仮想通貨の情報はどうやって調べる?情報の収集方法を解説

仮想通貨といえば、ビットコインばかりがクローズアップされがちですが、世界にはまだまだ多くの仮想通貨が存在しています。

ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼ぶのですが、その数は既に1000種類を超えていると言われており、月日の経過と共に増大の一途をたどっています。

今後、ますます増えていく仮想通貨ですが、本当に値上がりが期待できる有望な仮想通貨というと、ごく少数しかありません。

2017年に起きた空前の仮想通貨ブームに乗った人の中には、短い期間で資産を何十倍にも増やすことができた人もいたことでしょう。このような仮想通貨バブルが再び起こる可能性は、無いとは言いません。ただ、実現する可能性はとても低いでしょう。

2018年以降、ビットコインに限らず、あらゆる仮想通貨の価格が不安定になりました。ビットコインに投資をすれば儲かるという安全神話は既に崩壊しています。

このような先行きが不透明な時代において、仮想通貨への投資で利益を得るためには、情報が必要不可欠です。

仮想通貨の情報収集ができれば、今のような先行きが不透明な時代であっても、仮想通貨への投資で利益を得ることができるでしょう。

ここでは、仮想通貨の情報の収集方法について紹介します。

仮想通貨の情報収集方法

仮想通貨の情報を収集することで、今後値上がりが期待できる仮想通貨や、価格が下落する可能性が高い仮想通貨の情報をいち早く知ることができます。

値上がりが期待できる情報を知ることができれば、安いうちに仮想通貨を購入することで、将来の値上がり分の利益を狙えます。価格が落ちる可能性のある通貨の情報を前もって知ることができれば、暴落する前に保有する仮想通貨を売却することで、損失を回避することができます。

このように、情報を知ることは仮想通貨の投資をするにあたって必要不可欠な行為です。何も知らずに仮想通貨へ投資をすると、知っていれば得られたはずの利益を逸失するばかりか、損失さえ招きかねません。

このように、情報を知ることは投資をする上で非常に重要な行為なのです。ただ、どうやって仮想通貨の情報を知れば良いのでしょう?

仮想通貨の情報源というと、公式サイトや公式フォーラム、ホワイトペーパー、新聞、テレビなどの公的な情報だけではありません。Twitterやブログなども、仮想通貨の投資をするにあたって有益な情報源となります。

これらの情報を常にチェックをすることで、今もっとも価値のある情報をリアルタイムで知ることができます。

仮想通貨の公式サイト

仮想通貨の情報について知りたいのであれば、まずは仮想通貨の公式サイトの情報をチェックしましょう。

仮想通貨の公式サイトには、その仮想通貨に関する正式な情報が記載されています。インターネット上の情報の中には、真実だけでなく、虚偽の情報も含まれており、すべてを信用することができません。

しかし、公式サイトの情報であれば、常に正しい情報のため、信用することができます。公式サイトの情報はどこよりも精確な情報となりますので、仮想通貨について正しい情報を知りたい時はまず先に公式サイトにアクセスし、内容を確かめましょう。

ホワイトペーパーの情報

ホワイトペーパーとは本来であれば企業などの報告書のことを指すのですが、仮想通貨の世界では特定の仮想通貨における基本情報が書かれている公開文書のことを指します。

仮想通貨のホワイトペーパーには、特定の仮想通貨の企画や構想、さらには技術などが書かれています。

ホワイトペーパーは、投資家などの外部に向けて発信されている情報となりますので、良い点やメリット、強みなどが書かれていることが多いです。

そのため、仮想通貨の良さについて知りたい時ほど役立つ情報源です。ただし、ホワイトペーパーに書かれていることは必ずしも真実とは限らないので注意してください。

仮想通貨の中には実現性が低く、リスクが高い通貨も存在します。そればかりか、投資家から資金を調達することを目的とした、詐欺まがいのホワイトペーパーも存在します。

本当に信頼できるホワイトペーパーかどうかは、実際に自分の目で見て判断するしかありません。明らかに内容がおかしいホワイトペーパーの情報は鵜呑みにしないようにしましょう。

仮想通貨の公式フォーラムとは?

