仮想通貨リップルの将来性は?今後の価格を予測

仮想通貨の中で最も時価総額が高い通貨といえば、当然ですがビットコインです。ビットコインの時価総額は2018年の時点で10兆円を超えており、他のアルトコインを圧倒しています。

ビットコインよりも優秀な仮想通貨は数多く存在しますが、未だにビットコインの時価総額を超える仮想通貨は存在せず、ビットコインは常に1位の座についています。では、2位の座についてはどうなのでしょう?

確かにビットコインの1位の玉座は今まで一度も揺らいだことがありません。しかし、2位の座に関していえば、一度だけ揺らいだことがありました。

全仮想通貨の中で2番目に時価総額が高い仮想通貨といえばイーサリアムが有名。しかし、イーサリアムは過去に3位へと転落したことがあります。

当時、イーサリアムの時価総額を追い抜き、2位に進出した仮想通貨、それはリップルです。一体リップルとはどのような仮想通貨なのでしょうか?

ここではリップルの特徴と今後の将来性について紹介します。

リップルの将来性

リップルは数多く存在するアルトコインの中で、もっとも今後の将来性を期待されている有望なアルトコインの一種です。

2017年の前半まで目立つことがなく、価格が低迷していたリップルは、2017年12月より投資家からの注目度が高まり、一気に価格を高騰させました。

ブリッジ通貨としての役割を期待されているリップルの将来性を買っているのは投資家だけではありません。世界中の企業もリップルの卓越した技術に注目しています。

今後、リップルが銀行間送金の分野で活用され、本格的に利用されるようになれば、今まで以上の値上がりが起こる可能性が高いです。

リップルの特徴と来歴

リップルとはRipple社が開発した仮想通貨で、通貨単位はXRPです。総発行枚数は1000億枚です。

ただし、リップルは他の仮想通貨と違ってマイニングがなく、新規発行がありません。既に1000億枚のリップルは発行済みで、その大部分はリップル社が保有しています。リップル社が保有していない一部のリップルのみが市場に流通していることになります。

今後、リップルの発行上限が増える予定はありません。さらに、リップルは使用すればするほど減少するという仕組みになっているため、今後リップルの総発行枚数は減っていきます。

リップルを送信すると、その送信時に発生した手数料分のリップルが消費され、無くなります。そのため、リップルは使えば使うほど、手数料分のリップルが無くなる計算になります。

もっとも、リップルの手数料は少額のため、すぐに消えて無くなるという心配は無用です。

リップルは、低コストかつ高速の国際送金システムの実現を目指すべく作られた仮想通貨です。

リップルの最大のメリットは、取引スピードが速く、さらに低コストであることです。仮想通貨はどれも低コストで取引スピードが速いのですが、その中でも特にリップルは安く、高速処理に長けた仮想通貨ということです。

ビットコインが1秒の間に処理できる回数がたったの3回から6回であるのに対し、リップルは1秒で1000回も処理できます。

さらに、手数料もビットコインやイーサリアムよりも圧倒的に安く、使いやすいです。

他にも、リップルの総発行枚数は1億枚と量が非常に多いため、ビットコインほど価格が変動せず、値動きが安定しやすいなどのメリットがあります。

ブリッジ通貨の役割

リップルは確かに他の仮想通貨よりも取引スピードが速く、手数料も安いです。ただ、それだけがリップルが注目される理由ではありません。リップルはブリッジ通貨としての役割を期待されています。

ブリッジ通貨とは、通貨間の橋渡しとしての役割を持つ通貨のことを指します。

例えば日本円を米ドルに替える場合、日本円をまずリップルに替え、その次にリップルを米ドルに替えることで、日本円から米ドルへと両替することができます。

このような仕事は本来は銀行の役目です。ただし、リップルを介して両替をする場合と、銀行を介して両替をする場合では、手数料と時間に雲泥の差が生じます。

銀行を通じて海外に送金をするぐらいであれば、リップルを通じて海外に送金をした方が、手数料は圧倒的に安いです。

確かに銀行の手数料は、国内での利用に関して言えば安いです。しかし、いざ海外に送金をするとなると、手数料が跳ね上がります。なぜ海外への送金の手数料は高いのかというと、それは国内の銀行に対する手数料と、海外の銀行に対して支払う手数料の二つの手数料が発生するからです。

