サトシ・ナカモトはビットコインの生みの親!

ビットコインといえば今や誰もが知っている代表的な仮想通貨です。投資に興味がない人でも、ビットコインの名前ぐらいはおそらく知っていることでしょう。

世界中で取引されているビットコインは、まさに世界で最も有名な仮想通貨です。既に1000種以上存在する仮想通貨の世界において、ビットコインほど有名な仮想通貨は他に存在しないでしょう。

このように、知名度に関して言えば他を圧倒的に凌ぐビットコインなのですが、実は一体誰が作ったのかについては謎が多く、よくわかっていません。

ビットコインの生みの親といえばサトシ・ナカモトであり、これに違いはありません。

ただ、そもそもサトシ・ナカモトとは一体誰なのでしょう?果たして本当に実在する人物なのでしょうか?

イーサリアムやリップル、ライトコインなどのアルトコインと違い、ビットコインに関して言うと誰が作ったのかは未だはっきりした答えはなく、謎に包まれています。

サトシ・ナカモトとは?

サトシ・ナカモト(中本哲史)は、その名前を読む限り日本人のように感じられます。しかし、本当に日本人かどうかは定かではありません。日系アメリカ人ではないかとも言われる一方で、サトシ・ナカモトは通称のようなもので、組織の名前ではないのかなどとも言われています。

謎に包まれている「サトシ・ナカモト」ですが、わかっていることもあります。それは、サトシ・ナカモトはビットコインの生みの親であり、ビットコインの大量保有者でもあるということです。

2009年にサトシ・ナカモトはインターネット上にビットコインの根幹とも言える論文を発表し、その採掘と運用を開始しました。

その時の論文を読んだ人の中には、ビットコインの可能性を信じ、大量に購入した人もいたようです。もちろん、その人はビットコインの価格が高騰した現在、億万長者になっていることは言うまでもありません。

どこの誰とも知れない正体不明の人物がネット上にアップした論文とは、一体どのような内容だったのでしょう?

サトシ・ナカモトの論文が読める場所

読むだけならば無料で公開されているため、原文は誰でも閲覧が可能です。

サトシ・ナカモトが発表した論文の原文は英文なため、日本人が読むのは困難かもしれません。

ただ、ページ数はたったの9ページ、参考文献などのページを省くと実質8ページしかないため、頑張ればそのまま読めるかもしれません。ページ数そのものは非常に少ないのですが、内容はとても濃く、一読しただけで内容を完璧に理解するのは難しいと思われます。

ただ、英語を読むのが面倒ならば、日本語で読めるサイトもあります。次の項目から、論文の内容を要約し、解説していきますね。

サトシ・ナカモトの論文の内容とは?

サトシ・ナカモトの論文を要約すると、ビットコインを使用することで銀行などの第三者機関を介さずとも、詐欺などの被害に遭わず、安心して個人間での取引ができるという内容が論文に書かれています。

現在の主要なネット上の取引方法というと、金融機関などの第三者を通じて取引をするというのが一般的です。

例えば、amazonなどで商品を購入する場合、クレジットカード会社などの金融機関を通じて商品を購入することになります。他にも色々と方法はあるのですが、決済をするにあたって金融機関の存在は必須です。

家賃の引き落としも、給料の支払いも、ネットオークションのような個人間での取引においてでさえ、金融機関の存在なしではお金のやり取りができません。

もしも金融機関を介さずに個人で取引をするとなると、詐欺などの被害に遭う可能性が高く、とても個人間取引をネット上でしようなんて気分にはなれないでしょう。しかし、ビットコインを使って取引をするのであれば、金融機関を介さずとも、ネット上で騙されることなく確実な取引が行えます。

P2P技術を使用することで、金融機関などの第三者を介さずに直接的なデータのやり取りが可能です。しかし、これだけでは詐欺の可能性を排除しきれず、騙される不安があります。

詐欺に遭うんだったら、意味ないじゃない!
そこでサトシ・ナカモトが提案するブロックチェーンの出番だ。

ビットコインで取引をすると、その取引はすべて監視されることになります。通貨の二重使用などの不正ができず、安心して個人は取引を行えます。

本来、ネット上のデータなんてものはクリック一つで簡単にコピーができるため、金融機関のような中央集権の存在なしで信頼できる取引など不可能だと考えられていました。

しかし、サトシ・ナカモトの論文の画期的な点は、銀行などの中央集権的な存在がなくても、相互に監視し合うことで不正を無くすことができる点にあります。

ブロックチェーン上の取引データは、一ヶ所に存在するわけではありません。データベースは複数あり、全てのユーザーがそのデータを共有することになります。

そのため、一つのデータベースを改竄できても、他のデータベースとの整合性が取れなければ、すぐにそのデータは不正だと看破されてしまうため、改竄は限りなく困難だと言われています。

ちなみに、ビットコインの過去の取引データを改竄するためには、世界中のパソコンに太刀打ちできるだけの高性能なパソコンが必要だと言われており、まず実現は不可能です。

インターネットが発達している現代において、管理サーバーが一つしかないというのはとても危険な状態です。もしも日本の金融機関がハッキングされ、データを改竄された時、一体どれほどの経済的損失が発生するのでしょう?

