仮想通貨モナコインの今後の価格と将来性

モナコインという仮想通貨をご存知でしょうか?

仮想通貨といえばビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルなどが有名です。仮想通貨の種類は非常に多く、有名なものから無名なものまで含めると1000種類以上存在します。モナコインもそんな数多く存在する仮想通貨の一つなのですが、知名度に関して言うとビットコインほどではありません。

では、今後の将来性は期待できないのかというと、そんなことはないです。むしろ、ビットコインほど知名度がないだけに、今後の活躍次第ではモナコインの価値は飛躍的に上がるかもしれません。

既に価格が高騰してしまったビットコインよりも、まだまだ価格が安いモナコインの方が将来の伸び代があるだけに、投資という観点から見るとビットコインよりもモナコインの方が魅力があるほどです。

では、もしもモナコインが今後値上がりするとした場合、どこまで上がるのでしょう?

今回はモナコインの特徴や課題、今後の展望などを紹介します。

モナーコインの将来性

モナーコインは数ある仮想通貨の中でも、今後の将来性を期待できるアルトコインです。

2018年5月のモナコインの価格が300円代であったのに対し、そのちょうど1年前の2017年5月時点におけるモナコインの価格は10円から20円ほどでした。たった1年で20倍から30倍以上の値上がりを記録するなど、ビットコインに負けないだけの潜在能力がモナコインにはあります。

これほど急激な高騰を見せたにも関わらず、モナコインの時価総額は未だ低く、仮想通貨の時価総額ランキングにおいてもそれほど高い位置にはいません。

ただ、それは見方を変えれば、モナコインにはまだまだ時価総額を上げられる余地があるとも言えます。なにしろモナコインは日本発の最初の仮想通貨であり、実はビットコインやライトコインなどの有名な仮想通貨にも負けないだけの優れた性能がある仮想通貨だからです。

モナコインの特徴と来歴

モナコインのモナとは、ネット上の架空のキャラクターであるモナのことです。モナのネット上での知名度はとても高く、名前を知らなくてもモナというキャラクターを見たことはあるという人は多くいることでしょう。

モナコインは2013年に匿名掲示板の2ちゃんねるで開発され、2014年より公開、流通がスタートしました。

モナコインは日本で最初に作られた仮想通貨です。

ビットコイン同様に非中央集権的な仮想通貨で、現在は有志の手によって開発が進められています。

通貨単位はMONAで、最小単位は0.00000001MONAです。

既に複数の取引所に上場しており、bitFlyer(ビットフライヤー)などで売買できます。

ブロック時間は1.5分、発行上限は1億512万MONA、半減期はだいたい三年ごとにやってきます。マイニング可能な仮想通貨で、GPUパソコンでも採掘が可能です。

公開された当初は価値が低かったのですが、徐々に知名度が上がるにつれて価格も上昇していき、2017年の仮想通貨ブームに合わせて一気に高騰しました。

モナコインは一見するとジョークコインのように思われがちですが、実際には利用用途が多く、様々な場面で使えるなど、実用性に長けている仮想通貨です。

モイ株式会社のライブ配信サービス「ツイキャス」ではビットコインのみならず、モナコインも投げ銭として使用することが可能です。

モナコインを支持するコミュニティの協力もあってか、国内でモナコインを利用できる場所はだんだんと増えています。いずれはモナコインさえあれば国内の至るところで決済ができるようになるかもしれません。

モナコインのロードマップ

モナコインはイーサリアムやリップルのような、特定の団体や組織が管理している仮想通貨ではなく、有志によって開発されている仮想通貨です。

そのためロードマップに関しても、これといった予定があるわけではないです。

モナコインは特に明確な目的があって開発された仮想通貨ではないため、今後どのように使われていくかは未知数です。

海外の展開に関しても、モナコインは日本ならではの地域仮想通貨といった特徴があるため、今後海外で使われる見込みは少ないです。その一方で、日本では人気のある通貨のため、今後とも日本国内で活発に取引されていくことでしょう。

モナコインはロードマップと呼べるようなものはありませんが、モナコインを支持するコミュニティはあります。このコミュニティの活動次第では今後、思わぬ成長を見せるかもしれません。

モナコインの課題とは?

