仮想通貨をマイニングするには?やり方と始める前に知りたい注意点

仮想通貨を入手する方法というと、取引所で購入するという方法とは別に、もう一つあります。それはマイニングです。

マイニングとは日本語で採掘を意味する単語なのですが、仮想通貨の世界ではブロックチェーンの新たなブロックを生成する手伝いをする行為のことをマイニングと呼びます。

ブロックチェーンを運用するにあたって、マイニングは必要不可欠です。世界中のマイナーが日々マイニングをすることで、ビットコインなどの仮想通貨は円滑に運用されています。

もちろん、マイナーもボランティアでブロックチェーンの運営の手伝いをしているわけではありません。マイニングをすることで、マイナーは報酬を得ることができます。

わざわざ取引所で購入せずとも、マイニングをすればパソコンを働かせるだけで報酬を得ることができるため、マイニングは一見すると非常に効率の良い仮想通貨の入手方法です。

そのため、最近はマイニング事業を始める企業が増えているのですが、果たしてマイニングによる利益とはどの程度なのでしょう?そして、デメリットやリスクなどはないのでしょうか?

マイニングとは新しいブロックを生成するための承認の作業

マイニングが仮想通貨の運営に必要だとして、そもそもどのような理由でマイニングは必要とされているのでしょう?

マイニングを説明するにあたり、まずブロックチェーンの仕組みについて理解しておく必要があります。

ブロックチェーンとは、仮想通貨の土台を支えている技術のことで、ブロックの一つ一つに取引データが格納されています。

例えばイーサリアムの取引をした場合、その取引の記録は時間毎に区切ってブロックの中に収められています。一定時間が経過すると、次のブロックが新たに生成されることになります。

マイナーは、この新しいブロックを生成するための、承認の作業をすることになります。

マイニングを通じて作業の承認が行われることで、はじめてブロックとチェーンは連結されます。そして、この承認作業に対する報酬として、マイナーは新規の仮想通貨をもらうことができます。

マイナーの必要性

仮想通貨が改竄されるリスクが低く、安全に運用できる根拠として、マイナーの存在があります。マイナーが取引データの整合性を常に確かめることで不正が入り込む余地をなくし、常に安全にブロックチェーンを運用できるようにしてくれているのです。

マイニングとは、仮想通貨の安全を確保する上で、必須の事項なのです。ただここで一つ疑問が生じます。それほど重要なことなのに、なぜマイニングは誰でも参加できる仕様になっているのでしょう?

ビットコインなどの仮想通貨の場合、マイニングは有志であれば誰でも参加が可能です。パソコンさえあれば、今日からでもマイニング報酬を稼げるでしょう。中にはその利益を独占したいと思う人がいてもおかしくはありません。

ただ、現実的な問題として、それは不可能でしょう。というのも、取引データの整合性を確かめるというこの作業には、非常に膨大な計算量が必要となるからです。とても一つのパソコンで間に合う作業ではありません。

しかし、一人では無理でも、みんなで協力すれば、どれほど膨大な計算量であってもなんとか処理することができます。

仮想通貨のマイニングでは、世界中のコンピュータリソースを借りることで、計算を行い、取引データの整合性を確かめるという作業が常に行われています。

仮想通貨が今後、世界中で取引されるようになり、需要が増せば増すほど、マイニングの必要性はさらに高まるでしょう。いずれは、人ではなくコンピュータが働いて報酬を稼ぐ時代が到来するかもしれません。

マイニングの注意点とは?

ビットコインに限らず、イーサリアムやビットコインキャッシュなどの仮想通貨を取引所で購入しようとなると、それなりに高額の費用がかかります。もちろん、買った仮想通貨が値上がりすれば、その分だけ利益を得られます。しかし、仮想通貨が今後、高騰するかどうかは今のところ、誰にもわかりません。

その点、マイニングならば、確実に報酬を手にすることができるので、投資よりも利益率が良さそうです。

ただで仮想通貨がもらえるんなら、マイニングやったほうがお得じゃん!やり方教えてよ!
たしかにマイニングは一見するとコストパフォーマンスの良い行為に見えるかもしれん。

だがマイニングには電気代やマシンが必要となり、さらには税金・セキュリティなど、気を付けるべき注意点が多くある。順に解説するぞ!

