仮想通貨に投資をする魅力と、気を付けるべきリスクを解説!

仮想通貨元年と呼ばれる2017年、ビットコインは10万円台から200万円台へと爆上げしました。それに合わせて、イーサリアムやビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルなどの他の主要なアルトコインも大きく高騰し、世間の注目を集めました。

ビットコインのこのような急激な高騰はチューリップバブルと同じで、すぐに暴落するだろうと考える識者は多くいたのですが、そういったネガティブな意見に抗うようにビットコインは年々価格を上げています。

世の中には数多くの金融商品がありますが、仮想通貨ほど急激な価格高騰が見込める投資対象はまず無いでしょう。

ビットコインの価格高騰のペースは、バブル期の土地価格の高騰ペースすら凌駕しています。

仮想通貨に投資をした人の中にはちょっとしたお金を投資しただけで、数年後に億万長者になれた、いわゆる「億り人」と呼ばれる人もいます。

いいなぁ~、私も億り人になりたーい!!
だめよ桐乃ちゃん!仮想通貨投資なんてリスクしかないんだから!
投資にリスクはつきものだ。だが投資にしかない魅力もある。

ここでは仮想通貨投資の魅力とリスクについて、ほかの投資手法と比較しながら詳しく解説していくぞ!

ビットコインに投資をすれば、資産を倍増させることも夢ではありません。しかしやり方を間違えると、大きな負債を抱える恐れもあります。

ビットコインに投資をする際には、最低限のマネーリテラシーを身に付けておきましょう。

仮想通貨投資の魅力とは?

2017年とは仮想通貨以外にも魅力的な金融商品に溢れていた年でした。しかしどの金融商品を見ても、ビットコインほどの価格高騰は発生していません。

確かに日経平均株価が2万円台まで上がることは非常に好ましいことなのですが、しかしビットコインの価格高騰のペースから見ると、どうしても魅力が劣ってしまいます。それは日本円に関しても同様です。

ビットコインなどの仮想通貨の魅力は複数あります。しかし投資家という観点から見た時、その最大の魅力といえば、やはりこのどんな金融商品にも優るだけのボラティリティの大きさでしょう。

世の中には金融商品が数多く存在しますが、たった1日で10万円から20万円、場合によっては50万円以上もの値動きが発生する金融商品は仮想通貨のほかにないと言ってもよいでしょう。

投資家にとって、値動きの激しい金融商品ほど魅力的なモノはありません。上下に激しく揺れ動くビットコインには、長期投資家のみならず、スキャルピングのような短期投資をしている人をも魅了するだけの力があります。

値動きが激しいメリット

仮想通貨は株や外国為替と比べても、非常に値動きの激しい金融商品です。

例えば外国為替の場合、値動きが激しいことで有名なポンド/円ですら、1日あたり50銭も動けば良い方で、1日あたり1円以上の値動きを起こすことなど滅多にありません。

それに比べ、ビットコインはどうでしょうか?

ビットコインはたった1日で、数万円から数十万円もの値動きが当たり前のように起こる金融商品です。24時間変動率が5%を超えることなど珍しくなく、非常に高いボラティリティを継続して生み出しています。

それに加え、仮想通貨は平日のみならず、土日も取引が可能です。値動きが大きく、常に休みなく取引できる仮想通貨は、投資家にとって非常に稼ぎ甲斐のある金融商品であることは言うまでもありません。

例えばここに100万円があるとして、1日経過する毎に5%ずつ増えていくとすると、僅か5日という短期間で127万円まで増やすことが可能です。レバレッジ取引をしている投資家ならば、この利益をさらに倍増させることができるでしょう。

投資家がキャピタルゲインを得るためには、金融商品に絶えず値動きを起こしてもらう必要があります。しかし、株にしろ円にしろゴールドにしろ、大きな値動きを起こすためには長い歳月が必要です。

しかし仮想通貨ならば、本来1年かけないと得られないような大きな値動きが、たった一晩で起きることもざらではありません。そのような巨大な値動きはたった1日だけではなく、ほぼ毎月といって良いほどのペースで発生しています。

キャピタルゲインを狙っている投資家にとって、仮想通貨のような金融商品は魅力的に映ることでしょう。

初心者にオススメの仮想通貨の投資手法

いくらキャピタルゲインが大きいといえど、思惑を外せば利益など出ません。それどころか、ビットコインは値動きが激しすぎる金融商品なだけに、かえって大損する可能性があります。