さらに、銀行は24時間営業していません。日本の銀行が営業している時間帯だからといって、アメリカの銀行も営業しているとは限らないのです。そのため、日本から海外に送金をしたとしても、営業時間の都合上、即座に送金することは叶いません。

海外へ送金をする場合、最低でも1日以上の時間を要することになります。リップルを使用すると、この送金にかかる時間も省くことができます。

それに加え、リップルならばどの法定通貨にも対応しているため、マイナーな法定通貨であってもすぐに両替できるというメリットがあります。

銀行だからといって、すべての外貨に対応しているわけではありません。米ドルやユーロ、オーストラリアドルなどの通貨であれば対応しているのでしょうが、マイナーな通貨ともなると取り扱っていないことがあります。しかし、リップルならば問題ありません。どのマイナー通貨にも対応しているので、わざわざ銀行を探す手間が省けます。

手数料が安く、送金スピードが速く、どの法定通貨との両替も可能なリップルは、銀行の業務を大幅に改善させられるだけの潜在能力があります。

リップルのロードマップ

リップルは国際送金プラットフォームとしての役割を期待されている通貨で、今後は銀行などの金融機関に導入されることが予想されています。

様々な金融機関がリップルを導入することで、はじめてリップルはブリッジ通貨として本格的に運用されることになります。

リップルのロードマップによると、今後は世界的な企業との提携を目指しつつ、さらには取引所に上場すべく動いていく予定です。

日本の銀行である住信SBIネット銀行とスルガ銀行、そしてりそな銀行の3行もリップルに注目しており、2018年の秋ごろにはリップルの技術を活用したスマホ送金アプリをリリースする予定とのことです。

今後、リップルが普及し、利用されることで、ますますリップルの価値は高まっていくことでしょう。

リップルの問題点とは?

リップルの長所は取引処理のスピードが速く、手数料が安い点です。さらに、ブリッジ通貨として機能することで、どの法定通貨とも両替ができるようになるなどのメリットが加わることでしょう。

ビットコインは確かに誕生当初こそ使いやすく、送金に優れた仮想通貨でした。しかし、人気が過熱し、取引量が増えた昨今、スケーラビリティ問題が発生することで使い辛くなっています。

使い辛いビットコインを使用するぐらいならば、リップルの方がはるかに優位性が高いです。このようにメリットが多く存在するリップルには、いくつかの解決すべき課題があります。

リップルの問題点というと、まずリップルを採用している金融機関が少ないというこの現状こそが最大の課題と言えるでしょう。

いくらリップルが優秀な仮想通貨だからといって、銀行がリップルを採用しなければ、ブリッジ通貨としての機能を発揮することができません。

さらに、リップルは価格が不安定だというデメリットを抱えています。ビットコインほどではありませんが、リップルの価格も法定通貨などと比較すると非常に荒れっぽく、価格が常に不安定です。これではブリッジ通貨としても使用し難いです。

これら2点の問題点をいかに解決するかがリップルの課題です。

課題への解決策

リップルがブリッジ通貨としての役割を発揮するためには、世界中の金融機関や企業にリップルを使ってもらう必要があります。しかし、現状のところ、リップルの普及度はまだまだブリッジ通貨として使用できるレベルに達していません。

この課題を解決するためには、リップル社の営業努力が不可欠でしょう。

幸い、2017年の仮想通貨ブームの後押しもあってか、今や仮想通貨は世界中から注目を浴びる分野となりました。ビットコイン同様に、リップルの認知度も仮想通貨ブームのおかげで飛躍的に高まっています。

