仮想通貨の買い方とは?知っておくべき購入方法や取引所の選び方

一時期の下落相場も抜けて、好調な推移を見せている仮想通貨市場ですが、この機会に仮想通貨投資を始めたい方もいるのではないでしょうか。未経験ですと、仮想通貨という言葉は何となく聞いたことがありますが、具体的な買い方や仮想通貨取引所の概要について知る機会は少ないです。

また、仮想通貨の種類は2018年時点で、約1,000種類以上発行されています。初心者におすすめの通貨について、探すのは一苦労です。また、専門用語も多いので、各通貨の特徴を見ても分かりにくいと感じることでしょう。

今回は、仮想通貨の買い方や流れ、仮想通貨取引所の仕組みや初心者におすすめの仮想通貨などについてわかりやすく説明していきます。

仮想通貨の買い方

仮想通貨売買を始めるにあたって、最初に進める事は仮想通貨の買い方についてです。仮想通貨はデジタルに存在している通貨なので、端末やインターネット環境が整っている事が必須です。

最近では、スマートフォン向けアプリで仮想通貨の購入が出来るようにサービス提供をしている業者もでてきています。ですので、パソコンがなくとも、インターネットに接続しているスマートフォンやタブレットなどのデジタル端末があれば、外出先でも仮想通貨の売買や入金・登録作業まで可能となっています。

仮想通貨取引所へ登録

仮想通貨を購入する為には、仮想通貨取引所(仮想通貨交換業者)のサイトにアクセスして、登録を行う必要があります。そこで、まずは口座開設から認証作業までの流れを項目に分けて説明します。

1、口座を開設する

最初に仮想通貨取引所を選んで、自分の口座を開設するところから始めます。国内の仮想通貨取引所は主に、bitFlyer(ビットフライヤー)・Zaif(ザイフ)・DMM Bitcoin(DMMビットコイン)などが有名で、中には大手企業からの出資を受けている取引所も存在します。

どの仮想通貨取引所で口座開設するか決まりましたら、メールアドレスによる仮登録を行います。この手続きについては、国内のほとんどの仮想通貨取引所で共通しているので、覚えておくと良いですよ。

仮想通貨取引所への口座開設作業は、これで完了です。銀行や証券会社などへの口座開設と比較すると非常に簡単で、作業自体は数10分で済ませる事が可能です。

2、本人確認とSMS認証作業を行う

仮想通貨取引所へ口座開設する作業自体は、メールアドレスのみと非常に簡単ですが、仮想通貨の利用や購入といった、全ての作業を行えるようにするには本人確認とSMS認証手続きを完了させる必要があります。

本人確認とは、取引所の公式サイト内で本人確認情報を入力する手続きと、本人確認書類と登録する方の写真をアップロードする作業になります。

前者の本人確認情報の入力は、主に名前や生年月日などといった基本情報の入力なので悩む場面は少ないでしょう。後者のアップロード作業に関しては、難しい印象を感じる方もいますが、書類と画像を取引所の公式サイトへ提出するだけですので安心してください。

本人確認書類として一般的に認められているのは、

  • 免許証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 年金手帳

などといった書類になります。そして画像というのは、登録者の顔が写った画像のことを指します。多くの取引所は、スマートフォンなどの自撮り画像の提出で認められています。

次に、SMS認証の方法ですが、

  1. 利用者のスマートフォンの電話番号を、取引所内のSMS認証画面で入力
  2. 入力後、SMSの送信ボタンが表示されるので押します
  3. SMS認証コードがスマートフォンに送られます
  4. 送られてきた認証コードを、再び取引所内の認証画面にてコードを入力
  5. 認証作業が完了

となります。つまり、利用者の電話番号を使った本人確認と考えると分かりやすいでしょう。

一般的には、SMS認証作業まで完了させると、仮想通貨の売買などの作業が行えるようになります。しかし、本人確認書類の審査通過に関しては、状況によって1週間以上かかる事もあるので、すぐに仮想通貨売買が始められない場合もあります。

また、仮想通貨の売買を始める前にもう1つ準備した方が良い手続きがあります。それは、 二段階認証による、セキュリティ強化の手続きです。仮想通貨は、常にハッカーなどが狙っているので、取引所のセキュリティ強化の責任は勿論ですが、個人でもセキュリティ強化を図る必要があります。

二段階認証とは、取引所へのハッキングリスクがあるので、他の確認手段を用いてセキュリティを強化する方法です。例えばビットフライヤーでは、SMS認証作業や、アプリを活用した認証が推奨されています。アプリによる認証の場合は、取引所にて表示されているQRコードを読み取り、認証する方法が一般的です。