投資をするといっても、まだ初心者で、どうしたら勝てるかわからないというのであれば、少額から始めることをお勧めします。

少額投資では時間をおいて継続的に買い続けることで平均購入単価を下げ、利益を狙うことができます。

例えば、ビットコインが200万円のときに1枚買ったとします。その後、ビットコインが50万円まで暴落すると、150万円の損失となるのですが、この時にさらに追加で買い増しをします。

仮に50万円の時にビットコインを1枚購入するのであれば、現状のところの資産はビットコイン2枚、その価値は100万円となります。

次に、ビットコインが暴落後に反発し、150万円まで回復した場合、資産はBTC2枚、日本円で300万円となり、損失よりも利益が上回ることになります。

ビットコインの価格が200万円だった時と比べると、1枚150万円という価格は安く見えます。しかし、1枚50万円まで暴落した時にビットコインを買い増ししたことで、平均取得価格を下げることに成功したのです。

この時点において、BTC2枚を購入するのにかかった費用は200万+50万=250万円となります。そして、BTC150万円の時に保有する2枚を全て売却すれば、日本円で300万円が手に入るため、300万円-250万円=50万円となり、50万円の利益を手にすることができます。

  1. 1BTC200万→1枚購入 BTC1枚保有 総資産 マイナス200万円
  2. 1BTC50万→1枚購入 BTC2枚保有 総資産 マイナス250万円
  3. 1BTC150万→2枚売却  BTC0枚 総資産 プラス50万円

たとえビットコインの価格が暴落したとしても、平均取得価格を下げることで、結果的に利益を獲得することができます。

例えば、給料が入ったら5万円分のビットコインを購入するなど、計画的に少額ずつ購入するだけで実現可能な簡易な手法です。

ビットコインに限らず、仮想通貨はいつどのタイミングで暴落するかわからないものです。そのため、いきなり全財産を投資すると、突然の暴落に巻き込まれて、資産を失う恐れがあります。しかし少額投資を行っていれば、その心配はありません。

少額ずつ投資をするので、暴落に巻き込まれても損害を最小限に抑えられます。それどころか、暴落時に買い増し、上手く暴落の波に乗ることができると、反発した時に大きな利益を得られるかもしれません。

ビットコインに興味はあるけれど、暴落は怖い、そんな時は少額から資産形成ができるナンピンを試しましょう。

少額ずつ投資することのメリットはビットコインが暴落した時ですら、利益を獲得するチャンスに変えられる点。たとえビットコインの価格が今後暴騰しなかったとしても、計画的に少額ずつ投資を行えば利益を狙える可能性もあります。

投資を始める前に知っておくこと

仮想通貨は確かに魅力的な投資対象です。成功すれば、一年と待たずに資産を倍増することができる可能性を秘めているだけに、どれほど慎重な人でも一度は仮想通貨を買ってみたい衝動に駆られるものです。

ただ、仮想通貨は闇雲に買えば良いというものではありません。投資をするにあたり、覚えておくべき必要最低限の知識というものがあります。

仮想通貨投資で利益を出すためには、まず値上がりが期待できる仮想通貨とは何かを知る必要があります。さらに、メリットばかりでなく、デメリットにも注目するべきです。

取引所はどこを使うべきか、いくらから投資をするべきか、そもそも仮想通貨とは何なのか等、知るべき知識は多くあります。

仮想通貨について何も知らずに投資を始めると、悪質な詐欺に引っかかったり、暴落して資産を失ったりなど、知識があれば防げたはずの被害をみすみす被る恐れがあります。

仮想通貨に投資をするならば、投資のやり方や取引所の情報、仮想通貨のリスク、そして利益が出た場合の税金の計算方法などを事前に調べておきましょう。

仮想通貨投資の特徴とは?他の投資との違いは?