設備費用と電気代

マイニングは一見すると、購入費用がかからず、コスト0で仮想通貨を調達できる手段のように思われますが、まったくコストがかからないというわけではありません。

マイニングをするためには、まず計算能力の高いパソコンが必須です。残念ながらCPUでは効率の良いマイニングが難しく、あまり稼げないでしょう。

このように、マイニングにはまず設備費用かかるという注意点があります。それに加え、電気代がかかるというデメリットがあります。

パソコンがマイニングの作業を始めると、膨大な量を計算することになります。この計算をこなすためには大量の電力が必要となるため、マイニングをいざ始めると、電気代が高額になります。

マイニング事業をしている企業の中には、高額の電気代を嫌い、わざわざ海外の電気代が安い国でマイニングをする企業すらあるほどです。

もっとも、いくら電気代が安いエリアでマイニングをしたところで、膨大な電気量を消費すると、それに比例して電気代も高騰するため、マイニング事業者の参入によって電気代がかえって上がってしまうなどの問題が発生しています。

マイニングの電気代は、どの仮想通貨をマイニングするかによって異なります。ただ、ビットコインのような人気仮想通貨のマイニングをするとなると、電気代が高額になりやすく、そのせいで赤字になるリスクがあります。

マイニング報酬を目的にマイニングをする場合、マイニングによって得られる利益と、マイニングによって発生する電気代と設備代などのコストをしっかりと計算しておきましょう。

マイニング報酬よりも電気代の方が高くなると、マイニングをすればするほど赤字になってしまいます。

マイニング報酬に対する税金

仮想通貨を通じて利益を取得すると、日本の税法の場合、税金が発生します。これは投資だけでなく、マイニングについても同じことが言えます。

もしもマイニング報酬を稼いでいるにも関わらず、税金の申告を怠ると、ペナルティとして無申告加算税や延滞税などが発生します。

ただ、マイニングにも税金が発生するとして、一体税率はいくらぐらいなのでしょう?

マイニングによって発生した利益は、税法の世界では雑所得として扱われます。そのため、4000万円を越えるほどの利益ともなると、税率は45%となります。

ただ、仮想通貨の価格というのは常に変動しています。一体どの時点の価格を参考に、税金を計算するべきなのでしょう?

国税庁によると、マイニング報酬の税金は、マイニングによって仮想通貨を取得した時の時価を参考にするとのことです。

例えば、マイニングによって1枚100万円前後の価値がある仮想通貨を年間で40枚以上取得したとして、その仮想通貨を取得した時の価格が100万円ならば所得は4000万円を超えるので、税率は45%となります。

ただし、マイニングは投資と違ってコストがかかるものです。マイニングにかかった電気代やパソコンなどの設備費用は経費として扱うことができるため、その経費次第では税率をもっと下げられるかもしれません。

そのような税金の知識もない状態で確定申告をすると、本来であれば払う必要がない税金まで払うことになります。脱税は犯罪ですが、節税ならば合法なため、やっても問題ありません。余計なコストを削減するためにも、マイニングをする際には必ず税金に関する知識を覚えておきましょう。

マイニング投資の危険性

マイニングに興味はあるけれど、マイニング用のパソコンを購入するだけの資金がない、なにより色々と手続きが面倒くさい、そんな人にオススメなのがマイニング投資です。

マイニング投資とは、マイニングを事業として行っている企業や団体、個人に出資をし、自分の代わりにマイニングをやってもらい、そこで発生した利益を出資額に応じて還元してもらう投資のことです。

投資家としては、マイニングをするための設備を用意する手間が省けますし、事業者としてはマイニングを実施するのに必要な資金を集められるため、両者共々メリットのある投資です。

今すぐマイニングで儲けたいというのであれば、マイニング投資はもっとも簡単な方法でしょう。しかし、マイニング投資には他にはないリスクがあります。それは詐欺に遭うリスクです。

マイニング投資をしている団体や個人の中には、マイニング投資で儲かると嘘をつき、投資資金を騙し取る詐欺集団がたまにいます。

すべての団体が詐欺集団というわけではありませんが、反社会的な集団が紛れ込んでいるのもまた事実です。

もしもこの手の詐欺集団に引っかかると、マイニング報酬が得られないばかりか、投資したお金が無くなってしまうため、大損です。

では、詐欺にさえ引っかからなければ問題ないのかというと、必ずしもそうとは限りません。たとえ真っ当なマイニング事業者だったとしても、すべてが順調にマイニングできるとは限りません。

