ナスダックのシステムを使用した仮想通貨取引所が開設予定!

  • DX.Exchangeがナスダックのシステムを利用する
  • 技術やセキュリティ面でメリットが生まれる
  • 将来はナスダックが仮想通貨取引所を開設する可能性も

ナスダックが仮想通貨業界との連携を進める

米国のベンチャー企業向け株式市場「ナスダック(NASDAQ)」のシステムを使用した仮想通貨取引所が、2018年6月に取引を開始します。

取引所の名前は「DX.Exchange」。エストニアに拠点を置く取引所で、ナスダックのシステムを利用した初の取引所となる予定です。

DX.ExchangeのCEOであるDaniel Skowronski氏は、ナスダックとの連携には3つの利点があると述べています。

NASDAQ(ナスダック)と協働するメリット
  • ブランド名
  • 技術
  • 規制

ブランド名については自明であり、技術は世界中の70社以上の取引所で採用される技術を使えるメリットがあると説明。規制についても、ナスダックとの協働で最高レベルの規制基準を満たすことができ、二重支払いなど不正な取引を回避できるとのこと。

取り扱い仮想通貨や手数料については、次のとおりです。

DX.Exchangeの手数料・取扱仮想通貨・セキュリティ
手数料 ・取引手数料は無料
・月額10ユーロの使用料金
取扱仮想通貨 ・ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)を含む6種類
・20~25種類まで拡大予定
セキュリティ ・ナスダックのインフラを利用して、セキュリティ問題を回避
・セキュリティの専門家を雇う予定

またユーザー同士のチャットや意見交換を行える機能も搭載する予定。

NASDAQ(ナスダック)は仮想通貨市場への参入を視野にいれる

NASDAQ(ナスダック)は仮想通貨市場に積極的な姿勢をみせています。

4月26日、仮想通貨取引所のGemini(ジェミニ)との提携を発表。ジェミニはナスダックの「SMART」という監視技術を使用し、市場操作による影響の回避が可能となりました。

ナスダックCEOのアデナ・フリードマンはブロックチェーンについて好意的な発言をしています。規制が整い、市場が成熟すれば、ナスダックが仮想通取引所を開設する可能性もあると述べているのです。

ナスダックの参入が仮想通貨市場へ与える影響に、注目が集まります。

share bitters!!この記事をシェア!

tags

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。