モナコインは実はビットコインどころかライトコインよりも取引スピードが速いという、非常に強力なメリットを携えた仮想通貨です。

そのため、仮想通貨としての機能性はかなり高いのですが、ただ世界的に見るとまだマイナーなコインということもあってか、マイニングに参加している人の数が少ないです。

このマイニングの参加者が少ないという問題点が原因で、2018年5月にセルフィッシュマイニングの被害を受けました。

このセルフィッシュマイニングの影響で、各仮想通貨取引所はモナコインの取引を一時的に停止しました。その結果、一時的にですが、モナコインの売買ができなくなるなどの問題が発生しました。

セルフィッシュマイニングへの解決策

セルフィッシュマイニングを実行するためには、不正を行えるだけのパワーが必要となります。そのため、ビットコインのようなマイニングの競争が激しい仮想通貨ともなると、コストが高すぎるため、セルフィッシュマイニングができません。

ちなみに、ビットコインやイーサリアムなどの人気のある仮想通貨に対してセルフィッシュマイニングをする場合、国家予算級のコストがかかるため、現実的に不可能だとされています。

しかし、モナコインはまだまだマイニング参加者が少なく、個人でもマイニングができるほど小規模です。そのため、高額ではありますが、ある程度の費用さえかければセルフィッシュマイニングが可能となります。

今後、モナコインのマイニング参加者が少ないままだと、再びセルフィッシュマイニングの被害に遭う恐れがあるのですが、これに対してどのような解決策があるのでしょう?

今回の騒動により、各取引所は預入に必要な承認数を上げるなどして対策を講じることになりました。今後、セルフィッシュマイニングが起きたとしても、承認数が上がっている取引所であれば被害に遭うリスクは低いでしょう。

ただ、承認数を上げると、取引スピードが遅くなってしまいます。モナコインの強みはライトコイン以上に取引スピードが速いことだったのですが、承認数を上げるという対策を取り続ける限り、モナコインの取引スピードが速いという強みが失われてしまいます。

モナコインの強みを維持したままセルフィッシュマイニングに対抗するためには、モナコインのアルゴリズムをPoWからPoSに移行させる必要があります。

ただし、PoSに移行すると、今度はNothing at Stake問題が発生する危険があるため、必ずしもPoSへの移行が完璧な解決策になるとは限りません。PoSにはPoSの問題があるのです。

現状のところ、モナコインのセルフィッシュマイニングへの有効な対策は、各取引所が承認数を上げることぐらいとなります。

この課題を抜本的に解決する方法というと、ビットコインやイーサリアムのように、マイニングの参加者を増やすことです。

モナコインの普及度を高め、人気を増やすことがセルフィッシュマイニングに対するもっとも有効な対策となるでしょう。それだけに、この問題は将来モナコインの人気が高まり、価値が上がれば、自然な流れで解決されます。

モナコインがセルフィッシュマイニングの課題を解決できるかどうかは今後の人気次第ということです。

モナコインの今後の予定

モナコインの今後の予定ですが、特にアップデートやハードフォークに関する情報はないです。

ここ最近の大きな話題というと、2018年1月にアトミックスワップに成功したというニュースがネット上で騒がれました。

アトミックスワップとは、仮想通貨と仮想通貨を取引するための技術のことです。モナコインはビットコインとのアトミックスワップに成功したため、今後は取引所を介さずともユーザー同士で簡単にビットコインとモナコインの取引ができます。

取引所を利用する必要もなしに、高速の取引が可能となるため、取引が容易になるというメリットがあります。

今回のニュースで、モナコインはビットコインとアトミックスワップができる仮想通貨に成れたということもあってか、この出来事をキッカケにモナコインに対する注目度が高まるようになりました。

モナコインは今や国内のみならず、海外の取引所にも上場するようになり、今後も新たに海外の取引所に上場する可能性はとても高いです。

上場の情報は機密となりますので、その日が来るまで外部に漏れる可能性はとても低いです。ただ、今後も取引所への上場が続けば、流通量が増え、価格が高騰する可能性があります。

モナコインの将来の価格を予測

モナコインは、確かに一見するとジョークコインのように思われがちですが、実際にはライトコインよりも取引スピードが速いなど、実用性に優れた仮想通貨です。

さらに、有志によって構成されているコミュニティの力もあってか、モナコインを使用できる場所は意外と多いです。投げ銭として使える仮想通貨として有名なモナコインですが、決済用の通貨としても使用できます。

実用性にも優れている仮想通貨ですが、残念なことにモナコインを使っているユーザーの大多数は日本人です。海外の人は使っていません。そのため、優秀な仮想通貨なのですが、海外では陽の目を浴び難く、価格も低いです。

