DMMビットコインの入金方法を解説!手数料・反映時間も要チェック

DMMビットコインといえば、「株式会社DMM.com」が運営している仮想通貨取引所です。

大企業が運営しているという安心感に加え、ビットコイン以外の仮想通貨のFXができるというメリットや、取引ツールが豊富で充実しているなどの強みがあります。

DMMビットコインで取引をするためには、まず入金をする必要があります。

ここでは今回、DMMビットコインの入金の方法を紹介します。

DMMビットコインの入金方法とは?

DMMビットコインの入金方法は、とてもシンプルで簡単です。一旦やり方を覚えてしまえば、今後はスムーズに入金できるようになるでしょう。

DMMビットコインの入金方法というと、クイック入金と銀行振込の二種類があります。

DMMビットコインのクイック入金には、1000種類以上の金融機関が対応しています。もしも現在使用している銀行口座がクイック入金に対応していなかったとしても、銀行振込ならば入金できます。

ただし、銀行振込を選択する場合、銀行から直接振り込むことになりますので、振込手数料が発生します。

クイック入金とは、リアルタイムで即座に入金できるサービスで、手続きをすれば24時間365日いつでも素早く入金できます。銀行振込と違って振込手数料がかからないため、完全に無料となります。

ここではパソコンとスマホ、それぞれの入金方法を紹介します。

パソコンから入金をする方法

DMMビットコインでパソコンから入金をする場合、クイック入金の手続きを踏むことになります。銀行振込をする場合、まずログインページにアクセスし、振込先の情報を確認後、銀行にて直接振り込むことになります。

クイック入金をする場合、まずは公式サイトにアクセスします。

クイック入金をする場合、まずは公式サイトにアクセス

次に、画面の左側にある「入金・入庫」をクリックし、「日本円入金(クイック入金)」を選択してください。

「入金・入庫」をクリックし、「日本円入金(クイック入金)」を選択

「銀行名」と「入金額」をそれぞれ入力したら、「入金手続きを開始する」をクリックしてください。

「銀行名」と「入金額」をそれぞれ入力したら、「入金手続きを開始する」をクリック

クリックをすると、画面が金融機関のサイトへアクセスしますので、ログインIDやパスワードを入力してください。その手続きが完了次第、クイック入金が行われます。

クイック入金の手続きに関して言えば、入金の結果までにかかる時間はほとんどありません。手続きが終わると、すぐにでも取引口座へ入金されるでしょう。

スマホから入金をする方法

スマホから入金をする場合、まずはアプリをインストールしてください。

スマホから入金をする場合、まずはアプリをインストール

次にアプリを起動後、ログインしてください。

アプリを起動後、ログイン

ログイン後、画面上にある「三」をタップしてください。

ログイン後、画面上にある「三」をタップ

「入出金」をタップし、「クイック入金」をタップしてください。

「入出金」をタップし、「クイック入金」をタップ

「ウェブサイトに移動します」と表示されるので、「OK」をタップしてください。

「ウェブサイトに移動します」と表示されるので、「OK」をタップ

「銀行名」と「入金額」を指定し、「入金手続きを開始する」をタップしてください。

「銀行名」と「入金額」を指定し、「入金手続きを開始する」をタップ

金融機関のサイトにアクセス後、IDやパスワードなどを入力することで、クイック入金の作業が開始されます。

スマホならば外出先でもクイック入金が行えますので、近くにパソコンがなくてもスムーズに入金し、仮想通貨の取引を始められます。

ウォレットから仮想通貨を入金する方法

DMMビットコインへ入金するお金は日本円ばかりではありません。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨をDMMビットコインの口座へ入金することも可能です。

ウォレットからDMMビットコインへ仮想通貨を入金する場合、送金用のアドレスを取得する必要があります。

DMMビットコインへの入金用のアドレスを取得したい場合、マイページの画面左側にある「入金・入庫」をクリックし、「BTC入庫」もしくは「ETH入庫」をクリックしてください。今回はビットコインを入金する前提で話を進めます。

マイページの画面左側にある「入金・入庫」をクリックし、「BTC入庫」もしくは「ETH入庫」をクリック

入庫アドレスとQRコードが画面に出ます。アドレスをコピーするか、QRコードを読み取ってください。

アドレスをコピーするか、QRコードを読み取る

アドレスを取得後、ウォレットに取得した入庫用のアドレスを入力し、出金をすることで、DMMビットコインの取引口座へ仮想通貨を入金することができます。

アドレスに間違いがあると届きませんので、必ず間違いがないように、正確にアドレスは入力してください。

入金に関する制限はあるのか?

