GMOコインの入金方法の手順を解説!反映時間や手数料に注意

GMOコインは数ある仮想通貨取引所の中でも、特に人気度の高い取引所です。

東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ企業ということもあり、どこよりも安心して利用することができます。

取引所を探しているけれど、どこを使用すれば良いのかわからない、そんな悩みを抱えている人にほどGMOコインはオススメです。

ここではGMOコインを利用するにあたり、入金の方法やフロー、注意点などを解説します。

GMOコインの入金方法は?

GMOコインで仮想通貨の取引をするためには、まず日本円を入金する必要があります。GMOコインと提携している銀行であれば、問題なく取引所へ入金することができるでしょう。

GMOコインの入金方法は、即時入金と振込入金の二種類となります。

クレジットカード入金やコンビニ入金などの入金方法はありません。(2018年4月2日時点)。ただし、提携している銀行の口座があれば、どこよりもスムーズに入金できます。

即時入金をする場合、ペイジー入金も可能となります。ただし、ペイジー入金が可能な金融機関は、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行のみとなりますので、提携している金融機関の口座を持っているのか、事前に調べておきましょう。

提携外の金融機関を通じて入金をする場合、GMOコインへの入金方法は振込入金だけとなります。

即時入金のやり方

即時入金とは要するにクイック入金のことで、この入金方法を利用すると、24時間365日、いつでも入金が可能です。

最低入金金額は1000円以上で、入金手数料は無料となります。

反映時間がほとんどかからず、入金の手続きをすると即座に入金できるという利点があります。さらに、振込入金と違って振込手数料がかかりませんので、即時入金はもっとも低コストかつスピーディな入金方法となります。

即時入金をするためには、まずGMOコインの公式サイトにアクセスし、マイページにログインします。

GMOコインの公式サイトにアクセスし、マイページにログイン

ログイン後、マイページにアクセスしたら、左側にある入出金欄のうち、「日本円」をクリックします。

左側にある入出金欄のうち、「日本円」をクリック

「即時入金」の欄のうち、「楽天銀行」、「住信SBIネット銀行」、「その他の銀行(Pay-easy)」の中から一つを選択します。

GMOコインの「即時入金」の種類を選ぶ

選択後、空欄に入金額を入力し、「入金開始」をクリックします。

空欄に入金額を入力し、「入金開始」をクリック

入金開始をクリック後、それぞれの金融機関のIDやパスワードなどを入力することで、即時入金が始まります。

これらの手続きが終了後、本当に取引口座への入金が行われているのか確認しておきましょう。即時入金の場合、ほとんど時間をかけずに入金できるため、すぐに入金結果を確認できます。

振込入金のやり方

GMOコインに入金するにあたり、提携外の銀行口座しか持っていない場合、振込入金で日本円を入金することになります。

振込入金をする場合、「入出金」の日本円のページにアクセス後、「振込入金」をクリックします。次に、「振込入金先銀行口座情報」を確認後、お客様専用口座へそれぞれの金融機関より入金してください。

「入出金」の日本円のページにアクセス後、「振込入金」をクリックし、お客様専用口座へそれぞれの金融機関より入金

振込入金の場合、即時入金と違って入金結果が反映されるまでに時間を要します。入金が反映されるのは、遅くても翌営業日の10時までとなりますので、入金する際には早めに行動した方が良いでしょう。

入金にかかる手数料は?

GMOコインに入金する場合、即時入金ならば完全に無料です。

手数料無料で入金できるの?お得じゃん!
ただし振込入金の場合は振込手数料を負担しなければならない!もしGMOコインと提携している銀行の口座があるなら、即時入金を使った方が低コストで済むということだな!

即時入金が可能な金融機関とは?

即時入金はGMOコインのクイック入金のサービスで、利用すると24時間いつでも即時に入金することができます。振込入金と違い、土日や祝日などの銀行の営業時間外であっても入金ができるというメリットがあります。

さらに、振込手数料も無料になるため、振込入金よりも安いというメリットがあります。このように、即時入金はメリットの多い入金方法なのですが、利用できる金融機関が限られているので注意が必要です。

即時入金に対応している銀行は、「楽天銀行」と「住信SBIネット銀行」のみです。

この2行以外にも、ペイジー入金ならば即時入金に対応しています。ただ、GMOコインのペイジー入金に対応している金融機関は、「みずほ銀行」、「三井住友銀行」、「三菱UFJ銀行」、「りそな銀行」、「埼玉りそな銀行」だけであり、これ以外の金融機関には対応していません。

  1. 楽天銀行
  2. 住信SBIネット銀行
  3. みずほ銀行
  4. 三井住友銀行
  5. 三菱UFJ銀行
  6. りそな銀行
  7. 埼玉りそな銀行

GMOコインでクイック入金のサービスを利用する場合、ここで紹介した金融機関の口座が必要となります。

入金されない場合の対処法

GMOコインに入金したにも関わらず、入金できない、もしくは遅れている場合、どうしたら良いのでしょう?