ただ、有名な仮想通貨だからといって金融機関が実際に使用してくれるというわけではありません。リップルをビジネスに導入するためには、実際に使用してみて、その良さを体験してもらう必要があります。

リップルの良さを伝える一番良い方法は、実際に使用してみてもらうことです。いくらリップルの優秀さを口で説いたところで、使ったことがない通貨の良さを知ることはできません。しかし、実際に使ってもらうことで、リップルの良さを体感してもらうことができます。

リップルを実際に使用してもらうためには、まずリップルの流通量を増やし、多くの人達に使ってもらう必要があります。流通量を増やす一番手っ取り早い方法は、取引所にリップルを上場させることです。

日本で一番仮想通貨の取引量が多い取引所といえばbitFlyer(ビットフライヤー)です。日本での流通量を増やそうと思うのであれば、まずはリップルをビットフライヤーに上場させる必要があるでしょう。

ビットフライヤーやZaif(ザイフ)などの主要な取引所がリップルを取り扱うようになれば、流通量が増え、やがてはリップルを扱う企業を増やすキッカケとなるでしょう。

このようにリップルを取り扱う取引所が増え、リップルの良さを知ってもらうことで、リップルの普及度を高めることができます。では、もう一つの課題である価格の変動についてはどうなのでしょう?一体どうすればリップルの価格を安定化させられるのでしょう?

リップルがビットコインのような非中央集権的な仮想通貨ならば、一度不安定になった価格を安定化させることは難しいです。しかし、リップルはリップル社の管理下に置かれている仮想通貨のため、リップル社の対応次第ではいくらでも価格を安定化させられます。

そもそも、市場に流通しているリップルは全体の一部でしかなく、大部分はリップル社が保有しています。

リップルの価格が高騰したら、リップル社の持ち分を売って安くすれば良く、価格が低迷したらリップル社が購入して価値を上げれば良いだけの話です。

リップル社は既にロックアップをするなどして、リップルの価格を安定化させるための対策を講じたことがあります。今後、リップルの価格が不安定になった際には、リップル社が価格をコントロールすることで安定化を図ることになるでしょう。

アップデートやハードフォークの予定は?

リップルの今後の予定についてですが、ハードフォークをするといった予定は特にないです。

アップデートに関してですが、リップル社ではセキュリティを高めるためのアップデートをする予定があるとのことです。

さらに、リップル社としてはリップルの非中央集権化を目指しているとのことで、今後のアップデート次第ではリップルが非中央集権的な仮想通貨へと変化するかもしれません。

リップルの管理者が分散され、非中央集権化すると、特定の管理者によって価格を操作される心配が無くなるため、投資を思い留まらせるネガティブな要因が減ります。その結果として、値上がりする可能性が高いとされています。

今後、リップルはアップデートをすることで、より使いやすい仮想通貨へと進化することでしょう。

リップルの将来の価格を予測

リップルの価格は2018年以降、60円代から100円代を推移しています。今後、リップルの価格はどのようになっていくことでしょう?

リップルは機能面に関して言えば、ビットコインよりも性能の良い仮想通貨です。安全で、低コストで、尚且つ高速の取引が可能なリップルは、とても優秀な通貨だと評価できます。

今はまだ流通量が少ないため、価格も低迷していますが、今後流通量が増え、取引量も増えれば、価格も増加していくでしょう。

確かにリップルは発行枚数が多い仮想通貨です。しかし、発行上限がある仮想通貨のため、インフレのリスクが低いです。それだけに、今後普及が進み、取引量が増えていけば、時間こそかかるかもしれませんが、値上がりすることでしょう。

では、どこまで値上がりするのでしょう?

ウォールストリートジャーナルによれば、2020年までにはリップルの価格は1000ドル、日本円で10万円以上に達するだろうと予測されています。

値上がりの根拠

リップルは今でこそまだ普及度が低い仮想通貨ですが、注目度は非常に高い通貨です。既にリップルに目を付けている金融機関は多く、これから本格的に導入されることが予測されます。

つまり、今でこそまだ価値が低いリップルですが、将来的には利用者が増え、値上がりする可能性がとても高い仮想通貨ということです。

このように、値上がりする可能性だけを見れば非常に高い仮想通貨なのですが、リップルが2020年までに10万円に達するという根拠は果たしてどこにあるのでしょう?