マイニング事業者といってもそれぞれで、中には利益を出せず、巨額の赤字を抱えるあまり、破綻してしまう事業者も存在します。

たとえマイニング事業が上手くいき、黒字化できたとしても、ハッキングなどの被害に遭い、マイニングによって得られた仮想通貨を奪われてしまうなどのリスクも存在します。

このように、マイニング投資にはリスクとデメリットが多いです。マイニング投資をする際には、本当にこの事業者に投資をしても大丈夫なのか、真贋を見極める必要があります。

マイニングソフトの危険性

事業者の破綻などのリスクを回避し、安全にマイニングをするのであれば、自分で設備を用意し、個人でマイニングを始めた方が良いです。

ただし、自分でマイニングをする際には、必ず安全なマイニングソフトを使用してください。

仮想通貨の価値が高まっている昨今、様々なマイニング関連のコンピュータウィルスが登場しています。

中には他人のパソコンに感染すると、勝手にマイニングを開始し、そこで得られた仮想通貨をハッカーに送信するなど、手の込んだウィルスも存在します。

仮想通貨のマイニングを個人で行うためには、マイニングソフトが必要になります。そして、このマイニングソフトの中には、ウィルスを感染させる悪意あるソフトも存在します。もしもウィルスに感染すると、個人情報が漏洩するなど、様々なトラブルに遭う恐れがあります。

投資と違い、確実に稼げるマイニングですが、その裏側には様々なデメリットやリスクが存在します。マイニングをする際には、これらのリスクを回避すべく、できるだけ安全な方法で採掘を行いましょう。

マイニングにオススメの仮想通貨とは?

確かにリスクやデメリットのあるマイニングですが、一旦成功すれば、今後はコンピュータだけで報酬を定期的に稼ぐことができます。効率よくマイニングできれば、給料よりも稼げるでしょう。

ただ、マイニングといっても、仮想通貨の種類は豊富です。一体どの仮想通貨がオススメなのでしょう?

アルトコインがオススメの理由

企業ではなく、個人レベルでマイニングをする場合、ビットコインは止めた方が良いです。というのも、ビットコインは世界で最も人気のある仮想通貨のため、競争が激しく、個人レベルではもはや太刀打ちができない通貨だからです。

個人がマイニング用のパソコンを購入し、ビットコインのマイニングを始めたところで、利益を得ることは困難を極めるでしょう。しかし、アルトコインならば、稼げる見込みが高いです。

ビットコインと比べ、アルトコインはまだまだ価値が低いということもあってか、マイナーの数が少なく、個人であっても十分に採掘可能です。

個人でも購入可能なGPUのパソコンでも、アルトコインならば十分に採算に見合うだけの量を採掘できるでしょう。

マイニングにオススメの銘柄

確かにアルトコインはビットコインと比較するとマイニングの難易度が低いです。では、アルトコインならばどれでも大丈夫かというと、そんなことはありません。

アルトコインといってもそれぞれで、中にはビットコインほどではありませんが、それに準じて難易度が高い仮想通貨もあります。

例えば、ビットコインキャッシュやイーサリアムなどの採掘難易度は非常に高く、個人での採掘は困難です。

国内で仮想通貨のマイニングを個人でするのであれば、モナーコインやイーサリアムクラシックなどが、個人でも採掘可能で、なおかつ利益が出やすいアルトコインとなります。

この二つのアルトコインは人気のレベルがそこそこなため、個人でも十分に太刀打ちができます。さらに、このアルトコインはどちらも国内の取引所で日本円と交換可能な仮想通貨のため、マイニングで得た仮想通貨をすぐに日本円に変えられるというメリットがあります。

マイニングの方法はどの仮想通貨も同じか?

せっかくマイニング可能なアルトコインを見つけたとして、仮想通貨によってそれぞれやり方が異なるというと、非常に面倒ですし、なにより手間がかかります。実際のところ、マイニングのやり方は仮想通貨によって異なるのでしょうか?

まず、マイニングだけに関して言うのであれば、どの仮想通貨であってもほとんどやり方は同じです。

モナーコインもイーサリアムクラシックも、似たような手順でマイニング報酬を稼げるでしょう。ただし、マイニングがない仮想通貨の場合、やり方が根本的に異なる可能性があります。

マイニングがない仮想通貨というと、例えばリスクがあります。正確にはリスクにもマイニングはあるのですが、他とは異なるやり方を採用しています。

リスクのマイニングはフォージングと呼ばれており、票を多く保有している人にだけマイニングの権限を与えるという仕組みになっています。

リスクでフォージングをするにあたり、まず有権者内で投票が行われます。この投票の結果、上位101位に選ばれた代表者だけがリスクの鍛造、要するにマイニングが行えるのです。

