仮想通貨のペーパーウォレットとは?その特徴を解説

仮想通貨を安全に守りたいなら、取引所ではなく、ウォレットに保管しましょう。

どれほどセキュリティレベルが高い取引所であっても、仮想通貨が流出するリスクは0ではありません。どこの取引所を使ったとしても、流出するリスクが存在する以上、資産はウォレットに移し、保管するべきです。

ただ、ウォレットといっても色々と種類があります。ペーパーウォレットとは、仮想通貨を保管できるウォレットの種類の一つなのですが、一体どのようなウォレットなのでしょう?

ここではペーパーウォレットについて、その特徴と使い方を紹介します。

ペーパーウォレットの特徴

仮想通貨といえば、ビットコインなどが有名です。ただし、知名度こそ高いビットコインですが、その実体を目撃した人は誰一人いません。なにしろ仮想通貨はデジタルな存在です。日本円のように硬貨や紙幣があるわけではなく、実体がありません。

ペーパーウォレットとは、そんな実体のない仮想通貨を安全に保管するためのウォレットのことなのですが、一体どうやって紙のウォレットに保管するのでしょう?

ペーパーウォレットのペーパーとは、間違いなく紙のことです。何かの比喩表現ではなく、本当に紙に直接仮想通貨を保存するという形態のウォレットです。

ペーパーウォレットとは、紙を媒体にしているウォレットで、実は何よりもセキュリティレベルの高い仮想通貨の保管方法です。

ペーパーウォレットを使用する場合、紙に仮想通貨の秘密鍵とアドレスを印刷することになります。この紙に印刷された情報を確認することで、ビットコインなどの仮想通貨をウォレットより引き出すことができます。

ただの白紙に100BTC分の秘密鍵とアドレスを印刷すれば、その紙には100BTC分の価値が付くことになります。

当たり前のことですが、紙はインターネットに接続できませんし、コンピュータウィルスに感染する危険もありません。ペーパーウォレットは、コールドウォレットの中でも最も堅牢なウォレットです。

ペーパーウォレットのメリットとデメリット

ペーパーウォレットのメリットとして、まずセキュリティの高さがあります。

ペーパーウォレットに保管されている以上、仮想通貨がハッキングの被害に遭うリスクは皆無です。なにしろペーパーウォレットはただの紙です。いくら天才ハッカーでも、紙にまでハッキングはできません。

仮想通貨を守りたいという人にとって、ペーパーウォレットはもっともセキュリティが強固なウォレットとなるでしょう。

さらに、ペーパーウォレットはコストが安いというメリットがあります。本来、コールドウォレットを使用するとなると、高額の外部デバイスが必要となるため、コストが高いです。

しかし、ペーパーウォレットを利用する場合、コストは紙代だけとなりますので、コストが安いです。よほど上等な白紙を購入しない限り、お金は特にかからないでしょう。

安く、しかもセキュリティレベルが高いなどのメリットがあるペーパーウォレットですが、デメリットも存在します。

まず、ペーパーウォレットはハッキングには強いのですが、物理攻撃には弱いというデメリットがあります。もしも間違えて破いてしまったり、汚してしまったり、燃やしてしまうと、二度と復元できないです。

さらに、ペーパーウォレットは入出金に時間がかかるというデメリットがあります。そのため、相場が暴落している時のような、今すぐ換金したいという時ほど使い辛いという欠点があります。

ネットからの攻撃に強い一方で、物理攻撃には弱いなど、ペーパーウォレットにはメリットとデメリットがありますので、利用する際には欠点にも配慮しましょう。

アルトコインに対応してるペーパーウォレット

ペーパーウォレットを利用するためには、特定の仮想通貨に対応しているペーパーウォレットを使用する必要があります。そのため、アルトコインをペーパーウォレットに保管する場合は、保管したいアルトコインにも対応しているペーパーウォレットを探しましょう。

仮想通貨 URL
リップル http://ripplepaperwallet.com/
イーサリアム https://www.myetherwallet.com/
ライトコイン https://liteaddress.org/
ビットコインキャッシュ https://cashaddress.org/
モナーコイン http://minashiro.net/mona/monaaddress.org_2-master/monaaddress.org.html
ネム https://forum.nem.io/t/voucher-paper-wallet-generator/2998

それぞれのサイトにアクセスし、手続きを踏むことで、アルトコインのペーパーウォレットを作成できます。

ペーパーウォレットの利用方法

一旦保管してしまえば、ハッキングの被害を受けることなく、安全に保管できるペーパーウォレットなのですが、一体どうやって利用すれば良いのでしょう?

