GMOコインが貸仮想通貨のサービスを開始!10BTCから申込可能

  • GMOコインが貸仮想通貨のサービスを開始
  • ビットコインをGMOコインに貸し出すことで、利息を受け取れる
  • 貸出期間は90日で、10BTCから申し込み可能

GMOコインがビットコインの貸仮想通貨サービスを提供開始!

4月11日、GMOコインは「貸仮想通貨」のサービスを開始すると発表しました。

「貸仮想通貨」はユーザーが保有する仮想通貨を貸し出すことで、貸し出した数量に応じた利息の受け取りが可能です。

仮想通貨は価格の乱高下が激しいですが、貸仮想通貨サービスを利用することで、安定した利益を上げられます。

今回GMOコインが発表した「貸仮想通貨」の内容は次のとおり。

GMOコインの貸仮想通貨サービスの概要
申し込み期間 ・2018年4月11日~2018年5月2日
・募集上限を超えた場合は抽選
対象通貨 ・ビットコイン(BTC)
申込単位 ・最小申込数量:10BTC
・最大申込数量:100BTC
満期 ・90日間
賃借料(利息) ・10BTCにつき、0.12328767 BTC(年率5%に相当)
中途解約 ・可能※
・解約手数料を引いた仮想通貨が返金される
※解約を希望する日の17時までに、GMOコインの問い合わせフォームから連絡

現在日本国内で「貸仮想通貨」の申し込みを受け付けているのは、GMOコインのみ。

コインチェック(Coincheck)はサービスを停止しており、ビットバンク(bitbank)は4月からサービス開始予定です。

GMOコインも、対象の仮想通貨は現在ビットコインのみで、申し込み数量も10BTCからと、参加のハードルが少々高くなっています。

今後は最小申込数量の緩和や、アルトコインの貸出といったサービス内容の拡大も期待されるでしょう。

share bitters!!この記事をシェア!

tags

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。