ライトコインの特徴と将来性を解説!ビットコインとの違いとは

ライトコイン(litecoin)は、ビットコイン以外の仮想通貨、いわゆるアルトコインの一種で単位はLTCです。

ビットコインの公開以降、アルトコインが数多く生まれていますが、ライトコインはその中でも早く、ビットコイン発行から2年後となる2011年に誕生しています。

「ビットコインが金なら、ライトコインは銀」と、開発意図も明確なライトコインの特徴や、ビットコインとの違い、これまでの動向、そしてこれからについて解説していきます。

ライトコインの特徴は?ビットコインとはここが違う!

ビットコインにはサトシ・ナカモトという人物が開発者といわれていますが、実際にどういう人物なのか、はたまた特定の個人ではなく複数の人間がかかわるプロジェクトの名前なのかもよくわかっていません。

それに対し、ライトコインの開発者ははっきりしています。

元Google社のエンジニアで西海岸を拠点に活動するエンジニアのチャーリー・リー氏です。

ライトコインがビットコインよりも優れているのは、取引承認スピードの速さです。

ビットコインのプログラムでは、10分ごとに取引がひとまとめにされて承認されるという設計になっています。

現実の決済や口座送金のシチュエーションを考えると、10分はちょっと長い、というのが正直なところではないでしょうか。

ライトコインでは、ビットコインのこの欠点を改良し、取引承認にかかる時間を4分の1の2分30秒に短縮しました。

開発者であるリー氏は、「ビットコインが金なら、ライトコインは銀を目指した」と発言しています。

インフレ抑制?ライトコインにも半減期が設定されている

ビットコインを始め、ほとんどの仮想通貨には半減期というものが設定されています。

半減期とは、簡単にいえば、マイニングにより報酬としてもらえる仮想通貨が半分になるということです。

マイニングによって仮想通貨の流通量が増えていくと、通貨自体の価値は下がります。すなわち、インフレになるということ。

そのため、定期的にマイニングでもらえる仮想通貨の新規発行量を減らすことによって、仮想通貨の供給量をコントロールしているのです。

ライトコインは、2015年8月に最初の半減期を迎え、次回の半減期は2019年8月を予定しています。

なお、ライトコインにもビットコイン同様に発行枚数に上限が設定されており、その数は8,400万枚とビットコイン(2,100万枚)の4倍となっています。

ライトコインが2017年に高騰したのはセグウィットが理由?

2017年になってライトコインの相場が、一気に高騰しましたが、その大きな要因の一つがsegwit(セグウィット)の導入であるという人もいます。

セグウィット?はじめて聞きました!
セグウィットとはなにかを理解するには、仮想通貨の基本となっている「ブロックチェーンの仕組み」を把握している必要がある!ブロックチェーン技術とともに解説するぞ!

ブロックチェーンは、取引データをひとまとめ(ブロック)にして暗号化し、その暗号を誰かが解くことで取引が承認され、さらにまた次の取引データへとつなげていくというのが基本の考え方です。

一つのブロックに収められるデータ量は決まっているので、取引量が少なければ問題ないのですが、取引量が増大すると、処理待ちになる取引データもでてきて、なかなか承認されなくなってしまいます。

そこで、入れ物の大きさが変えられないのなら、中身を圧縮して小さくしてしまえ、というのがセグウィットの考え方です。

セグウィットには良い面だけでなく、悪い影響もあることから、ビットコインの場合にはセグウィットの導入について、主導権を握るマイナー(マイニングを行う人)間で意見が分かれました。

この結果、ビットコインとビットコインキャッシュの二つに分裂するという、いわゆるハードフォークが行われる結果となったのです。

ライトコインの場合には、マイナーにセグウィットの導入にあたり賛成か反対かについて投票を依頼。約75%が賛成したことから、スムーズに導入が決まりました。

これによりビットコインよりも取引承認スピードが速い、というライトコインの特徴は保たれることになったことが、評価は高めたといわれています。

2017年に大ブレイク!チャートで振り返るライトコインの歴史

それでは、ここでこれまでのライトコインの歴史について、チャートの動きから説明していきましょう。

2011年にリー氏が開発し、スタートしたライトコインですが、相場に大きな変化があったのは、2017年になってからのことです。

それまでにも2013年のキプロス危機の際、仮想通貨全体が注目されたことや、2015年に半減期を迎えた際にピンポイントで相場が動いたことはあったものの、基本的にはずっと低空飛行の状態のままでした。

