マスターカードがブロックチェーンを活用し、偽造ID対策を行う!

  • マスターカードが身分情報の保管・確認にブロックチェーンを活用
  • 身分情報の偽装・偽造IDに対抗する
  • マスターカードはブロックチェーンシステムに積極的な姿勢をみせている

マスターカードがブロックチェーンの特許を申請!特許申請は過去にも

マスターカードは身分情報の保管・確認にブロックチェーンを用いるシステムの特許を申請しました。

ブロックチェーンを活用することで、顧客の身分情報を分散して管理し、「データの不正利用」や「偽造IDの作成」を防ぐ方針。

マスターカードが使用するブロックチェーンは「プライベート型(非公開)」です。

プライベート型は、ビットコインで用いられる「パブリック型」とは異なり、非公開のブロックチェーン。

マスターカードから権限を与えられた参加者(ノード)だけがブロックを形成できるため、不正利用に対し、より効果があるようです。

マスターカードはブロックチェーン関連の特許を次々と申請している!

マスターカードは以前からブロックチェーンに対して、積極的な取り組みを行っています。

2017年10月には、ブロックチェーンを活用した企業間決済システムの導入を発表。今年の4月には、アイルランドでブロックチェーン技術の専門家を新たに175人採用すると発表しています。

マスターカードは仮想通貨には反対していますが、ブロックチェーンについては今後も導入を進めていく方針のようです。

ブロックチェーンの活用により、クレジットカード決済がどこまで安全で効率的になるのか注目が集まります。

share bitters!!この記事をシェア!

tags

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。