LINEがブロックチェーンに関わる子会社と専門組織を設立!

  • LINEがブロックチェーン技術に関わる子会社と専門組織と設立
  • 既存のLINEサービスとブロックチェーン技術との連携を目指す
  • 5月には野村ホールディングスとの共同会社「LINE証券」を設立予定

LINEがブロックチェーン業界に本格参入!5月にも新会社設立予定

LINEがブロックチェーンに関わる「子会社」と「専門組織」を相次いで設立しました。

1LINEとブロックチェーンの融合を目指す、子会社「Unblock(アンブロック)」

4月2日、LINEはUnblock(アンブロック)という子会社の設立を発表しました。

Unblockはブロックチェーン技術を扱う会社であり、LINE内の様々なサービスとブロックチェーン技術との連携を目指しています。

LINEはUnblockの設立でブロックチェーン市場に本格的な参入をするようです。

2ブロックチェーン技術の研究を行う専門組織「LINE Blockchain Lab」

4月5日、LINEはブロックチェーン技術を研究する専門組織「LINE Blockchain Lab」の設立も発表しました。

この専門組織はブロックチェーン基盤技術の研究・開発や応用サービスの開発・提供を目指しているとのこと。

LINEは1月に「LINE Financial株式会社」という新会社を立ち上げており、専門組織で研究・開発された技術は、この新会社での利用も予定されています。LINEを使用した仮想通貨の交換や、ローン、保険など多様な金融サービスの提供が予定されているようです。

LINEの金融業界への参入

LINEは1月の「LINE Financial株式会社」設立から、金融業界への参入を始めています。

LINEの金融分野に対する動向(2018年)
月日 出来事
1月31日 「LINE Financial株式会社」を設立したと発表
3月28日 野村ホールディングスとの業務提携検討を開始
4月2日 「Unblock(アンブロック)」の設立を発表
4月5日 「LINE Blockchain Lab」の設立を発表
5月末 「LINE証券」を設立予定(野村ホールディングスとの共同出資)

3月末には野村ホールディングスと業務提携の検討を開始したと発表し、5月には両社共同で、「LINE証券」を設立予定。

「LINE証券」では、LINE上での株式や投資信託の販売金融サービスの提供を行うようです。

LINEは日本国内で圧倒的に利用者の多い対話アプリ。そのLINEが仮想通貨・金融業界に参入することで、どのような影響があるのか、今後の動向に注目です。

share bitters!!この記事をシェア!

tags

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。