が成立しません。

しかし買い注文に有効期限はないので、レートより安い価格で購入したい人は、指値注文をするとよいでしょう。

4購入金額と数量の選択

指値注文と成行注文のどちらで購入するか決めたら、購入金額と数量を決めます。

Zaifにおける成行注文の数量の選択

成行注文の場合、数量を入力して買い注文を出せば、その時の仮想通貨の価格で購入することが可能。

Zaifにおける現物買いの価格と数量の入力

簡単売買ではビットコインの数量を決めると、自動的に日本円の金額も設定されましたが、指値注文では価格と数量を自分で設定できます。

量の横にある「使用残高」っていうのは何ですか?
自分がもつ日本円の残高の内、何%を購入に使うか決めることだ。

たとえば160万円持っている状態で、1BTC=80万円の買い注文を出すと、使用残高100%の場合は2BTC、50%の場合は1BTCを購入できるぞ。

指値注文の場合、価格を自由に設定できますが、相場とかけ離れた価格を設定しても、取引は成立しません。

価格設定に迷った場合は、注文画面の下にある「板」を確認しましょう。

板とは仮想通貨の売買情報を集めたグラフで、売りの情報は「売り板」、買いの情報は「買い板」といいます。

Zaifの買い板と売り板の情報

板を見たけど、見方がよくわからない!
緑色の数字で表されるのが売り板、赤色の数字が買い板だ。中央の数字は気配値で、ユーザーが売買したい価格を表しているぞ。
売気配数・買気配数ってなに?
売気配数・買気配数は、その価格で売りたい人・買いたい人がどれだけいるかを表しているんだ。

買い板の気配値の中で、もっとも高い価格は1番上、もっとも安い価格は1番下です。

指値注文の金額設定で迷った場合は、買い板に表示されている範囲内の金額を入力すれば、取引が成立する可能性が高くなりますよ。

5リミット売りの選択(任意)

指値注文の場合は、「リミット売り」を設定できます。任意項目なので、設定しなくても買い注文を出すことは可能。

Zaifの現物買いのリミット売りの入力

リミット売りって、何よ?
リミット売りを指定すれば、自分の買い注文が成立したとき、リミット売りに指定した金額で自動的に売り注文が出されるんだ。
自動で注文が出されるの!?なんだか恐いわね。
そんなことはない。リミット売りを指定すれば、相場を頻繁に確認しなくても、利益を確定しやすくなるんだ。
たとえば80万円で1BTCを購入し、リミット売りを90万円にすれば、買い注文が成立したとき自動的に1BTC=90万円の売り注文も出されるのです。

リミット売りを指定しておけば、ビットコインの価格が上昇したときに、売り注文を出す手間が省けます。

Zaifの信用買いでは、レバレッジとストップを選択できる!

信用買いの方法は、基本的に現物買いと同じです。

ただしZaifで信用買いができるのは、ビットコインだけ。

1BTC当たりの価格と、購入したいビットコインの数量を決めます。売り注文も同時に出したい場合は、リミット売りの設定もしましょう。

異なるのは、「レバレッジ」と「ストップ」の設定です。

Zaifにおける信用買いのレバレッジとストップの入力

信用買いの場合、レバレッジをかけることができます。

レバレッジをかけると、自分がもつ資金以上の金額で取引が可能。

たとえば10万円もっているときに、レバレッジが5倍なら、最大50万円まで取引ができるんです。

ストップを指定した場合、レートが指定した金額以下になると、自動的に売りに出されます。

ストップも任意項目ですが、ストップを指定しておくで、相場が急落したとき被害を最小限に抑えることが可能です。

まずは簡単売買か成行注文から始めて、Zaifの使い方を覚えよう!

Zaifでの仮想通貨の買い方を説明しました。

販売所を利用する「簡単売買」と、取引所を利用する「現物取引」「信用取引」があります。

指値注文や信用買いでは、「リミット売り」や「レバレッジ」、「ストップ」も設定できますが、慣れないうちは価格と数量のみの指定がオススメです。

とくに「簡単売買」と「成行注文」なら、設定する項目は1つだけ。

いずれも覚えてしまえば、簡単に仮想通貨が購入できます。

少額の日本円を入金し、「簡単売買」か「成行注文」で少しずつZaifの使い方を覚えていってくださいね。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。