ここではペーパーウォレットの作り方を紹介します。

「bitaddress.org」のペーパーウォレットの作り方

「bitaddress.org」のペーパーウォレットを作成するためには、まずこちらにアクセスする必要があります。

bitaddress.orgにアクセスする

サイトにアクセス後、ネットを切断し、オフラインに切り替えてください。

サイトにアクセス後ネットを切断する

中央の数値が100%になるまでカーソルを動かすと、画面が切り替わります。

中央の数値が100%になるまでカーソルを動かす

「Paper Wallet」を選択すると、画像のようなペーパーウォレットを作成できます。この時、セキュリティを強化したいなら、「BIP38 Encrypt?」にチェックを入れ、「Passphrase」を入力し、パスワードを設定してください。

ペーパーウォレットを作成する

最後に「Print」をクリックすれば、ペーパーウォレットを印刷できます。

ペーパーウォレットを印刷する

印刷が完了後、取引所より購入したビットコインをこのペーパーウォレット宛てに送金すれば、送金したビットコインをペーパーウォレットで安全に管理できます。

仮想通貨を保管した後は、絶対に失くさないように、大切に保管してください。

ビットフライヤーからbitaddressのペーパーウォレットへ送金する方法

ビットフライヤーから「 bitaddress.org」で作成したペーパーウォレットへビットコインを送金するためには、まずマイページにアクセスします。ログイン後、画面左側にある「入出金」をクリックします。

ビットフライヤーからペーパーウォレットに仮想通貨を送金する

ペーパーウォレットのアドレスと、送金したいビットコインの金額を入力します。

ペーパーウォレットのアドレスと送金額を入力する

最後に「ビットコインを外部アドレスに送付する」をクリックすると、送金が行われます。

ビットコインを外部アドレスに送付するをクリックする

ペーパーウォレットだからといって、特別な手続きが必要ということはありません。

他のウォレットと同じ手続きで送金できます。

「bitaddress.org」のペーパーウォレットの復元方法

せっかくペーパーウォレットへ仮想通貨を送金しても、取り出せないと意味がありません。保管した仮想通貨はどうやって復元すれば良いのでしょう?

ここでは「bitaddress.org」のペーパーウォレットを参考に、ビットコインの復元方法を解説します。

まず、ペーパーウォレットより仮想通貨を復元するためには、モバイルウォレットかデスクトップウォレットが必要になります。

ウォレットをスマホなどにインストールし、起動させたら、ペーパーウォレットに印刷されているQRコードをカメラでスキャンしてください。

ペーパーウォレットに印刷されているQRコードをスキャンする

スキャンをした後、ペーパーウォレットの仮想通貨をスキャンしたウォレットへインポートすることで、復元が可能です。

QRコードをスキャンするだけで復元ができますので、特に面倒な手続きは無いです。

ペーパーウォレットの利用上の注意点

ペーパーウォレットは確かにハッキングに強いというメリットこそありますが、まったく弱点がないわけではありません。

なにしろペーパーウォレットはただの紙です。もしも破れてしまったり、燃えてしまうなど、破損してしまうと、元に戻すことができません。

これがただの外部デバイスならば修理も可能なのでしょうが、一度破損してしまったペーパーウォレットを修繕することはほぼ不可能です。

たとえ紙が無事だったとしても、経年劣化によってインクが薄くなったり、文字が霞んで見えなくなると、やはり使用不可となってしまいます。

ペーパーウォレットには、外部からの衝撃に弱いというデメリットがあるため、破損しないよう常に大切に保管しておきましょう。

アドレスやシークレットキーの保管方法

ペーパーウォレットを利用するにあたり、紙に直接アドレスやシークレットキーを印刷することになります。そのため、一目見れば誰でも簡単にアドレスやシークレットキーを知ることができます。

せっかくペーパーウォレットに仮想通貨を移し、安全に保管しているのに、秘密鍵がバレてしまっては本末転倒です。印刷したペーパーウォレットは、常に人目につかない場所に保管する必要があるのですが、どのような保管方法が適切なのでしょう?

ペーパーウォレットのアドレスやシークレットキーを適切に保管したいならば、ペーパーウォレットを保管するための金庫を用意すると良いでしょう。

金庫の中にペーパーウォレットが保管されている限り、第三者にアドレスや秘密鍵を知られる可能性は皆無となります。ペーパーウォレットを金庫に保管しておけば、破損や焼失などの危険も避けることができます。

金庫の中に仕舞っている限り、ペーパーウォレットそのものを無くしてしまうなどの危険もありません。

ペーパーウォレットの弱点は、物理攻撃に弱いことです。しかし、金庫のような堅牢な空間で保管しておけば、この弱点すら無効にできるでしょう。

仮想通貨を守るならペーパーウォレットがオススメ

仮想通貨は現金と違い、実体が存在しません。そのため、現金のような保管方法は本来は叶いません。しかし、ペーパーウォレットを使用すれば、現金と同じような感覚で、金庫に仕舞うことができます。

仮想通貨には常にハッキングのリスクがあります。いくら取引所が厳重なセキュリティ体制を敷いたところで、ハッキングのリスクをゼロにすることはできません。

いつどこで仮想通貨が盗まれるかわからない以上、仮想通貨は絶対に盗まれない場所に保管した方が良く、ペーパーウォレットはそんな仮想通貨を守りたいというニーズをもっとも適切に叶えてくれる保管方法です。

ペーパーウォレットならば、ハッキングの被害を受ける心配がありませんし、悪意のあるプログラムをインストールされる危険もありません。金庫に閉まっておけば、誰にも手出しができません。

ペーパーウォレットは、まさに仮想通貨を守る上で最適なウォレットなのです。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。