しかし、データベースが複数存在しているビットコインならば、一つのデータが攻撃を受け、改竄されたとしても、すぐにその不正は見抜かれ、修正されてしまいます。

改竄が限りなく不可能な技術というのは、本来であれば銀行などが最も欲しがっているテクノロジーです。しかし、そのテクノロジーを使用すると、銀行の存在が不要になるというのは、ある意味で皮肉な結果かもしれません。

サトシ・ナカモトがノーベル賞を受賞するというのは本当?

ノーベル賞といえばダイナマイトの発明者であるアルフレッド・ノーベルの遺言によって創設された世界的な賞のことで、物理学や化学、生理学、医学、文学、平和、そして経済などの分野において顕著な功績を残した人物に送られます。

言ってみれば、ノーベル賞とは一握りの天才にだけ与えられる賞と呼んでも差し支えがないでしょう。

そのような一部の天才にだけ与えられる賞がサトシ・ナカモトに授与されるという噂があるのですが、果たして本当なのでしょうか?

ノーベル賞候補にノミネートされた背景

残念ながらサトシ・ナカモトにノーベル賞を授与されることはありませんでした。ただ、受賞者候補のリストにノミネートされたことはあります。

当時、ビットコインに関して言えばまだまだ胡散臭く、疑惑の目で見られていたのですが、カリフォルニア大学ロサンゼルス校のBhagwan Chowdhry教授はサトシ・ナカモトの功績はノーベル賞に値するだけの価値があると判じたようで、ノーベル賞に推薦しました。

教授の言葉によれば、ビットコインは世界を変えるほどの発明とのことです。

紙幣や硬貨などの現実のお金と比べて圧倒的にセキュリティのレベルが高く、金融機関に一切の手数料を払うことなく世界中の誰とでも自由に取引に使えるビットコインは非常に魅力的な通貨であり、まさに世界を変えられるだけの価値のある発明品です。

功績だけを見れば、サトシ・ナカモトはノーベル賞を授与されるに相応しい天才なのかもしれません。

サトシ・ナカモトは何が凄いのか?天才と言われる理由は?

サトシ・ナカモトはよく天才だと言われるのですが、具体的に何が凄いのでしょう?

インターネットが発達している今の時代、便利な通貨を発明した言われても、一般の人からするとそれはLINEとかSkypeを発明したのと同じレベルなのでは?と思われるかもしれません。サトシ・ナカモトは一体何を発明したのでしょう?

サトシ・ナカモトの発明の凄いところは、価値のある情報の伝達に成功した点にあります。

もしも日本円が誰でも簡単に偽造できるモノであったら、信用されず、価値は暴落することでしょう。しかし、実際には日本円の偽造は恐ろしく困難で、とても他者にできるものではありません。しかし、電子取引の場合はどうなのでしょう?

現実に存在する日本円の偽造は困難かもしれませんが、電子取引の改竄ならば、ハッカーの実力次第ではどうにかなるかもしれません。もちろん、取引を改竄などすれば警察に捕まるのでしょうが、可能性があることは否定できません。

しかし、改竄が困難なビットコインならば、現実世界で日本円を使うような信頼度をもってネット上で取引することができます。

ブロックチェーンの技術を応用できるのは通貨だけではありません。知的財産権や重要な文書、株券や債券、電子ポイント、選挙権など、あらゆるデータの改竄を困難化し、安全な取引を可能にします。

インターネットが発達しているにも関わらず、未だに行政やビジネスなど、様々な場面において書面を使われる最大の理由は、ネット上のデータは改竄の危険性があるからです。

例えばネット選挙などを導入し、もしも投票データを改竄されると、本来の民意とはかけ離れた選挙結果が生じるかもしれません。

確かにネット選挙で、データが改ざんされると危ないよね・・・。
だがブロックチェーン技術を用いたネット選挙ならば、投票の不正や選挙結果の改竄などが困難だから、常に正しい民意を反映させることができるんだ!

サトシ・ナカモトの本当の偉業は、改竄が不可能な価値あるデータを送ることを可能にした点にあります。

サトシ・ナカモトがノーベル賞を受賞できない理由

サトシ・ナカモトは確かにノーベル賞を受賞できるほどの偉業を成し遂げた天才かもしれませんが、実際にノーベル賞を受賞することは困難でしょう。

というのも、サトシ・ナカモトはそもそも誰なのかがわかっていないからです。

いくらノーベル賞を受賞させたいからといって、行方不明者に賞を授与させることはできません。

名前こそ日本人風ですが、日本人であることを示す証拠は一つもありません。サトシ・ナカモトとは、ミセスワタナベなどと同じで、特定の人を指す暗喩なのかもしれません。

「ミセスワタナベ」というのは欧米でよく使われる呼称で、日本人の個人短期投資家集団のことを指します。あくまで日本人のトレーダー全般を指す言葉のため、ミセスとは言いつつも必ずしも女性とは限らないです。むしろ、ミセスワタナベは男性トレーダーの方が多いとまで言われるほどです。