投資といってもそれぞれ種類があります。株には株の、外国為替には外国為替の特徴があるように、仮想通貨には他にはない特徴があります。

まず、仮想通貨投資の最大の魅力といえば、やはりボラティリティの大きさでしょう。

仮想通貨は株やFX、CFD以上にボラティリティが大きく、数回の取引で大きなリターンが見込める投資です。同様に、リスクも大きく、失敗するとたった一晩で資産のほとんどを溶かしてしまう恐れがある投資です。

仮想通貨は非常にハイリスクハイリターンな金融商品です。そのため、FXの経験があるから大丈夫だと安易にレバレッジ取引に手を出すと、あまりにも大きすぎるボラティリティの前に大損し、資産を減らしてしまうかもしれません。

同様にボラティリティが大きいだけに、投資に成功すれば、僅かな期間で一気に資産を倍増できるだけの、危険な魅力に満ち溢れています。

あまりにもボラティリティが大きいために、仮想通貨は投資ではなく、投機だと呼ばれやすいです。なにしろたった1日で巨額の利益を生み出せるのですから、投機目的で仮想通貨を購入する人がいたとしても、まったくおかしくはありません。

ただ仮想通貨は投機だけでなく、投資にも向いている一面があります。

ボラティリティの大きさ以外にも、仮想通貨投資にはある特徴があります。それは、インカムゲインの存在です。

株を購入すると、配当金や優待といったインカムゲインが貰えるのですが、仮想通貨に関して言えば、株で言うところの配当金や優待といったものはありません。

ただし、仮想通貨の中には、保有するだけで利益が出るという、特殊なサービスがある仮想通貨も一部存在します。

特殊な事例を除き、仮想通貨は基本的に持っているだけではインカムゲインは得られません。ただし、仮想通貨の貸付サービスをやっている取引所を利用すると、貸し付けた仮想通貨の量に応じて利息を得ることができます。

このように、仮想通貨は原則として配当金は無いのですが、貸付サービスを利用するなど、やり方次第ではインカムゲインを稼ぐことが可能です。

投資目的で仮想通貨を保有したものの、当面は手放す予定が無いのであれば、仮想通貨を貸して、利息を稼ぐという方法で利益を得ることもできるのです。

投機ではなく、将来の利益を見越して仮想通貨に投資をしたいという人は、一度仮想通貨の貸付サービスを検討してみると良いかもしれません。

長期投資と短期投資の違い

長期投資とは時間をかけて投資をし、利益を生み出す投資スタイルのことです。その一方で、短期投資とは、極めて短い期間で利益を生み出す投資スタイルのことです。

そして、短期投資の中には、さらに短いスパンで利益を稼ぐスキャルピングと呼ばれる投資スタイルがあります。

長期投資が数ヶ月から1年、短期投資が1日から1週間というスパンで投資をするのに対し、スキャルピングは数分から数時間という短い時間で売買を行います。

仮想通貨投資をするにあたり、どの投資期間がもっとも最適かというと、どれもが正解であり、正しい答えはありません。投資スタイルというのは本来、その人の相性によって成否があるだけに、これが正しいとは一概には言えないからです。

仮想通貨投資で絶対に失敗したくないと思うのであれば、年単位で時間をかけて投資をした方が良いです。つまり、長期投資がオススメです。

ただし今すぐ利益を出したいと思うのであれば、短期投資もしくはスキャルピングがオススメです。短期投資を行えば、時間をかけずにすぐに利益を生み出せるでしょう。もちろん、失敗すれば損失を積み重ねることになりますので注意が必要です。

ただし、それは長期投資も同様です。2018年初頭までビットコインは値上がりし続けました。しかし、今後も値上がりが続くなんて誰にもわかりません。もしかしたら2018年を最後にもう値上がりしないかもしれません。

短期投資だろうと長期投資だろうと、誰にも未来はわかりません。それだけに、投資をする際には、自分の相性やライフスタイル、価値観に合わせて投資期間を決めると良いでしょう。

他人の意見よりも、自分がもっとも投資しやすいと思うスタイルを選択することが、仮想通貨投資で成功するための秘訣です。

仮想通貨取引所とは?上手な利用方法とは?

ビットコインなどの仮想通貨を購入するためには、仮想通貨取引所を利用する必要があります。

取引所を利用するためには、まず取引所の口座を開設し、日本円を入金、そして取引所にて購入をすることで、目的の仮想通貨を入手できます。

仮想通貨を現金化したいときは、取引所で保有する仮想通貨を売却するだけで、すぐに現金化できます。

国内には複数の仮想通貨取引所がありますが、必ず金融庁への登録が完了している業者を選択しましょう。

取引所の口座を一旦開設することができれば、いつでも取引所を通じて仮想通貨の売買が行えます。

投資額の目安

仮想通貨取引所の口座を開設すれば、いつでも売買が可能ですが、はじめから多額の入金をするのはやめておきましょう。

仮想通貨業界はまだまだ黎明期なだけに、どんなリスクがあるのかわかりません。もしも全財産を投資し、そのすべてのお金が消失したとしても、それはすべて自己責任となります。

仮想通貨投資をするのであれば、失っても良い資金、いわゆる「余剰資金」を投じましょう。

「余剰資金」ってなにを目安に考えればいいですか?
だいたい給料の1割までを「余剰資金」とするのがいいだろう。給料の1割ならば、万が一の事態があっても生活に支障をきたさずに済むからな!