それが、仮想通貨元年になるといわれた2017年に入ると、状況が一変しました。

2017年のチャートで特に大きな動きがあったのは4月、8月及び11月です。

2017年4月の高騰はセグウィットの影響

2017年の高騰ですが、これは先に述べたとおり、ライトコインがセグウィットを実施したことによるものと考えられています。

もちろん、4月から仮想通貨に関する法律が施行され、メディアなどで仮想通貨が取り上げられる機会が増えたことも影響としては大きいでしょう。

8月はビットコイン分裂の余波

8月はライトコインそのものに大きな動きはありませんでしたが、仮想通貨全体でみるとビットコインの分裂問題が大きく影響したといえるかもしれません。

ビットコインの先行きに不安を抱いたユーザーが、ライトコインや他の仮想通貨に流れたのではないか、と言われています。

11月はビットコインの高騰がライトコインにも影響

11月になり、分裂騒動も収まったことからビットコインが高騰し、ついに1BTCが1,000,000円を越え、それに引きずられるようにライトコインも1LTCが10,000円を突破します。

ライトコインはビットコインにキャラクターが近いことから、相場の動きにもビットコインの影響を受けざるを得ない運命にあるようですね。

その後、12月には1LTCが30,000円台にまで到達しますが、年が明けてからは相場も落ち着き、2018年3月4日現在で約22,000円となっています。

ライトコインを購入したい!どの仮想通貨取引所で扱っているの?

ライトコインを購入したい、と思い立ったら、まずは仮想通貨取引所に登録するのが先決です。

仮想通貨取引所には、自社で所有している仮想通貨を販売する販売所と、仮想通貨を売りたい人と買いたい人を仲介する取引所の2種類の業態があります。

国内で日本円でライトコインを購入できるのはビットフライヤー、GMOコイン及びBTCボックス。ビットバンクとビットトレードについては、ビットコインによる購入になります。

ライトコインが欲しいならマイニングという手もある

ライトコインは、取引承認時間を短縮化するために、承認作業の難易度がビットコインよりも低く設定されています。

ビットコインではすでにマイニングが一大産業化し、電気代の安い中国の奥地に工場のような場所を作り、そこで大量のコンピューターがずっと稼働している、という状況になっています。

しかし、ライトコインであればまだまだマイニングにより入手するのも可能です。

マイニングに挑戦するのであれば、他の仮想通貨同様に、まずはウォレットを用意することから始めましょう。

購入の時同様に、仮想通貨取引所のウォレットを利用する他に、パソコンに外付けして記録するハードウェアウォレットを利用する方法もあります。

利便性では仮想通貨取引場、安全性ではハードウェアウォレットとそれぞれメリットデメリットがあるので、うまく使い分けるようにしましょう。

パソコンは普通のもので大丈夫、という方もいますが、少なくともゲームなどで使用するグラフィックボード(GPU)は装備しておいた方が無難です。

マイニングには個人で行うソロマイニング、複数人で協力して行うプールマイニング、そしてマイニング代行サービスとでも呼ぶべきクラウドマイニングの3種類の方法があります。

ソロマイニングでは、報酬が100%自分のものになる点は魅力的ですが、それなりにスペックの高いパソコンやGPUが必要な上、パソコンをずっと稼働させることになるので、電気代や熱、騒音といった問題も無視できないレベルになってしまいます。

プールマイニングは、マイニングプールという参加者が集まるサイトに登録して行いますが、ソロマイニングに比べると負荷は低いものの、電気代はそれなりにかかりますし、報酬も当然山分けです。

クラウドマイニングは、最もお手軽な方法で、専用のサイトに登録して入金してあとは待つだけです。

利益は参加者に分配されるのですが、それが当初に入金した額に見合ったものになるかどうかはわかりませんし、中には詐欺まがいのサイトも横行していることから注意が必要です。

マイニングすれば報酬としてライトコインが手に入ることは確かですが、それが投資に見合ったものになるかどうかは、また別の話です。

初期投資とランニングコスト分でライトコインを購入していた方が利益が出ていた、ということも十分に考えられます。

ライトコインの開発者がライトコインをすべて売却したってほんと?