仮想通貨業界では、たまに公式フォーラムが開催されることがあります。

フォーラムとは日本語で公開討論の場を意味する単語で、仮想通貨の公式フォーラムとは仮想通貨に関して公的に討論をする場のことです。

公式フォーラムは、プロジェクトに関わっているメンバーと直接討論をし、意見を聞くことができる貴重な場です。公式サイトなどではまだ公開されていない情報や、直接聞かないとわからないような情報などもフォーラムでは聞くことができます。

なによりも、プロジェクトの参加者がどのような人物なのかを知る絶好の機会となります。プロジェクトのメンバーに有力な人物がいると、それが理由で仮想通貨の価格が値上がりすることもあるほどです。

どのような人物がプロジェクトに参加しているのかを知りたい時は、公式フォーラムに参加すると良いでしょう。

Twitterの情報

世界でも最大規模のユーザー数を誇るTwitterは、仮想通貨の情報収集にあたって非常に強力なツールとなります。

仮想通貨に関する重要な情報というと、Twitterを通じて発言されることが多いです。例えば、上場に関する情報や、ハッキングなどのネガティブな情報など、価格に影響を与えるほどインパクトが大きい情報は、何よりも先にTwitterで報告されることになります。

投資家の中には、Twitterの情報のおかげで暴落前に仮想通貨を売却し、事なきを得たという人もいることでしょう。

このように、情報の速さに関して言えば、Twitterはどのメディアよりも優れた情報ツールです。ただし、Twitterの情報は玉石混交です。真実もあれば、嘘もあります。

仮想通貨の価格に影響を与えるほど重要な情報かと思ったら、実は嘘だったというケースも存在します。

問題は、このような嘘の情報であっても、Twitterを通じて大部分の投資家が信じてしまうと、大量の売りが発生し、価格が暴落することもあるということです。

Twitterの情報は、たとえそれが嘘の情報であっても、価格形成に影響を与える力があります。それだけに、Twitter発の情報は、たとえ嘘であっても目を通しておいた方が良いです。仮想通貨に投資をする際には、Twitterの情報をこまめにチェックしておきましょう。

新聞の情報

インターネットが発達している今の時代、情報の伝達スピードはネットの情報の方が新聞よりも早いです。

ただ、ネットの情報というのは嘘が氾濫しやすく、信頼され難いです。そのため、ネット発の情報が仮想通貨の価格に影響を与えることは非常に少ないです。取引所にハッキングの被害があったなど、インパクトが強い情報でもない限り、ネット発の情報が仮想通貨の価値に影響を与えることは滅多にないです。

しかし、新聞は違います。

新聞は購読者が多く、社会的にも信頼のあるメディアということもあってか、新聞発の情報はネット発の情報以上に、仮想通貨の価格に影響を与えます。

新聞が仮想通貨のネガティブな情報を発信すれば、それだけで仮想通貨の価格が急落しかねません。同様に、新聞が仮想通貨のポジティブな情報を発信すれば、それを信じた投資家が仮想通貨を購入することで、価格が高騰する可能性があります。

実際、2017年にビットコインなどの仮想通貨の価格が高騰した背景には、新聞などの大手メディアの影響もあったことでしょう。

いくら優秀な仮想通貨といえど、注目されなければ買う人もおらず、値上がりは期待できません。新聞のような大手メディアが仮想通貨に注目をすることで、はじめて価値が高騰するのです。

新聞の論調がネガティブな内容からポジティブな内容へと変化するようになったら、それは価格が上がる前触れとなるかもしれません。

情報収集に役立つアプリ

仮想通貨の情報収集に役立つアプリというと、Twitterだけではありません。

テレグラムとslackは、今もっとも注目を集めているアプリであり、インストールしておくと仮想通貨の情報収集をするにあたって大いに役立ちます。

テレグラムとは?

テレグラムとは、チャット機能に特化したコミュニケーションツールのことで、ICOなどの情報を収集する上で非常に役立つツールだということで注目を集めています。

テレグラムの利用者は1億人以上だと言われており、その影響は非常に大きいです。そして、ICOのプロジェクトチームはこのテレグラムを通じて情報発信をすることが多いため、テレグラムは仮想通貨の情報収集に役立つとされています。

テレグラムは無料でインストールすることができるため、誰でも利用可能です。ちなみに、テレグラム自身もICOを実施するとのことです。

海外のICOに関する情報を集めたいという時ほど、テレグラムは役に立つ情報ツールです。

slackの情報

slackは、今もっともユーザー数が増えているコミュニケーションアプリということで注目されています。

テレグラム同様に、ICOなどの仮想通貨に関する公式の情報をいち早く知ることができるアプリとなります。

人気のある仮想通貨ともなると、有志による日本語のチャンネルが開設されていることもあるため、日本人であっても利用しやすいというメリットがあります。

役に立つ情報とは?

