DMMビットコインの送金方法は?手数料と出庫のポイントを解説!

DMMビットコインといえば、大手企業のDMMが運営をしている仮想通貨取引所です。

DMMはFXやCFDなどの金融サービスを提供している金融業界の大手ということもあってか、金融に関するノウハウや実績はどこよりも豊富にあります。

手数料や取引ツール、サービスの質など、あらゆる面で秀でている取引所のため、総合的に見てどこよりも初心者にオススメな取引所です。

DMMビットコインで出来ることは何も仮想通貨の売買だけではありません。DMMビットコインの口座を開設しておけば、DMMビットコインより他のウォレットへ仮想通貨を送金することも可能です。

ここではDMMビットコインより仮想通貨を出庫する方法について紹介します。

DMMビットコインの出庫サービスの特徴

どこの取引所であっても、仮想通貨の出庫は行えるものです。ただし、取引所によって出庫できる銘柄や手数料に違いがあります。

DMMビットコインは取扱銘柄の数こそ多いものの、出庫できる銘柄はビットコインとイーサリアムの二種類のみとなります。

それは出庫のみならず、入庫に関しても同様です。DMMビットコインで送金できる仮想通貨は、BTCとETHのみです。

出庫にかかる手数料

DMMビットコインよりビットコインやイーサリアムを出庫する場合、手数料は基本的に無料なのですが、マイナーへ支払う手数料はそれぞれかかります。

ビットコインのマイナー手数料は0.0008BTC以上です。

イーサリアムのマイナー手数料は0.001ETHで固定されています。

送金にかかる時間

DMMビットコインより仮想通貨を送金する場合、その時のネットワークの混雑次第では出庫から入庫に至るまでに時間を要することがあります。

ビットコインは人気のある仮想通貨のため、だいたい30分ほど、長くて1日以上かかることがあります。

その一方でイーサリアムの場合、10分から30分ほどで送金できます。

送金時間で比較すると、ビットコインよりもイーサリアムの方が速いため、急ぎならイーサリアムを選択した方が良いです。

出庫の最低数量と最高数量

DMMビットコインの出庫における最低数量は1回あたり0.02BTC、最高数量は1日10BTCとなります。

入庫に関しては特に制限を設けていないです。

仮想通貨の送金方法は?

DMMビットコインよりビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を他の取引所やウォレットへ送金する方法はとても簡単です。

送金にあたって必要なモノは、送金先の外部アドレスのみとなります。

送金時には必ず間違いがないように、正しい外部アドレスを入力してください。

ここではDMMビットコインから仮想通貨を送金する方法を紹介します。

出庫の手順

DMMビットコインより仮想通貨を出庫する場合、まずはマイページにログインすることになります。

DMMビットコインのマイページにログイン

画面左上にある「三」をタップしてください。

画面左上にある「三」をタップ

次に「入出金」をタップします。その後、ビットコインを出庫する場合は「BTCの出庫」、イーサリアムを出庫する場合は「ETHの出庫」をそれぞれタップします。

「入出金」をタップし、「BTCの出庫」か「ETHの出庫」を選ぶ

ビットコインを出庫する場合、まずは出庫アドレスと出庫数をそれぞれ入力してください。さらに、マイナーへの手数料を確認し、出庫の目的を選択後、「この仮想通貨の出庫は法令等に違反していません」にチェックを入れてください。

出庫の内容を入力し、「この仮想通貨の出庫は法令等に違反していません」にチェックを入れる

「コードを発行する」をタップし、2段階認証のためのコードを発行後、空欄に6桁の認証コードを入力してください。

「コードを発行する」をタップし、2段階認証のためのコードを発行後、空欄に6桁の認証コードを入力

最後に「出庫する」をタップしてください。

「出庫する」をタップ

これでビットコインの出庫の手続きは完了です。

イーサリアムの出庫をする場合も、上記手続きと同様の流れです。

まずイーサリアムの出庫用の画面にアクセス後、出庫アドレスと出庫数を入力し、出庫目的を選択後、ボックスにチェックを入れます。

イーサリアムの出庫用の画面にアクセス後、出庫アドレスと出庫数を入力し、出庫目的を選択後、ボックスにチェックを入れる

発行したコードを入力し、二段階認証を行います。

発行したコードを入力し、二段階認証を行う

「出庫する」をタップし、イーサリアムの出庫を行います。

「出庫する」をタップし、イーサリアムの出庫を行う

ビットコインもイーサリアムも出庫の流れは特に同じです。どちらであっても二段階認証の作業が必要なので、必ず行ってください。

送金の進行状態はどこで確認できる?