このように、仮想通貨取引への登録作業は、いわゆる株式投資やFXといった投資を行う際と比較して、簡単な登録・認証作業で完了します。ですので、投資未経験者の方や仮想通貨初心者の方でも、気兼ねなく始める事ができます。

また、セキュリティに関する最低限の設定は、入金前に完了させることは基本なので覚えておきましょう。

仮想通貨取引所へ入金から購入

仮想通貨取引所へ登録・認証作業が完了しましたら、入金作業と仮想通貨の購入作業に移ります。この作業自体も、比較的簡単で初心者の方が始めるにあたって、短期間で覚える事ができる作業といえます。

入金方法には、主に2つの方法があり、

  • 銀行から仮想通貨取引所に登録した口座へ入金
  • コンビニの端末を利用した入金

になります。銀行を利用して入金する場合は、銀行名や口座番号、名義人などの情報を登録します。

使い方としては、今後継続的に取引をするのであれば手数料コストが抑えられる銀行、試しに1度取引してみたい方はコンビニを利用した入金と考えるとよいでしょう。

入金作業が完了したら、いよいよ仮想通貨の購入作業に入ります。ここからは、仮想通貨取引所の取引ツールによって、操作方法や配置が違いますが主な流れは変わりません。

基本的には、購入したい仮想通貨を選んで、金額を設定して注文ボタンを押すだけです。後は、取引が完了するまで待ちます。
登録作業から購入作業までで、最も簡単な作業といえるでしょう。

仮想通貨の買い方は意外と簡単なんですね。もっと審査関係が厳しくて複雑なのかと思っていました。
うむ。仮想通貨の大きなメリットが、登録しやすく取引が始めやすい点だ。ただし、口座開設者の多い時期に登録するなど様々な事情で、本人確認の審査に遅れが生じる場合がある。だから、すぐには仮想通貨の購入ができない場合もあるぞ。

仮想通貨取引所の仕組みと選び方

仮想通貨取引所への口座開設から、仮想通貨の買い方について理解出来たら、仮想通貨取引所の仕組みや選び方についても知っておく必要があるでしょう。

仮想通貨取引所の仕組みと役割

仮想通貨取引所の役割は、仮想通貨を利用するユーザーの円滑な取引をサポートすることと、市場を作ることにあります。そして、仮想通貨取引所には、「取引所」と「販売所」の2つの仕組みになっています。

取引所は、ユーザー同士の仮想通貨売買を仲介・市場を取り持ちますが、販売所は業者側とユーザー間の売買を目的としています。また、取引所で売買する場合には、購入したい価格を指定できますが、販売所で売買する時は運営側が設定した価格でしか購入することができない制約があります。

仮想通貨取引所の選び方

仮想通貨取引所を選ぶ際のポイントは、

  • 手数料の安さ
  • 信頼性
  • 取引ツールの使いやすさ
  • 仮想通貨の種類

といった、主に4つの観点から取引所を選ぶのがよいでしょう。特に、信頼性については優先すべきポイントといえます。

仮想通貨は、ハッカーに狙われやすいので、個人のセキュリティ強化に努めることは勿論、取引所のセキュリティに関しても評価の高い所を選ぶのがよいでしょう。資産や個人情報が流出してしまうことは、最も防がなければいけないことです。

初心者におすすめの仮想通貨や取引方法

仮想通貨の種類は約1,000種類以上と非常に多いので、初心者からすると難しいと感じるでしょう。しかし、国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する分には、あまり問題はないです。

国内の仮想通貨取引所では、取り扱っている仮想通貨は、時価総額上位のいわゆるメジャーな仮想通貨のみしか取り扱っていません。従って、数10種類に限られていて、比較的選びやすく相場も安定している通貨が多いです。

その中でも、ビットコインやイーサリアムは、時価総額1・2位を誇る仮想通貨です。また、2つの仮想通貨を足すと、市場の約7割を占める時価総額となっており初心者でも比較的安定した取引ができるでしょう。

因みにですがビットコインの最小売買単位は、取引所毎に定められており2018年時点では0,0001~0,001BTCとされています。ですので、数1,000円から購入することができます。

仮想通貨の取引方法

仮想通貨の取引方法には、株式投資などと同様に様々な種類があります。
例えば、

  • 現物取引
  • 信用取引
  • ビットコインFX
  • ビットコイン先物取引

などが、挙げられます。現物・信用取引については、多くの仮想通貨取引所で取り扱っていますが、ビットコインFXや先物取引となると、取り扱っている取引所にバラつきがあります。

初心者におすすめの取引方法は、現物取引といえるでしょう。現物取引は唯一購入した仮想通貨を、自分の資産として活用することができますし、仮想通貨売買を覚える上で比較的シンプルな仕組みなので覚えやすいです。