仮想通貨の情報を知る上で、そもそもどんな情報を探せば良いのかが課題となります。

これから仮想通貨に投資をする予定があるのであれば、まずは仮想通貨とは何かについて知りましょう。仮想通貨の基本的な仕組みを知らずして投資をすると、詐欺や嘘に引っかかる危険があります。

仮想通貨に関する基本的な情報をおさえたら、次に将来性のある仮想通貨を探しましょう。

仮想通貨といってもその種類は非常に多く、中には将来性が皆無な仮想通貨もあります。そのような仮想通貨に投資をしても、リターンは得られないでしょう。

それよりも、投資に値するだけの価値がある仮想通貨なのかをよく調べましょう。

どんな理念を持っているのか、メリットはあるのか、危険はないのか、誰が開発しているのかなど、多角的に仮想通貨を調べましょう。

メリットばかりが役に立つ情報ではありません。デメリットやリスクを知ることも、投資をする上では大切です。

情報収集する際には、仮想通貨の良いところだけでなく、悪いところも調べましょう。

メリットとデメリット、両方を知ることで、その仮想通貨の本当の価値を知ることができます。

投資のヒントになる情報

これから仮想通貨に投資をする場合、何をヒントに投資をすれば良いのでしょう?

まず、調べてもわからない仮想通貨には投資しないようにしましょう。特に、ホワイトリストに載っていないような仮想通貨は避けた方が賢明です。

次に、将来的な値上がりを期待するのであれば、出来高や発行数を調べると良いでしょう。

さらに、デイトレードやスイングトレードのような、短期から中期の投資をする予定ならば、チャートの分析方法についても学ぶべきでしょう。

これらの情報を常に収集することで、取引のチャンスやリスクを事前に察知することができます。

仮想通貨の発行枚数

今すぐ上がるかどうかは定かではありませんが、今後1年、2年と経過する毎に価格が上がり続ける可能性が高い仮想通貨というと、やはり発行数に上限のある仮想通貨でしょう。

仮想通貨には、総発行枚数に上限があるタイプと、そうでないタイプの仮想通貨があります。そして、総発行枚数の上限に関しても、仮想通貨によって違いがあります。

例えば、ビットコインの発行枚数の上限は2100万枚であるのに対し、ライトコインの上限は8400万枚となります。

イーサリアムは、将来的に発行枚数を制限する予定があるとのことなのですが、現状では上限なしの仮想通貨です。(2018年5月19日時点)

将来の値上がりを期待するのであれば、発行上限のある仮想通貨に投資をした方が良いです。特に、総発行枚数が少ない仮想通貨ほど、将来値上がりする可能性があります。

なぜ発行上限があった方が良いかというと、上限がない仮想通貨に投資をすると、発行枚数が増え続けることで、やがてはインフレになる危険性があるからです。同様に、発行枚数が多すぎる仮想通貨も、インフレになりやすいです。

ちなみに、リップルは上限のある仮想通貨ですが、総発行枚数が1000億枚と多すぎるため、時価総額が高い仮想通貨であるにも関わらず、1枚あたりの価格は非常に安価です。

その反対で、ビットコインは発行枚数に上限があるだけでなく、総発行数の数も少ないため、インフレになり辛いどころか、価格が上がりやすいというメリットがあります。

どれほど優秀な仮想通貨でも、インフレになってしまうと価値が下がってしまいます。そのため、値上がりを期待するのであれば、発行数に上限のある仮想通貨を選ぶべきでしょう。

出来高とは?

