仮想通貨は今後どうなるのか?2018年の動向と将来性

仮想通貨は今後、どうなっていくのでしょう?それは誰もが知りたい答えです。そして、誰もが知らない答えでもあります。

ビットコインの今までの高騰はチューリップバブルであり、やがて価値は無くなるだろうと予言する識者がいます。その一方で、仮想通貨は今後さらに盛り上がり、ビットコインは1BTCあたり1億円にまで値上がりするだろうと予言する識者もいます。どちらが正しいのでしょう?

おそらく、可能性だけで言えばどちらも当たるかもしれませんし、外れるかもしれません。現状のところ、仮想通貨が今後どうなるかは誰にもわかりません。

え~!仮想通貨が高騰するタイミングがわかれば、楽して儲けられるのに!
投資はそんなに甘くないぞ!ただし過去のチャートや今後起こるイベント、各国の情勢や規制などの情報をヒントにすることで、自分なりに予測を立てることが可能だ!

次の項目でどんな情報が予測に役立つかを説明するからしっかり覚えておけよ!

仮想通貨の今後のイベントを知るメリットとは?

仮想通貨は従来の通貨とは根本的に異なる存在です。金融商品は世の中に数あれど、仮想通貨と類似の性質を持っている金融商品などないだけに、今後どのように価値が変遷していくのか誰にも予測できません。

だからといって、仮想通貨について一つも勉強せずに投資をすると、本来ならば避けられたリスクを被る恐れがあります。例えば、安全性の低い取引所などを使用すれば、将来ハッカーの襲撃を受け、資産を失うかもしれません。

無知は罪なりと言うように、不勉強を言い訳にしてはいけません。仮想通貨の今後を占うことは確かに難しいのですが、2018年以内という括りを設けるのであれば、ある程度は予測可能です。

例えば、仮想通貨のハードフォークのスケジュールを学べば、ハードフォークコインを狙うことができるでしょう。

上場予定の仮想通貨の情報を事前に把握しておけば、上場前の価値が低いうちにその仮想通貨を購入することができるでしょう。

政府が規制するという情報を前もって知っておけば、仮想通貨が暴落する前に売却し、損失を被らずに済むかもしれません。

仮想通貨の今後の予定を知っておくと、資産を増やすチャンスに恵まれるのと同時に、資産を減らすリスクを回避することができます。

では、具体的に何を学べば、仮想通貨の今後を予測することができるのでしょう?

仮想通貨について抑えるべきポイント

10年後まで先のことは流石にわかりませんが、2018年以内であれば、仮想通貨の今後のスケジュールについてある程度は把握することができます。

仮想通貨の今後について知りたいのであれば、次の情報を常に把握しておくと良いでしょう。

新しい仮想通貨の情報、ハードフォークの予定、各国の対応、仮想通貨関連の法律と規制、ブロックチェーン技術の動向、大手企業や銀行などの動向など、これらの情報を知ることで、仮想通貨の今後一年の動きを予測することが可能です。

新しい仮想通貨、それも有望なアルトコインやトークンの情報をいち早く掴めば、まだ無価値の頃に有望な仮想通貨を大量に購入し、将来の値上がりを期待することができます。

ハードフォークの予定を知っておけば、ハードフォークをする前の段階で仮想通貨を購入することで、将来の値上がりやハードフォークによって生まれた新しい仮想通貨を入手するなどのメリットを享受できます。

国の仮想通貨に対する考えや対応策、法律や規制の動向を知っておけば、規制を受けることで仮想通貨が暴落をする前に売却することができます。その反対で、仮想通貨を後押しするような法律が整備されることを事前に察知しておけば、法整備が行われる前に仮想通貨を購入し、将来の値上がりを期待できるでしょう。

実際、2017年は日本で仮想通貨法が整備されて以降、ビットコインなどの仮想通貨は一気に暴騰し、価格を押し上げました。似たようなことが今後起こらないとは限りません。

仮想通貨に注目しているのは個人だけではありません。大企業や銀行などもブロックチェーン技術に注目しています。

ブロックチェーンの技術が今後普及し、社会で当たり前のように使用されるようになると、当然ですが仮想通貨の価値はさらに上がるでしょう。

大企業が仮想通貨を取り扱うばかりか、新しい取引所を次々とオープンさせれば、ますます仮想通貨を購入する人が増え、さらに仮想通貨の価値が跳ね上がる可能性があります。

ビットコインが誕生した当時、将来価値が暴騰するだろうと一体誰が予測することができたでしょう?たった一握りの人達だけが、ビットコインの値上がりを期待し、購入しました。その結果、億単位の資産を形成することに成功したのです。

仮想通貨に関する情報を知り、今後の動向をいち早く見抜くことができれば、2018年以内に仮想通貨を通じて億単位以上の資産を形成することができるかもしれません。

2018年に起こる仮想通貨関係のイベントとは?