このように、仮想通貨の種類によっては、マイニングが他とは異なることがあります。そればかりか、仮想通貨によっては、まったくマイニングができる余地すらない仮想通貨もあります。

マイニングをする際には、自分でも採掘可能な条件なのか、しっかりと確認しておきましょう。

マイニングの始め方

多少、面倒な手続きこそありますが、個人でもマイニングを行うことは十分に可能です。まだ人気の低いアルトコインであれば、競争が少ない分、稼げる見込みは高いでしょう。

ただ、マイニングをやるといっても、どうやってやれば良いのでしょう?具体的にどの程度のコストがかかるのでしょうか?

個人でマイニングをするやり方とその費用は?

マイニングを始めるにあたり、必ず必要なものがあります。それはパソコンです。マイニングをするにあたって最初に発生する費用というと、このパソコン代でしょう。

最近はマイニングに対する関心が高まっているせいか、マイニング専用のパソコンが売られています。ただその費用はかなり高く、安いモノでも30万円は越えます。

このように、初期費用だけでかなりの金額がかかるため、マイニングを始める際には最低でもパソコン代は回収できるように準備をしないと赤字になりかねません。

ではパソコンを用意したとして、マイニングをするには次に何をしたら良いのでしょう?ここではイーサリアムを参考に、マイニングの手順を紹介します。

イーサリアムをマイニングするにあたり、必要なものはGPUのパソコンとイーサリアムのウォレット、マイニングツール、そしてマイニングプールの4つです。

パソコン以外はすべて無料で用意できます。

準備が完了したら、パソコンにマイニング用のツールをダウンロードします。さらに、マイニングプールへの登録も行います。

これらの準備が完了したら、マイニングツールを動かし、マイニングを開始させます。一旦マイニングがスタートすると、あとはパソコンが自動的に計算をし、報酬を獲得してくれます。

マイニングによって報酬を獲得したら、同時に1ヶ月の電気代も計算してください。CPUのパソコンと違いGPUのパソコンは電気の消費量が多く、1ヶ月パソコンを稼働させただけで電気代が1万円から2万円ほどかかる可能性があります。

もしもマイニングによって得られる一ヶ月の報酬が、この電気代を下回ると、赤字となるので注意してください。

PoSとPoWの違いとは?

PoWとはProof of Workの頭文字を取った単語で、仮想通貨が増える仕組みのことを指します。

PoWでは、ブロックチェーンから新たにブロックが誕生する度に、ブロック生成に参加したプレイヤーに対して報酬を支払うことになります。

これがPoS、すなわちProof of Stakeの場合、保有している仮想通貨の量に比例して、新しくブロックを生み出せる権利を得られます。リスクのフォージングなどがまさにこれに該当します。

PoWとPoSの最大の違いは、公平性の有無でしょう。

誰でも参加可能で、報酬を得る機会が平等にあるPoWと違い、PoSは一部のプレイヤーにしか報酬を受け取る権利がありません。

その一方でPoSの場合、PoWと違って承認にかかる時間が少なく、高度なコンピュータ設備や膨大な電気代が不要だとされています。

そのような恩恵もあってか、時期は不明ですが、イーサリアムは今後PoSに移行するとされています。

イーサリアムに限らず、あらゆるアルトコインが今後PoSに移行すると、もう個人が自由にマイニングで稼ぐことが出来なくなるかもしれません。

マイニングで稼ぐことは可能か?

これが一昔前ならば、例えば2017年までであれば、個人であってもパソコンさえあればマイニングで稼ぐことは難しくはなかったでしょう。もっと前の時代であれば、アルトコインのみならず、ビットコインですら採掘することが可能でした。

しかし、今の時代では難しいでしょう。というのも、仮想通貨の価値が高まっている現在、マイニングの競争が激化し、個人では太刀打ちできないレベルになってしまったからです。

今の時代、マイニングで稼ぐためには、高額のコンピュータ設備と、電気代が安いエリアが必要です。このどちらか一方が欠けると、マイニングで稼ぐことが至難になります。

では個人は全く稼げないのかというと、そんなことはないです。まだまだ価値が低く、人気のない仮想通貨ならばマイニングで稼ぐことは十分に可能です。その価値の低い仮想通貨が今後値上がりすれば、最初に見つけ、大量に保有したマイナーは大きな資産を形成できるでしょう。

マイニングで稼ぐためには、将来の値上がりが見込めるアルトコインを選抜した方が良いです。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。