まず、リップルは国際送金に特化した仮想通貨です。今後、金融機関がリップルを採用し、決済の場面でリップルを使用するとなると、一体何が起こるのでしょう?

例えばリップルがクレジットカード業界に参入した場合、クレジットカード市場の巨大なマネーがリップルに流入することになります。

今や世界中の人達が使用しているクレジットカードですが、その流通量は1800兆円以上だとされています。この1000兆円を越えるだけのマネーがリップルに流入することになれば、リップルの価値は否応なしに跳ね上がるでしょう。

金融機関の膨大なお金がリップルに流入すれば、確かに2020年までにリップルの価値は10万円まで上がったとしてもおかしくはないでしょう。ただ、これはあくまで予想なので、絶対に当たるとは限りません。

ただ、2020年といえば、東京オリンピックがある年です。世界中の人達が東京に集まる時こそ、リップルのようなブリッジ通貨が本領を発揮できる場面となります。

今後、グローバル化が進めば進むほど、リップルの需要は高まることでしょう。

リップルの価格が上がるキッカケ

仮想通貨の価格が本格的に上がった年といえば、仮想通貨元年の2017年です。ただ、2017年になったからといって、即座にリップルの価格が上がったのかというと、そのようなことはありません。

リップルは確かに公開当時より注目を集めていた仮想通貨なのですが、2017年11月までその価格は低く、値上がりの可能性がほとんどありませんでした。

というのも、リップルは発行枚数が非常に多く、そのほとんどをリップル社が保有していたため、いつ大量のリップルが市場に流通するかわからず、迂闊に購入することが出来なかったからです。

しかし、2017年12月にリップル社がリップルのロックアップを完了させたことを皮切りに、一気にリップルの価格は高騰しました。

当時は1枚あたり30円以下だったリップルは、たった2ヶ月で300円まで値上がりするという暴騰を見せました。

その後、リップルは急落し、60円から100円を推移するようになったのですが、それでも2017年の低価格だった頃と比べれば、未だ高い水準となります。

リップル社がロックアップを宣言したことで、今のリップルは暴落の可能性に怯える必要のない仮想通貨へと生まれ変わりました。残りの懸念材料といえば、ブリッジ通貨としての役割を果たせるか否かです。

現状のところ、リップルを採用する金融機関はまだまだ少ないです。しかし、今後リップルを導入する金融機関が増えれば、リップルの価格は否応なしに上がることでしょう。

リップルが真価を発揮するためには、世界中の金融機関がリップルを導入し、ブリッジ通貨として使用できるだけの環境を形成する必要があります。

今後リップルの値上がりを期待するなら、銀行がリップルを導入し、本格的な運用を始めるまで待つ必要があるでしょう。

リップルの将来性

リップルは仮想通貨としては非常に優れた通貨です。使いやすさだけなら、ビットコインを遥かに上回るでしょう。それは他のアルトコインと比較しても同様です。

さらに、既に世界中の人達から注目を浴びるほど人気のある仮想通貨でもあります。一時は時価総額がイーサリアムを上回り、時価総額ランキングで2位に進出したほどです。

このように、リップルは人気実力ともにトップクラスの仮想通貨です。にも関わらず、現在の価格が低いのは、単純にまだリップルの普及が進んでおらず、流通量も少ないからでしょう。

今はまだリップルを使用する金融機関が少ないため、価値は低迷したままかもしれません。しかし、今後リップルを導入する金融機関が増え、流通量が増えれば、それに比例してリップルの価格も押し上げられるでしょう。

今はまだ下拵えをしている段階です。この準備段階が終わった時、はじめてリップルはその真価を発揮することができるのです。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。