Factom(ファクトム)の特徴とは?投資状況や相場も解説

Factom(ファクトム)は2015年にローンチされた、ブロックチェーン関連サービスです。

わかりやすく説明するなら「ビジネス文書や資産を、ブロックチェーンで管理することを目的に作られた」システムと、その上で使われるトークンであると言えます。

ファクトム?なにそれ変な名前!
「事実」という意味の英単語「Fact」が由来だと知ると覚えやすいだろう!

文書管理や認証システムに特化しているため、仮想通貨関連では珍しく行政や公共サービスなどの分野で注目されているんだ。

この点もあわせてファクトムがどんな仮想通貨かをしっかり解説していくぞ!

変更のできない分散型公証システム

Factom(ファクトム)は、変更のできない分散型公証システムを提供することにより、現実世界のビジネスにおける問題を解決するための、新しいブロックチェーン技術を採用しています。

このファクトムを利用することで、様々な情報管理が非常に低コストで実現します。

ファクトムの分散元帳の技術は、仮想通貨で最も有名なビットコインのブロックチェーンの上に、「データレイヤー」という層を作成し、そこに電子データや書類を記録して分散管理する仕組みになっています。

ビットコインのブロックチェーンにはデータのハッシュのみをブロックチェーンに書きこみ、平文で個人情報などを書き込むことはしません。

仕様では、ファクトム・ブロックチェーン、ビットコイン、イーサリアム、合わせて3つのチェーンが利用されることになっています。

さらに暗号分離技術を使用し、ぎゅっと要点を圧縮して、わずか1ハッシュでブロックチェーン内の数百万のリアルタイムレコードを保護することができます。

このようにしてブロックチェーンに刻み込まれた情報を変更、削除などをするのはほぼ不可能です。

ファクトムのテクノロジーは、蓄積されたデータの完全性が損なわれないようにし、透明性を保つのみならず、高度にデジタル化された現代社会でユーザーの個人情報を保護することで、所謂「記録保管の分散化」を実現するのです。

実際、最近ではビジネスの世界で「ファクトム」の名が良くあがるようになりました。その理由の一つに、「情報漏洩リスクが極めて低い」という点があります。

ビットコインのブロックチェーンを考えると、これは世界中にあるコンピュータにまったく同じブロックチェーンの記録が残っています。

一般的な社内・政府のデータベースとは異なり、その情報はインターネットに分散され、改ざんや消去などの行為は、世界中のビットコインウォレットの入っている全てのコンピュータを1台残らず破壊しない限り、不可能なことです。

このシステムは、改ざんされてはならない重要な書類、例えば金融取引、医療記録、サプライチェーンの管理、投票の情報、財産権、公文書など、幅広い分野での利用にぴったりだと言えるでしょう。

Factom Harmony(ファクトムハーモニー)とは何か

皆さんも実感があると思いますが、電子メールや文書ファイルというものは、やろうと思えばちょっとした方法で容易に内容を変えることができます。

世にはびこる「違法コピー」の音楽ファイルや映像ファイルなどを見てもわかるように、いくらでも複製ができます。(コピーできなくしてある映像コンテンツなども近年は多くなりましたが)

コンピュータを使って文書作成したり、デジタル化して情報を管理するのは便利な反面、そのデータの保全には非常に手間やコストがかかるのです。銀行や政府などではそのため、膨大なコストをかけて情報の保全・管理を行っています。

ファクトムは上記のように、文書認証・証明、電子的記録やログの保管のため、ビットコインと同じブロックチェーン技術を採用しています。

このために証明書関連では、確かに記録されているとの事実を第三者機関に委託せずともすぐにデジタル的に証明が可能になっています。

その上で、ファクトム独自の機能として、『Factom Harmony(ファクトム・ハーモニー)』と『dLoc(ディーロック)』の2つのサービスが提供されています。

Factom Harmonyは住宅ローン市場に適応したブロックチェーン技術で、そしてdLocはオフラインの文書(病院のカルテなど)データ等を遡ってトレースしていくものです。

Factom Harmonyという新技術は、アメリカの住宅ローン市場でのデータ管理に利用されると伝えられます。

ネット上の情報は常にハッキングのリスクに晒されていますが、Harmonyの採用で、リスクを最小限に抑えることができます。

Harmonyでは、どのような監査(主に住宅ローン)のタイプに必要とされる文書の確認についても、ブロックチェーンをベースとした文書監査が容易に使えます。

借金の状況や収入、資産等、ローン申請の際に嘘のない情報がブロックチェーンを利用して提供されます。不正確なものや重複文書は除外され、文書紛失等の問題もなくなります。