しかし、それは見方を変えると、海外での注目度さえ集めることができれば、まだまだ価値を上げられる余地があることを意味しています。

2017年の仮想通貨ブームより、世界中の人達が仮想通貨に興味を抱いており、その中にはモナコインも含まれています。

今後、モナコインの価値が上がる可能性は非常に高いです。

2020年までには、1万円以上まで価格が上がる可能性があります。

1万円以上になると予想する理由

モナコインが2020年までに1万円以上の価値を付けると予想する理由として、まず2020年に開催予定の東京オリンピックの存在が挙げられます。

オリンピックが開催される頃には、世界中の人達が日本に集まるでしょう。その際に、日本人のみならず、外国人もモナコインを利用する機会が増えることが予想されます。

確かに世の中には沢山の仮想通貨が存在します。しかし、日本で広く使える仮想通貨というと、ビットコインを除くとモナコインぐらいです。なにしろモナコインは日本発の仮想通貨のため、有志も多く、コミュニティの活動もあってか利用できる場所も多いです。

代表的な仮想通貨がビットコインならば、モナコインは日本を代表する仮想通貨なのです。

次に、価格が上がると予想する二つ目の理由なのですが、モナコインは性能面で見ればライトコイン以上のスペックがあり、将来的にはそれに匹敵するほど時価総額が上がってもおかしくはないからです。ライトコインの時価総額というと、だいたい7000億円以上です。

そして、現在のモナコインの発行枚数はだいたい6000万枚ほどです。もしも将来、モナコインの時価総額がライトコインと同額まで上昇すると、1MONAあたりの価値は1万円を越えます。

モナコインがビットコインほどの時価総額を実現することは難しいです。しかし、ライトコインと同額程度の時価総額であれば、実現できる可能性はとても高いです。

今後、海外の人達がモナコインに注目し、投資をするようになれば、2020年までには1MONAあたりの価格が1万円を越えたとしてもおかしくはないでしょう。ライトコインにできたことならば、モナコインでもできたとしてもおかしくはないです。

モナコインの価格が上がる出来事やイベント

今後、どのようなイベントや出来事があれば、モナコインの価格が上昇するのでしょう?

まず、モナコインの価値を高めるような出来事があれば、その影響で価格が上がる可能性はとても高いです。

実際、モナコインがビットコインとのアトミックスワップに成功した当時、モナコインの価格が高騰し、一時は1MONAあたり2000円まで値上がりしました。

今後も、モナコインにとってプラスになるようなニュースが続けば、モナコインの価格はさらなる高騰を見せるでしょう。

さらに、モナコインは日本発の仮想通貨です。そのため、日本への注目度が高まれば、それに比例してモナコインの価格も上がる可能性があります。

2020年には東京オリンピックを控えているだけに、モナコインは2020年に上昇する可能性はとても高いでしょう。

2018年5月にモナコインに対してセルフィッシュマイニングによる攻撃が行われたなど、ネガティブなニュースが流れました。それがキッカケとなり、一時的にモナコインの価格は下がりました。

しかし、下落といってもそれほど大きな下落ではありませんでした。それどころか、1ヶ月と経たないうちにモナコインの価格は戻りつつあります。

仮想通貨のニュースというと、ポジティブな話題ばかりではありません。時にはネガティブなニュースが流れることもあります。モナコインはネガティブなニュースが流れても、さほど大きく下落しない仮想通貨です。

ネガティブなニュースが出ても価格が下落し難い一方で、ポジティブなニュースに反応しやすいモナコインは、投資をするにはうってつけの仮想通貨となります。

モナコインの今後

モナコインは今後、価格が上がるかどうかは誰にもわかりません。ただ、将来性に関して言えば、有望な仮想通貨です。

まず、モナコインは日本初の仮想通貨ということもあり、知名度があります。さらに、モナコインを盛り上げたいと考える有志によるコミュニティもあるため、今後とも取引される可能性はとても高いです。

仮想通貨が今後も価値を継続できるかどうかは、実需の有無に依存します。使い道があるモナコインは、今後とも価値を有し続けることができるでしょう。

そればかりか、2020年の東京オリンピックを皮切りに、世界からの注目が集まるようになれば、ますます投資が増え、価値が上がるかもしれません。

どの仮想通貨が将来値上がりするのか、それは誰にもわかりません。ただ、モナコインに関して言えば、値上がりする可能性が非常に高く、将来が有望です。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。