2016年まで、仮想通貨といえばまだまだ日陰の存在で、世界からの注目度もあまり高くはありませんでした。しかし、2017年に日本が仮想通貨法を施行したことで、仮想通貨業界は一気に盛り上がり、今や全世界から注目されるに至っています。

今や仮想通貨の価値を政府が無視することはできません。それだけに、2018年は仮想通貨の規制の年になるだろうと言われているほどです。

2018年より、世界各国の政府が本格的に仮想通貨を規制し始めることが予想されます。2018年に仮想通貨が盛り上がるかどうかは、どのようなイベントが発生するかによって大きく左右されるでしょう。

2018年に仮想通貨に影響を及ぼすイベントというと、何があるのでしょう?

まず、2018年3月13日から3月15日にシンガポールで開催される「Money20/20 ASIA 2018」は仮想通貨業界にとって非常に注目度の高いイベントです。

Money20/20 ASIA 2018で最新のマイニングマシンが公開

「Money20/20 ASIA 2018」とは世界最大のFintechカンファレンスのことで、今回Passion Progress Limitedがマイニングブースを出展するということで、仮想通貨関係者の注目を集めています。

Passion Progress Limitedとは仮想通貨のマイニングを行っている香港の企業のことで、誰でも簡単に仮想通貨のマイニングができるサービスを一般提供しています。

昔と違い、仮想通貨が全世界に注目されている現在、個人でのマイニングは非常に難しくなっています。ビットコインだけでなく、ビットコインキャッシュなどのアルトコインも、今や個人でマイニングをすることは非常に難しく、稼げるのは一握りの力がある人たちだけです。

しかし、Passion Progress Limitedが個人でもマイニングできるサービスをスタートするとなると、今後はビットコインなどの仮想通貨を購入せずとも調達できるようになるでしょう。

今回の「Money20/20 ASIA 2018」では最新のマイニングマシンが公開されるとのことです。このマイニングマシンが本格的に稼働すると、従来のマイニング事情が一変するかもしれません。

2018年に注目されている仮想通貨とは?

2017年時点において、仮想通貨の種類は1000種類を超えていると言われています。2018年ともなると、さらに新しい仮想通貨が増えるでしょう。

もっとも、新しい仮想通貨が登場するといっても、そのほとんどは価値のない草コインでしょう。

投資をしても利益を得ることは難しいかもしれません。しかし、中にはビットコイン並みの成長が見込める新しい仮想通貨もあります。

例えば、SwissBorg(スイスボーグ)という仮想通貨は2018年に盛り上がると言われています。SwissBorgはスイスに本拠地を置く会社で、ブロックチェーン技術を活用して富裕層向けの資産管理などを行っているようです。

スイスボーグでは、運用益の一部をトークン保有者に分配する予定とのことです。つまり、スイスボーグの仮想通貨を保有し続けるだけで、保有者に利益が入るということです。株の配当金をイメージするとわかりやすいかもしれません。

この手の保有者に利益を還元する仮想通貨は注目度が高い一方で、インカムゲインが狙えるというメリットがあるだけに、人気を博しやすく、2018年度に大きく盛り上がる可能性が高いです。

他にも、2018年6月に市場公開されるノアコインは、フィリピンの社会問題を解決するばかりか、さらには経済支援をサポートする仮想通貨になるだろうということで、高い注目を集めています

使い道がはっきりしている仮想通貨は注目度が高いばかりか、ニーズもあるため、今後の価格高騰が見込まれやすいです。

注目度の高い仮想通貨といえば、2018年にビットコインからハードフォークする予定の仮想通貨も、多くの投資家から注目されています。

ただし、2017年の時と違い、ビットコインはハードフォークの量が増えすぎてしまったせいか、2018年中にビットコインから新たに分裂が起きたとしても、世の中に対するインパクトはそれほど大きくはないかもしれません。

なにしろビットコインのハードフォークは、2018年中に50種類以上発生すると言われています。

新しい仮想通貨を探るなら、ハードフォークコインよりも、使い道がはっきりしているトークンの方が良いかもしれません。

ただ、ビットコインと違い、ハードフォークの回数が少ない、もしくはまだ一度も行われていない仮想通貨ともなると、注目度が高く、高騰が期待されています。

例えば、仮想通貨のモネロが4月末にハードフォークする予定で、モネロ保有者に対して保有量の10倍の量のXMVを付与する予定とのことです。

モネロから分裂する仮想通貨の名称はMoneroVと言うのですが、この新通貨の将来の価格高騰を狙い、モネロを購入している人が多くいます。

ネム流出事件のコインチェックの動向

2018年初頭、コインチェックよりネムが流出するという事件が起こりました。ハッキング被害を受けたコインチェックは早々に取引を停止し、入出金ができなくなるという事態が発生しました。