まず、入金されていない場合、単純に遅れているだけの可能性があります。特に振込入金は即時入金と違って時間がかかるため、しばらく様子を見た方が良いです。

入金にかかる時間

GMOコインの即時入金を利用した場合、手続きが完了次第、即座に入金が行われます。そのため、入金の手続きをしたにも関わらず、24時間以内に入金が行われないようであれば、何かしら問題が発生したと考えた方が良いです。

ただし、振込入金の場合、即時入金ほど早くはできません。どうしても時間がかかってしまうため、最低でも2営業日は待った方が良いです。

振込入金は平日に振り込む場合と、土日祝日に振り込む場合とで、かかる日数が異なります。

平日と違って土日祝日に振り込む場合、その振込は翌金融機関営業日扱いになりますので、どうしても遅くなってしまいます。

平日に振り込む場合、午前9時までに振込が完了すれば、当日の10時までに入金が反映されます。

9時を超えてしまった場合、当日の90分以内までに入金が反映されます。

ただし、振込入金の時間が17時を超えてしまった場合、翌営業日の10時までに入金が口座に反映されます。

そのため、できるだけ早く反映させたいのであれば、平日の9時前までに振り込むと良いでしょう。

入金できない原因と対処法

入金の手続きが完了したのに、入金できない原因とは何があるのでしょう?

まず考えられる原因として、手続きのミスがあります。例えば振込入金をする場合、入金先を間違えたりすると、口座に入金されないため、いつまで待っても口座に反映されないでしょう。

なかなか入金が反映されない時は、一度手続きにミスがないか、確認してください。特に、口座名義人の名前などを間違えると、入金がいつまで経っても反映されないので、振込入金の際には手続きに間違いがないか、よく調べてください。

このような手続き上のミス以外にも、単純に銀行が三連休に入ってしまい、手続きができないなどの原因が考えられます。

特に、月曜日が祝日で三連休だと、金曜日に入金してもすぐに反映されず、次の火曜日まで待たされる可能性があります。そのため、入金をするのであれば金曜日は避け、木曜日までに入金すると良いでしょう。

たとえ祝日のない日であっても、5日と10日、週始め、祝日明け、そして月末は金融機関が混みやすい時間帯のため、手続きをしても遅れる場合があります。

振込入金は様々な理由で反映が遅れる可能性がありますので、やはり入金する際には即時入金を使った方が良いでしょう。

振込入金をしたのですが、5営業日経過しても入金が反映されないんです!どうしたらいいんでしょう?
原因は色々考えられるから断定はできないぞ!振込先口座にも間違いないなら、GMOコインにお問合せしたほうがいいだろう。

即時入金がオススメの理由

GMOコインに入金をする場合、できるだけ即時入金を使った方が良いです。

というのも、振込入金と違い、即時入金の場合、手続きのほとんどがネット上で完結しているため、手続き上のミスが滅多に起こらないからです。

なにより、土日や祝日であっても即時入金ならば入金することができるため、週明けで銀行が忙しいから遅れるといったトラブルも少ないです。

入金が遅れるといった面倒なトラブルを避け、確実に口座に反映させたいのであれば、即時入金を利用しましょう。

入金時の注意点

振込入金をする場合、名義人が違うなど、ちょっとした手続きのミスが原因で反映されないことがあります。そのため、手続きでミスがないように注意しましょう。

さらに、振込入金は銀行の事情で反映が遅れることがありますので、入金の手続きをする際にできるだけ早めに振り込んだ方が良いです。そうでないと、せっかくの取引チャンスを、入金の遅れが原因で逃してしまう恐れがあります。

このようなトラブルを回避するためには、即時に、そして確実に入金できる即時入金がオススメなのですが、ただ即時入金できる金融機関の数はそれほど多くはありません。

即時入金をする際には、所有する銀行がGMOコインと提携しているのか、事前に確認しておきましょう。

もしも提携している銀行の口座を持っていないのであれば、楽天銀行か住信SBIネット銀行の口座を開設しておきましょう。残念ながら、GMOコインはジャパンネット銀行には対応していません。それはペイジーを利用する場合も同様です。

ネット銀行を経由して即時入金をしたいなら、楽天銀行か住信SBIネット銀行のどちらかとなります。

GMOコインは入金しやすい取引所

他社と違って、GMOコインは非常に入金しやすい取引所です。

まず、入金にかかる手数料は基本的に無料のため、ノーコストで口座に日本円を入れることができます。

さらに、即時入金のスピードが非常に速いため、遅滞なくすぐに取引できるという強みがあります。

GMOコイン以外にも、クイック入金のサービスを用意している会社はありますが、GMOコインと比較すると反映までに時間がかかることが多いです。

その点、GMOコインは即時入金の手続きを完了させると、本当にすぐに入金をしてくれるので、非常に助かります。

このように、どこよりも早く入金を反映させたいのであれば、GMOコインはオススメの取引所です。ただ、提携している銀行の数が少ないので、GMOコインの口座を開設する際には同時に楽天銀行もしくは住信SBIネット銀行などの口座を同時に開設すると良いでしょう。

既に提携銀行の口座がある人からすると、GMOコインはとても入金しやすい取引所です。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。