現物取引とは、自己資産で仮想通貨を購入する取引方法です。ですので、購入した仮想通貨は、決済や送金手段として利用することができますし、売ることもできます。

対して、信用取引は、自己資金を取引所に担保として預け入れ、円か仮想通貨を借りて取引します。取引により購入した仮想通貨は、決済や送金手段として用いる事はできません。また、ビットコインFXや先物取引も信用取引と似ている仕組みとなっているので、初心者には難しい取引方法といえます。

まずは現物取引で、仮想通貨の市場や相場を体感することが大切です。

仮想通貨の取引方法は1つではないのですね。慣れてきたら、信用取引に挑戦してみるのもよさそうですね。でも、国内の取引所で取り扱っている通貨が少ないのは不満があります。出し惜しみしているんですか?
うむ。その意気だぞ。初心者におすすめなのは現物取引だが、慣れてくれば信用取引も駆使して更に利益を出すことも可能だ。だが、通貨に関してその考えはよくないぞ。国内の取引所が通貨の取り扱いを制限しているのは、セキュリティ面でユーザーを保護している側面があるからな。

仮想通貨売買時の注意点

初心者ですと、仮想通貨の買い方や選び方など基本についてある程度、覚える事ができますが細かな注意点については気付きにくいものです。そこで、ここでは仮想通貨の売買などを行う際に、気を付けた方がよいポイントをいくつか紹介します。

1つ目は、仮想通貨の購入はクレジットカードではできないという点です。仮想通貨の購入は簡単という認識が広まっていることで、クレジットカードによる購入が可能というイメージを持つ方もいるでしょう。しかし、仮想通貨の売買を行うには、仮想通貨取引所に入金作業を行い、取引所内で購入を行います。従って、クレジットカードによる購入は不可能です。

2つ目は、冒頭の仮想通貨の買い方でも少し説明していますが、口座開設をしたからといって即日に仮想通貨の売買ができる訳ではありません。本人確認書類を提出し、数日程度審査に時間が掛かるので、事前にある程度余裕を持った登録作業を心がけるのがよいでしょう。

3つ目は、ウォレット管理です。仮想通貨の売買自体は、ウォレットを所有していなくとも取引所のウォレットで保管できます。しかし、取引所のウォレットに全ての資産を預けるのは、リスクが高いといえます。法令に従ってセキュリティ面でのチェックやシステム作りをしていますが、万が一通貨が流出することもあり得ます。

従って、自分のウォレットで管理する事が、仮想通貨の売買を行う上で最低限やっておくべき事の1つです。使い方としては、基本は自分のウォレットに資産を預けておき、使う分だけ取引所に入金するのが、万が一の被害を最小限に食い止める方法です。

因みに、ウォレットの種類には、安全性の高いものから、

  • ハードウェアウォレット
  • ソフトウェアウォレット
  • オンラインウォレット

に分類されています。

仮想通貨売買で発生する税金

初心者の方や、これから仮想通貨の売買を始めようと考えている方にとって、税金に関する事柄も気になるポイントです。まず、仮想通貨の売買に関する税金は、所得税となります。

国内では、2018年時点で仮想通貨によって得られた利益は、全て雑所得に区分されるようになっています。まず、仮想通貨によって得られた「利益」についてですが、具体的には仮想通貨を売買したときに、買った時よりも売った時に手元に残るお金が多い場合を利益と考えます。

次に所得税には、何で得られた利益なのかによって種類が変わります。例えば、会社員の方達が貰っている給料は給与所得に区分され、株式の売買で得た利益は譲渡所得になります。そして、仮想通貨で得た利益は雑所得区分です。

雑所得区分の特徴は、総合課税と累進課税です。総合課税とは、他の総合課税に区分されている所得と合算して税金を計算するもので、累進課税は課税される所得額に応じて税率が変化する制度のことを指します。

因みにですが、累進課税の税率は、5~45%となっています。

仮想通貨の買い方は簡単だが他のポイントも覚える事

仮想通貨の口座開設から買い方までは、初心者でも比較的スムーズに手続きを進める事ができるものとなっています。しかし、本人確認の審査に関しては、数日以上掛かる場合もあるので、即日で取引出来ない事を覚えておくと焦らずに済みます。

仮想通貨の買い方まで覚えられたら、取引所を調べて用途別に登録してみる事や、ビットコインやイーサリアム以外の仮想通貨も購入してみるとよいでしょう。仮想通貨の売買でリスクを抑える方法は、複数の取引方法を知っている事や様々な通貨の取引を行い、常に分散型の取引スタイルを持ち続けることです。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。