コインチェックといえば、日本でも有数の仮想通貨取引所ということで、この流出事件をキッカケにビットコインの価格が一気に暴落しました。

事件発生後、金融庁より二度の業務改善命令が出るなど、コインチェックは厳しく監視されていましたが、2018年3月12日にいよいよネムの保有者に対して補償をすると発表しました。

その後、被害にあったネム保有者は補償を受け、被害をなんとか回復させることができました。

仮想通貨の流出という事件は一見するとネガティブなニュースです。実際、ビットコインが大幅に下落した要因のひとつだと言われています。

しかし、ネムの補償をするというポジティブな内容のニュースが出た途端、ビットコインは堅調に回復し始めました。

仮想通貨の流出というのは一見するとネガティブなニュースです。なにしろ流出したネムの補償額は約466億円と言われています。この金額の被害が出たら、普通の企業であれば倒産は免れません。

しかし、コインチェックは被害をすべて補償することができました。一体コインチェックは今までにいくら稼いできたのでしょう?

当時、コインチェックのセキュリティ体制は杜撰なものでした。今回の事件をキッカケに社会での信用を失墜させたことでしょう。しかし同時に、仮想通貨取引所の経営とは、400億円以上もの被害を数ヶ月で補償できるほど、儲かるビジネスであると証明してしまったのも事実です。

コインチェックが被害をすべて補償したことで、かえって仮想通貨業界を盛り上げてしまったかもしれません。

世界の仮想通貨に対する動向

仮想通貨元年と呼ばれた2017年とは対称的に、2018年は仮想通貨の規制の年になるだろうと言われています。

実際、世界全体の傾向についても、仮想通貨を規制するための取り組みが推進されています。

例えば、国際通貨基金(IMF)は仮想通貨の違法使用を防ぐため、世界的に取り締まる必要性を強調しています。

仮想通貨はテロリストの資金源になりやすく、さらにマネーロンダリグがしやすいとの弱点を抱えています。

今までは仮想通貨に対してこれといった世界的な規制はなく、それぞれの国が個別に規制をしてきたのですが、今後は世界的な規制が行われるようになるでしょう。

IMFは今後、様々な国々の中央銀行と財務当局と協議をし、仮想通貨の世界的な規制を推進することが予想されます。この流れを止めることはまず無理でしょう。

世界的に規制が進んだら、仮想通貨の価格は下がってしまうんでしょうか?
健全な運営に規制は不可欠だから、一概にそうとは言い切れないぞ!法整備を整えることで企業や投資家が参入しやすくなり、仮想通貨業界が盛り上がることも考えられる。

税法は改正されるのか?

仮想通貨に対する法律というと、現在日本には平成29年4月1日に施行された改正資金決済法、いわゆる仮想通貨法があります。

この仮想通貨法が施行されたことで、ようやく日本政府は仮想通貨を決済可能な手段として認めることになりました。ただ、この法律以外に関してはまだまだ未整備な状態です。特に、税法に関してはほとんど手付かずといって良い状態です。

現状のところ、仮想通貨投資によって得られる利益は雑所得扱いされています。しかし、雑所得だと、所得税が高額になりやすく、せっかく投資をしてもメリットがないということで投資家から不満が出ています。

同じ金融商品でも、FXの場合、税制改正が行われたことで、利益に対する課税額は一律20%となっています。

仮想通貨は雑所得扱いになるということもあってか、最大で55%の税金を払う可能性があります。

雑所得の税率は次のようになります。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超330万円以下 10% 97,500円
330万円を超695万円以下 20% 427,500円
695万円を超900万円以下 23% 636,000円
900万円を超1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

仮想通貨投資をしている人の中には、億単位の利益を得ている人もいます。しかし、雑所得扱いされると、所得税と住民税とを合わせて、50%以上の税金を払う必要に迫られます。

現行の制度に変更がない限り、仮想通貨投資によって得られる利益が大きくなればなるほど、税率も高くなってしまうという問題点を孕んでいます。

FXの申告分離税のような制度変更がない限り、この状況は当分続くでしょう。残念ながら、今のところ政府に税制度を変更する予定がないだけに、2018年が終わるまでの間に税制が変更される見通しは無さそうです。

ブロックチェーン技術が普及するとどうなる?