出来高とは本来、生産高や収穫高などを意味する単語です。ただ、金融や投資の世界における出来高とは、取引が成立した総数のことを指します。

例えば、1000人の投資家が同時に1BTCを売買した場合、出来高は1000BTCとなります。取引をした総数が出来高となりますので、売買の比率は関係ありません。

そのため、出来高が多いからといって、ビットコインが大量に買われたとは限りません。大量の売り注文が殺到している時も、取引の数が多くなるため、出来高も多くなります。

この出来高の情報は、仮想通貨への投資をするにあたって非常に役に立ちます。特に、デイトレードのような短期売買をする人ほど、出来高の情報は参考になるでしょう。

なにしろ出来高が増えているということは、注文の総量が増えていることを意味しているだけに、これから大きな上昇トレンドもしくは下降トレンドが発生する可能性が高くなるからです。

その反対で、出来高が少ないと、上昇も下降も起こらず、レンジ相場になりやすいです。これではいくら優秀な投資家でもキャピタルゲインを狙えません。

出来高を知っても、仮想通貨の今後の展開を予測することはできません。しかし、大きな波が来るということを事前に察知することができれば、それに合わせて対策を練ることができるだけに、出来高の情報はとても役に立つのです。

チャートからわかる事

これから仮想通貨へ投資をするつもりなら、絶対に欠かせない情報があります。それはチャートの情報です。

チャートを見たからといって、未来の値動きがわかるわけではありません。しかし、チャートを見れば、様々な情報を知ることができます。

チャートを見てわかることは複数あります。まず、現在の価格と、今までの流れ、そして今後の予想です。

例えば、ビットコインの価格がだんだんと上昇しているということが過去のチャートの動きを見てわかったのであれば、今後も上昇するだろうと予測をたてることができます。

その反対で、ビットコインの価格が下落しているのであれば、今後も下落するだろうと予測をたてることができます。

確かにビットコインのトレンドは転換することがあります。今まで上昇していたのに、いつの間にか下落していたという場面を目撃した人は多くいることでしょう。

しかし、ビットコインは何の前触れもなく、いきなり転換すると言うことは滅多にないものです。チャートを見ていると、相場が転換する前触れのような動きを見て取ることができます。

さらに、ダウ理論やトリプルトップ、トリプルボトムなど、チャートを見る上で欠かせない知識を習得しておけば、より精度の高いテクニカル分析ができるようになるでしょう。

情報収集の注意点

仮想通貨の投資で利益を出すためには、情報収集が欠かせません。では、情報さえ集めることができれば誰でも勝てるのかというと、そんなことはありません。情報収集をする際には、注意すべきポイントがあります。この注意点をおざなりにすると、せっかく集めた情報が無駄になるばかりか、有害になることすらありますので気を付けましょう。

まず、情報というのは真実もあれば嘘もあります。信憑性の低い情報や、明らかに間違っている情報、偏った情報などをヒントに投資をすると、大損を招く恐れがあります。情報収集する際には、本当にこの情報は正しいのか、必ず検証してください。

さらに、たとえ正しい情報だったとしても、鵜呑みにはしないでください。例えば、ビットコインに対してネガティブな情報を入手したとします。

この情報を理由に、ビットコインは下がるだろうと予測し、空売りをするとします。この情報をすべての投資家が信じ、一斉に売り注文を出せば、ビットコインの価格は下がるでしょう。しかし、そんな保証はどこにもありません。

ネガティブな情報が出たからといって必ずしも下がるわけではありませんし、ポジティブな情報が出たからといってすぐに価格が上昇するとも限りません。本当にその情報は価格に影響を与えられるほどパワーのある情報なのか、必ず確認しましょう。

情報を収集したからといって、必ずしも役に立つとは限りません。情報の80%は役に立たずに終わると思った方が良いです。

本当にこの情報は役に立つのかは、投資家は自分で判断しないといけません。有名人が言ったからとか、みんなが言っているからなど、他人の判断に任せるのは危険な行為です。

収集した情報は参考程度に留め、最後には自分で決断するようにしましょう。

役に立つ情報と、そうでない情報を取捨選択することで、本当に価値のある情報だけを手元に残すことが出来ます。

仮想通貨の情報を収集する利点と欠点

仮想通貨の投資をするにあたり、情報は無いよりも有った方が良いです。情報が全く無い状態ですと、いつ、どの仮想通貨に投資をすれば良いのか判断できず、みすみすチャンスを失うことになります。

しかし、有益な情報を収集しておけば、ベストなタイミングで投資をし、利益を得ることができるでしょう。

このように、情報を収集するという行為には、チャンスを増やせるというメリットがあります。その一方で、騙されるリスクも存在します。

情報は必ずしも正しいとは限らないものです。もしも嘘の情報を信じ、騙されると、利益を増やすどころか、損失を招くかもしれません。

情報収集をする際には、必ずこの情報は正しいのか、検証作業をしてくだい。検証をすることで、初めて情報に価値を見出すことができるのです。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。