サトシ・ナカモト本当に一人の人物であるかは不明なんですね。
そうだ。謎が多い人物なだけに、ネット上にはサトシ・ナカモトはAIではないのかなどと言われるほどだ。

サトシ・ナカモトがいたと証明するものは今のところネット上に発表された論文ぐらいで、それ以外にはありません。

そもそもサトシ・ナカモトに会ったことがあるという人すらほとんどいません。ちなみに、会ったことがあるという人のほとんどが、後々になって嘘だということが判明しているか、もしくは成りすました別人であることが多いです。

メディアに一切登場しないどころか、実在すら疑わしい人物です。しかし、ビットコインが存在している以上、サトシ・ナカモトが本名かどうかはわかりませんが、それを生み出した親がいることは事実です。

ビットコインが誕生してから既に数年が経過していますが、未だに正体を見せる気配がないということは、今後もサトシ・ナカモトが正体を見せる可能性はないでしょう。

ちなみに、ネット上にはたまにサトシ・ナカモト本人、もしくはその知り合いだという人が現れますが、おそらく詐欺の可能性がとても高いため、サトシ・ナカモトを自称する人とは関わらない方が賢明です。

ビットコインの単位とは?いくら買えるのか?

誕生当初こそ低価格だったビットコインですが、時の経過と共に価値が増大し、今や1BTCの価格はとても仮想と呼べるような代物ではありません。ビットコインの次に価値のあるイーサリアムですら、2018年3月19日時点において1枚あたり5万円台であるのに対し、ビットコインは1枚あたり80万円以上という、圧倒的な差があります。

いくらビットコインに投資をしたいと思っても、流石に80万円以上の価値がある代物ともなると、迂闊に購入できません。もうお金持ちでないとビットコインに投資することはできないのでしょうか?

確かにビットコインの価格は2017年より高騰しました。しかし、だからといってお金持ちでないと投資できないということはありません。
というのも、ビットコインの単位は1枚未満からでも購入が可能だからです。

ビットコインの単位はBTCと呼ぶのですが、1BTC未満のビットコインも購入することができます。

例えば、1BTCの価値が80万円だった場合、8万円で0.1BTCを購入できますし、8000円ならば0.01BTC分のビットコインを購入することができます。

このように、1BTC未満のビットコインも購入することができるため、1BTC単位で計算する必要は必ずしもありません。ただここで一つ疑問が生じるのが、1BTC未満でも購入可能ならば、そもそもビットコインの最小単位はいくらになるのでしょう?

ビットコインの最小単位は1Satoshi

表舞台から姿を消してしまったサトシ・ナカモトですが、意外なところでサトシの名前を発見することができます。

ビットコインの最小単位は0.00000001BTCなのですが、この最小単位のことをビットコインの世界では1Satoshiと呼びます。

ビットコインは1BTC未満でも取引が可能なのですが、1Satoshiが最小単位となりますので、これ未満のBTCの取引は不可能です。

仮に1BTCの価値が80万円だった場合、1Satoshiの価値は0.008円となります。たとえビットコインの価格が今後高騰し、1BTCあたりの価格が1億円になったとしても、ビットコインを購入することは難しくありません。
なんで最小単位が1Satoshiなの?
その理由については分かっていない。単純にビットコインを作ったのがサトシ・ナカモトだと証明するためにこのようなネーミングにしたのか、それとも他に意味があったのか、答えは不明だ。

もしかしたら、サトシ・ナカモトは将来的にビットコインの価値は1億ドルを超えると考えた結果、最小単位に自分の名前を付けたのかもしれません。ビットコインの価格が1億ドルに達すると、ちょうど1Satoshiの価値は1ドルになり、計算しやすくなります。

サトシ・ナカモトが表舞台に出る可能性

サトシ・ナカモトに関してわかっている情報は非常に少ないです。根拠は低いですが、日系人男性で、30代後半の人物だと思われています。

ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトは一緒にプロジェクトを推進していたコミュニティのメンバーにすらプライベートの情報を明かさないほど、徹底した秘密主義者だったようで、それは今も変わりません。

2010年頃にはコミュニティから完全に離れ、表舞台を去って以降の情報については全くありません。

サトシ・ナカモトがコミュニティを去った当時のビットコインの価格は非常に低く、とても将来の高騰を予想できる段階ではありませんでした。普通の人であれば、価格が高騰するまで待ちそうなものなのですが、彼は2010年の時点で既に将来の価格高騰を見越していたのかもしれません。

ビットコインの生みの親ということもあり、サトシ・ナカモトは大量のビットコイン保有者です。ビットコインの価格が高騰した現在、サトシ・ナカモトが世界有数の富豪であることに違いはありません。

誰よりも多くの資産を獲得してしまった現在、サトシ・ナカモトがわざわざ表舞台に出る可能性は非常に低いでしょう。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。