仮想通貨ばかりが注目されていますが、ブロックチェーン技術も同様に世界中から注目を集めています。今後、ブロックチェーン技術がビジネスに導入されることで、世の中は大きく変化することでしょう。

中国といえば、仮想通貨に対してかなり排他的な国なのですが、その一方でブロックチェーン技術に対して強い関心を抱いているようです。もしかしたら、国家が管理する仮想通貨を開発する予定なのかもしれません。

ブロックチェーン技術に積極的な国は中国だけではありません。カナダやヨーロッパ、そして日本もブロックチェーンの導入に積極的です。

ブロックチェーンを応用したサービスというと、例えばオーガーという仮想通貨が新しいサービスを生み出すかもしれないと言われています。

オーガーは未来が正しければ報酬がもらえ、外れると負担が出るという、ギャンブル性の強い仮想通貨で、オーガーが普及すると将来的には胴元が不要のギャンブルが誕生するかもしれません。

さらに、オーガーは保険業界にインパクトを与えると言われています。

従来の保険サービスというと、利用者は定期的にお金を払い、病気にかかったら保険金がもらえる、病気にならなければ保険金が返らないというものでした。

ここでオーガーを利用した場合、利用者は自分が病気にかかると予想し、賭け金を払い続けることになります。一定期間内において健康であり続けると、掛け金は没収されます。しかし、病気にかかると、配当金が支払われます。

このように、オーガーという仮想通貨が存在するだけで、保険会社がやっているサービスをすべて代行できると言われています。

仮想通貨が盛り上がると、銀行業が不要になると言われています。同様に、ブロックチェーン技術が普及すると、様々な業種が不要になる可能性があります。

ブロックチェーン技術が普及すると、不動産取引や食品管理、農業、個人情報の管理、さらには国家戦略にいたるまで、あらゆる分野で劇的な変化が起こることでしょう。

2018年は、ブロックチェーン技術を活用した新しいサービスを体験できる最初の年になるかもしれません。

Jコインの影響度とは?

仮想通貨に目をつけているのは個人だけではありません。銀行も仮想通貨の存在に注目しています。

2018年には、みずほフィナンシャルグループがデジタル通貨「Jコイン」を発行すると言われています。実証実験も円滑に進んでいるようで、年度内には実用化されることでしょう。

Jコインを利用すると、スマートフォンでQRコードを読み取るだけで決済できるようになるなど、円滑な支払ができるなどのメリットがあります。

手数料が非常に安く、クレジットカードよりもコストが低いため、Jコインが普及すればクレジットカードではなく、Jコインで決済をするという人が増加するかもしれません。

そんなJコインについてですが、仮想通貨に対してどのような影響を与えるのでしょう?

まず、Jコインは常に円と等価となりますので、ビットコインのように高騰は狙えません。ただし、日本円以上に送金がしやすく、コストがかからないというメリットがあるだけに、普及する可能性は非常に高いです。

ただ、現状のところJコインと電子マネーとの間に大きな違いを見いだせず、注目度はあまり高くはないです。決定打になるようなメリットがないだけに、Jコインは便利な仮想通貨の一つとしてしか認識されないかもしれません。

SBIバーチャルカレンシーズはいつスタートするのか?

仮想通貨に対する人気が高まっている昨今、日本有数の大手企業も続々と仮想通貨ビジネスに参入しています。GMOコインや、DMMなどがまさにその典型でしょう。

SBIバーチャルカレンシーズは、SBIグループの系列会社であり、2017年9月に仮想通貨交換業への登録が完了した新しい取引所です。

DMMやGMO同様に、日本を代表する大手企業といこともあってか、大きな注目を集めています。

社会的影響力の高い会社なだけに、もしもSBIの取引所がスタートすれば、今まで仮想通貨に興味が無かったと言う人も、これをキッカケに仮想通貨へ投資を始めるかもしれません。そうなると、今まで以上に仮想通貨業界が盛り上がるでしょう。

ただ、SBIバーチャルカレンシーズはサービスの開始時期を延長しており、いつになったら利用できるのかは今のところ不明です。一応、2018年以内にはサービスがスタートするだろうと言われています。

仮想通貨業界の今後とは?

仮想通貨業界が今度どうなるかは今のところ不透明ですが、暗い未来が訪れる可能性は低いでしょう。

確かに世界的に規制をした方が良いと言われていますが、それはあくまで犯罪目的での使用を減らすための規制であり、健全に取引をする分には仮想通貨は問題視されていないようです。

それどころか、世界中でブロックチェーン技術への注目が集まっている昨今、今更仮想通貨はマネーロンダリングの危険があるので使うのは止めようとは言えないでしょう。

仮想通貨は今後、あらゆる現場で使用されるようになるでしょう。それに合わせて価値も増大する可能性がとても高いです。

2020年には東京オリンピックが開催され、世界中の人達が東京に集まります。仮想通貨があれば、いちいち日本円を介さずに決済ができるだけに、一部の投資家の中には東京オリンピックをピークに仮想通貨はますます普及するだろうと言われています。

2018年は規制の年になるでしょうが、それでも仮想通貨の価値が損なわれる可能性は低いでしょう。むしろ、これをキッカケにさらなる価値を形成するかもしれません。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。