ライトコインの開発者は、先にも述べたとおりチャーリー・リー氏ですが、その彼が2017年12月に、保有しているライトコインをすべて売却した、と明らかにしたことは驚きをもって受け止められました。

その理由についてリー氏は、「利益相反を避けるため」と説明しています。

ライトコインの開発者であり、大量のライトコインを保有しているリー氏が仮想通貨について、個人的なコメントをしても、それによりライトコインの相場が上下し、ひいては仮想通貨市場全体に影響を与えることになってしまうのを懸念したようです。

ただし、リー氏はライトコインを見限ったわけではなく、開発には引き続き全力で携わることを表明しています。

なお、リー氏がライトコインを売却した時点で、ライトコインの価格は、2017年当初に比べ75倍にまで跳ね上がっていました。

リー氏が売却したライトコインの数量は明らかにされていないのですが、相当な金額に上ったことは確かです。

売却で得たお金の使い道について、リー氏は「すべて寄付した」と述べており、このことがライトコインへの評価を上げることになった、という意見もあります。

ライトコインの利用拡大の命運を左右する?LitePalとは

LitePalというライトコインを使った決済サービスも2018年後半に開始予定とされています。

LitePalはPaypalやウエスタンユニオン、ビットコインとの互換性をもつ決済プラットフォームになる、といわれていますが、どういったサービスになるのか、詳細はまだ明らかになっていません。

いずれにせよ、ライトコインで実際の買い物やレストランなどでの支払いができる機会や場所がほとんどないまま、相場だけが高騰している現状は健全とはいえないでしょう。

LitePalの成功が今後のライトコインの命運を握っているといっても、大げさではないかもしれません。

ライトコインが分裂?ちょっと怪しいライトコインキャッシュ

ビットコインキャッシュが分裂(ハードフォーク)してビットコインキャッシュが誕生したように、ライトコインからもライトコインキャッシュが生まれました。

ただし、ビットコインの時のように、なにか解決すべき問題があったわけではあく、分裂後の仕様も、正直、大差はありません。

さらに、ライトコインの開発者であるチャーリー・リー氏はライトコインキャッシュの存在を認めておらず、「詐欺」とまで言って非難しているほどです。

ライトコインキャッシュの公式サイトをみても、情報量が非常に少ないのが気になります。

ハードフォークによってライトコインを保有している人を対象に、無料でライトコインキャッシュを付与するようですが、そのためにはサイトで秘密鍵を入力する必要があります。

秘密鍵は不正流出にもつながることから、安易に第三者に教えるものではないので、ライトコインキャッシュについては少し疑ってかかった方がよいのではないでしょうか。

ライトコインはこれからどうなる?将来性を知りたい!

昨年末の高騰と年が明けてからの大暴落やコインチェック問題など、仮想通貨をとりまく状況は日々刻々と変化しており、正直、なかなか予測は困難です。

その中で、ライトコインの強みはなんといってもビットコインの改良版であることで、開発者によりアップデートが随時行われている点にあります。

日常生活で利用するのであれば、ビットコインよりもライトコインの方が使い勝手の良さで上なのは明らかです。

まずは、利用できる店舗が増えるなど、現実決済手段としての利用拡大が図れるかどうかにかかっていると言えるでしょう。

使い勝手の充実がカギ!ライトコインは周辺情報もチェックを

仮想通貨が投資目的から、現実の決済手段に変わっていけば、ライトコインはビットコインに変わって仮想通貨の主役となりうる可能性を秘めているのではないでしょうか。

そのためにもLitePayやLitePalといった、ライトコインがリアルな決済手段の主流となるような関連サービス充実は必須ですね。

これからはライトコインのチャートだけではなく、周辺状況についても欠かさずチェックしておきたいですね。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。