送金の進行状態はマイページより確認することが可能です。

マイページの出庫の履歴をチェックすることで、出庫の状態を随時確認できます。

出庫時の注意点とは?

DMMビットコインより仮想通貨を出庫する場合、いくつかの注意すべきポイントがあります。

特に、一番忘れてはいけない注意点があります。それは出庫後のキャンセルです。

仮想通貨を一旦出庫すると、その出庫依頼を後々になってキャンセルすることができません。そのため、外部アドレスに間違いはないのか、送金相手に相違はないのかなどを必ず確認しましょう。

もしも間違えてしまった場合

外部アドレスを間違えて入力する、もしくは想定している宛先とは異なるウォレットや取引所へ出庫してしまった場合、出庫してしまった仮想通貨は永久に失われてしまう恐れがあります。

そのような事態を未然に防ぐためにも、必ずアドレスや送金相手に間違いはないのか、入念に確認してください。

トレード口座からの出庫は可能か?

トレード口座から直接仮想通貨を出庫することはできません。

出庫をする場合は一度、トレード口座から取引口座へ仮想通貨を振り替えてください。

DMMビットコインと他社を比較

DMMビットコインは、大手企業が運営している取引所ということもあって、初心者であってもわかりやすく、使いやすいサービスを提供しています。

ただ、他社と比較をした場合、DMMビットコインの出庫サービスはどの程度優れているのでしょう?

ここでは、bitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)、GMOコインなどを対象に、DMMビットコインの出庫サービスを評価します。

DMMビットコインの出庫に対する評価

DMMビットコインは仮想通貨の出庫に対して、手数料が発生しません。そのため、手数料のある取引所よりもオススメとなります。

ただし、DMMビットコインを利用すると、出庫時にマイナー手数料がそれぞれ発生します。ビットコインなら0.0008BTC、イーサリアムならば0.001ETHです。

このコストは他社と比較しても、安いです。

例えばザイフの場合、ビットコインの出金に0.001BTC、イーサリアムの出金に0.01ETHのコストがかかるため、DMMビットコインはザイフよりも低コストです。

ただし、ビットフライヤーの場合、ビットコインは0.0004BTC、イーサリアムは0.005ETHのコストがそれぞれかかるため、ビットコインに限定すればビットフライヤーの方が安いです。しかし、イーサリアムならば、DMMビットコインの方が安いです。

これがGMOコインの場合、仮想通貨の出庫に関して言えば手数料が無料です。その上、入金は別ですが、出金に関してはマイナーへの負担もないため、完全に無料となります。

このように、DMMビットコインの出庫にかかるコストは、他社と比較すると、良くも悪くもないといったところです。

ただ、取扱い銘柄の数がビットコインとイーサリアムの2つしかないだけに、その点は他社と比較すると分が悪いです。

GMOコインもビットフライヤーも、そしてザイフも、DMMビットコインより多くの仮想通貨を出庫することができます。

出庫できる銘柄の数が少ないDMMビットコインは、他社と比較するとそれほど優位性があるわけではないです。

DMMビットコインの出庫サービスの総評

DMMビットコインは、大手企業が運営している取引所ということもあり、非常に良心的で使いやすいサービスをユーザーに提供しています。

出庫に関しても同様です。DMMビットコインの出庫サービスは、利用するにあたって特に問題点らしい問題点のないサービスです。

ただし、他社と比較した場合、目立つほど優位性があるわけではないです。というのも、DMMビットコインは他社と比較して最もコストが安いというわけではないからです。

それどころか、出庫できる銘柄の数に関して言えば、他社よりも少なくなります。

ビットコインやイーサリアムを出庫する分には特に問題はありません。ただ、他の仮想通貨を出庫したいというニーズを持つ人からすると、DMMビットコインは物足りないかもしれません。

ただ、出庫する分には問題なく利用できます。それどころか、スマホからでもスムーズに出庫できるほどです。スマホを使って仮想通貨のやり取りをしたいという人には、DMMビットコインがオススメです。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。