積立投資のメリット

もしあなたができるだけリスクを避けて仮想通貨投資を始めたいなら、積立投資がオススメです。

積立投資とは、毎月給料日に少額ずつ仮想通貨を購入することで、コツコツと投資資金を増やしてく投資手法です。

積立投資には、一回あたりの投資資金が少額になるため、常にリスクを最低限に抑えて投資をすることができるというメリットがあります。

さらに、仮想通貨のレートに囚われずに投資ができるため、ビットコインの暴落や暴騰に一喜一憂せず、ストレスを感じずに日々を過ごせます。

積立投資はたとえ暴落したとしても、長期的に見ればプラスになる可能性があります。

なにより、投資についてあれこれ勉強する必要がないため、普段は仕事で忙しいという人でも、片手間に行えるというメリットがあります。

仮想通貨投資のリスクと注意点とは?

仮想通貨投資は確かに他の投資にはない大きな魅了があります。成功すれば、資産をごく短い期間で倍増できることでしょう。しかし、リターンが大きいということは、失敗した時の損失も大きくなる事を意味しています。

仮想通貨投資は非常にリスキーな投資です。初心者が軽はずみに手を出すのは危険です。特に、レバレッジ取引のような、ハイリスクハイリターンな投資を何の知識もない状態でやってはいけません。

リスクやデメリット、注意点などを知らずに仮想通貨投資を始めると、大切な資産を溶かすばかりか、返しきれないほどの負債を抱えるリスクがあります。

では具体的に、仮想通貨投資をするにあたって何に注意したら良いのでしょう?

仮想通貨投資でやってはいけないこと

投資は基本的に自己責任です。何をしようと本人の自由なのですが、それは経験豊富な中級者以上の人に言えることです。まだ初心者で、取引の経験が無いと言うのであれば、いきなりFXを始めるなど、無茶な真似だけは絶対に止めてください。

スキャルピングや短期売買の知識もなしにいきなりレバレッジ取引をし、ハイリスク・ハイリターンな投資をすると、確実に失敗することでしょう。

仮想通貨よりもボラティリティが低い外国為替ですら、初心者は確実に失敗すると言われているのです。ボラティリティが大きい仮想通貨ならば尚更でしょう。

失敗するといっても、損失が少なければまだカムバックが可能です。しかし、損失が大きすぎると、再起をはかることなどまず不可能でしょう。

レバレッジ取引や、全財産をすべて仮想通貨につぎ込んだり、借金をして仮想通貨を購入するなど、リスクを省みない行為は絶対に避けてください。レバレッジ取引を始めたいならば、最低限の知識として損切りのやり方ぐらいは覚えておくべきです。

仮想通貨投資の税金

仮想通貨投資が上手くいったら、次にやるべきことがあります。それは税金です。たとえ仮想通貨であろうとも、基本的には利益が出た以上、税金を支払う義務が発生します。

もしも確定申告を怠ると、無申告加算税の支払いを求められるため、必要以上の出費を強いられます。

仮想通貨投資で儲けたならば、必ず納税をしましょう。

リスクを回避できれば仮想通貨は魅力的な金融商品

仮想通貨投資のリスクは他の金融商品以上です。なにしろ仮想通貨はボラティリティが激しすぎる金融商品なだけに、一歩間違えると資産が一瞬で消失してしまう恐れがあります。

しかし、リスクを熟知し、事前に回避しておけば、資産を溶かしてしまうどころか、時間をかけずに倍増させることも可能です。

そして、仮想通貨投資のリスクは、勉強しておけば回避できるものが多いです。

仮想通貨で利益を生み出したいのであれば、株式投資でもFXでも構わないので、一度投資について学びましょう。知識を深めれば深めるほど、無駄なリスクを避け、利益を伸ばせるようになります。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。