Googleが仮想通貨の広告掲載禁止へ!ビットコインの価格は急落

  • Googleが2018年6月から、仮想通貨関連の広告掲載を禁止すると発表
  • 対象となるのはICO、為替、ウォレットなど仮想通貨関連のコンテンツ
  • この発表の直後、ビットコインの価格が下落しました

Googleが仮想通貨の広告掲載を全面的に禁止すると発表

Googleは金融サービスに関する広告掲載のポリシーページを改定。2018年6月から、仮想通貨に関連するコンテンツの広告掲載を禁止すると発表しました。

対象は次のようなものをはじめとした、仮想通貨に関連するコンテンツです。

Googleで広告掲載が禁止される仮想通貨関連コンテンツ
  • ICO(イニシャル コイン オファリング)
  • 仮想通貨為替
  • 仮想通貨ウォレット
  • 仮想通貨投資へのアドバイス

Googleが今回の措置に踏み切った理由は、ネット上で行われる仮想通貨を用いた悪質な行為から、Googleの利用者を保護するためだとみられます。

仮想通貨市場では、プロジェクトの実態がないICOや取引所に似せて作られたフィッシングサイトなど、詐欺的な行為が増加中。

仮想通貨の広告掲載が禁止されることで、詐欺による消費者の被害拡大を防ぐことが期待されます。

またGoogleは2017年の1年間で、32億件を超える「悪質広告」を排除したことも発表。広告によってユーザーが被害に遭わないよう対応しているようです。

広告掲載の禁止は6月からですが、この発表の直後、ビットコインの価格は9,000ドルを下回る安値に。同時にアルトコインの価格も下落しています。

すでにフェイスブック(Facebook)も、同様の措置を2018年1月に発表済み。ツイッター(Twitter)も2018年3月26日に仮想通貨関連の広告を一部禁止する方針を発表し、27日より措置を開始しています。

インターネット広告市場で6割以上のシェアを持つ2社が、仮想通貨の広告掲載を禁止したことで、今後の仮想通貨市場の動向がさらに注目されます。

share bitters!!この記事をシェア!

tags

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。