不動産の買収などにおいても、取引に関する文書やデータをチェックする労力が大幅に少なくなるのです。

わかりやすく言えば、実在する文書、取引記録等を改ざん不可能なデータ記録に変換して永久保存するシステムであると言えるでしょう。

Harmonyを利用することで、公的記録の保護や監査、ひいてはガバナンスの強化、コンプライアンス対応の容易さが生まれ、また文書ファイリング・管理のコストが引き下げられます。

つまりファクトムの管理システムを導入していれば、公文書偽造のような違法行為は起こしようがありません。

Factomシステムでは、文書データはインターネット上のブロックチェーンにそのハッシュを置いています。ひとつのサーバではなく分散化された状態で保管されます。

「嘘の説明をしちゃったから、そのつじつまを合わせるために、あの文章の日付を変えちゃおう!」などと、誰かが改ざんしようとしても、ハッシュの整合性の問題で必ず失敗し、内容をいじることは不可能です。

ファクトムの文書ファイリングで大幅に楽になり、紛失などの事故も無くなり、ひいては大幅な管理コストの削減にもつながるというわけです。

dLocは医療データ等の追跡が可能な新機能

もう一つのサービスである「dLoc(ディーロック)」とは、デジタル化された書類のトラッカーです。

出生証明書、権利書、カルテ等の機密文書を確認するためのデジタルのタグに相当します。この目的は、ネット上にない情報とネットを接続するというものです。

文書にdLocのタグ(ステッカー)を実際に貼ることで、「スマート・コスモス」というプラットフォームで目的の文書を追跡できます。

セキュリティチップを搭載した「The Linxens NFC dLoc™ 」というNFC(Near Field Communication:短距離無線通信)を応用したサービスです。

使い方は自由で、公開データにも適用できますし、逆に一部の人のみが見られるプライベートデータとしても使用ができます。

書類データは、NFCタグの、特定のIDが紐づけされます。簡単に言うと、固有番号のあるステッカーを付けてしまうことで、以後これは「秘密鍵」を持っている人だけが認証できます。

dLocステッカーを付けて文書発行が行われると、スマホのNFC対応機能などでこれを確認することが出来ます。

具体的には、ドキュメントをスキャンすると、この文書の履歴が確認でき、「本物」かどうか、「改ざんはないか」どうか確認することが容易にできるのです。

ファクトムへの投資状況

ファクトムは上記のように、ビジネスや行政に非常に適したプラットフォームだと言え、そのためこのプロジェクトの資金調達も、まとまった額の投資が増えてきています。

本プロジェクトは、2017年の資金調達(ラウンドA)だけで800万米ドルを集めています。

投資者の中には、Draper Associates、Stewart Title、Overstock、Fenbushi Capital、Peeli Ventures、Harvest Equityなどのメジャーなベンチャーキャピタルが名を連ねています。

2016年秋には約420万米ドルの資金調達が行われましたが、年を追うごとに多くの投資家がファクトムを肯定的に見てきていることがわかります。

著名投資家のDraper氏は、「ファクトムのブロックチェーン技術は成熟しており、セキュリティの観点からこのプロジェクトが自分の事業に最適だと考える企業も多いようだ」ともコメントしています。

投機ではなくハイテク関連の投資家の資金が集まっていることから、今後も長期的にファクトムは着々と改良しつつ普及していくことでしょう。

ファクトムのデメリットと課題

このように素晴らしい機能を提供してくれるファクトムですが、これにも問題点は当然あります。

このファクトムというプロジェクトは、Factom社が運営しているものです。主催者などが全く存在しない非中央集権的な仮想通貨とは違い、結局は一企業のサービスなのだとも言えます。

ですから、リップル(Ripple)も同じ問題がありますが、その会社が破産したり廃業すれば、このプロジェクトも当然止まってしまうことになるでしょう。

また、ファクトムはビットコインブロックチェーンに情報を紐づけする仕様になっていましたが、このために、ビットコインの欠点に影響を受けるという副作用があります。

ビットコインのブロック生成はおよそ10分間かかりますので、正直言ってほかの仮想通貨よりかなり遅くなることがあります。

また、時折発生するビットコインの送金の大渋滞など、速度面ではビットコインは「超低速」であると言ってよく、そのあおりを受けやすいと言えます。

このため、現在ではビットコインのブロックチェーンのみならず、イーサリアムのブロックチェーンへ情報を分散するように改善されています。

このように、ファクトムは文書の管理に特化したコンセプトという個性がしっかりあり、目的の明確なプロジェクトですので、かならず一定の投資があると思われます。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。