入金に関して、DMMビットコインは公式サイトで以下のように述べています。

DMMビットコインの入金に関する制限

クイック入金の場合、入金額が最低5000円以上、最高で1億円未満であるのに対し、銀行振込だと制限が特にありません。そのため、5000円未満の少額の入金もしくは1億円以上の高額入金をする場合に関して言えば、クイック入金よりも銀行振込がオススメとなるでしょう。

ただし、クイック入金ならば即時入金できるのに対し、銀行振込は時間がかかるなどの相違点があります。

クイック入金と銀行振込のどちらを選ぶべきか?

銀行振込もクイック入金も、入金できるという事実に違いはありません。ただし、それぞれに相違点がありますので、もっともメリットの多い方法を選択しましょう。

できるだけ低コストで、素早く入金したいのであれば、クイック入金がオススメです。

クイック入金ならば銀行まで行く手間もなく、ネット上で手続きをすべて完結できます。さらに、手続きをすればすぐに入金できるため、時間がかかりません。その上、銀行振込にかかる手数料が無料のため、費用も安いです。

ただし、クイック入金は5000円以下の少額入金や1億円以上の高額入金には対応していないため、入金額によってはクイック入金よりも銀行振込の方が良いかもしれません。

入金にかかる手数料は?

DMMビットコインに入金をする場合、手数料は無料です。

ただし、銀行振込の場合、銀行側へ振込手数料を払うことになります。そのため、クイック入金の方が手数料が無い分、安くなります。

入金反映にかかる日数と時間

入金にかかる時間は、クイック入金と銀行振込でそれぞれ異なります。

クイック入金の場合、即時入金というだけあって、ほとんど時間はかかりません。手続きをすれば、1時間とかからずに入金できます。

銀行振込の場合、当日から翌銀行営業日まで時間がかかります。そのため、土日や祝日などを挟むと、3日から4日ほどの日数がかかるでしょう。

入金が反映されない場合の対処法

入金の手続きをしたにも関わらず、反映されない場合、まずは一度落ち着きましょう。

クイック入金と違って、銀行振込の場合、入金の結果が反映されるまでに多少の日数を要します。振り込んだからといってすぐに入金されるものではありません。

そのため、まずはしばらく待ち、様子を見ましょう。ただ、入金をしてから既に一週間経過しているという場合、何かトラブルが発生した可能性があります。一体どのような原因が考えられるのでしょう?

入金できない原因

入金できない原因としてまず考えられるのが、手続きのミスです。銀行振込をする時に、振込先の口座情報を間違えると、 入金ができなくなります。

そのため、もしも入金が遅れているようであれば、一度口座情報に間違いがないか、手続きは正しく行われたのかを確認しましょう。

正しく手続きをしたにも関わらず、遅れている場合はどうするべきでしょう?

入金できない場合の対処法

なぜ入金できないのかの原因が本当にわからない場合、できるだけ早めにDMMビットコインへお問合せをしてください。

直接お問い合わせをすることが、最良の対処法となります。

入金時の注意点

特に理由がないのであれば、入金方法はクイック入金を選びましょう。

というのも、銀行振込の場合、口座情報を間違えるなど、手続き上のミスが起こりやすいからです。どうしても銀行振込でないとダメだという事情がある場合、必ず振込先に間違いがないか、よく注意してください。

ここを間違えると、入金できないばかりか、大切な資産を失ってしまう恐れがあるからです。

DMMビットコインと他社を比較

DMMビットコインの入金サービスは他社と比較した場合、どれほど優位性があるのでしょう?

ここではbitFlyer(ビットフライヤー)と、GMOコインを参考に、DMMビットコインの入金サービスを比較します。

DMMビットコインの優位性

DMMビットコインの入金サービスは、手数料が無料のため、コストが0です。さらに、クイック入金のスピードが非常に早く、手続きをすれば24時間365日いつでも入金可能です。

ビットフライヤーも、クイック入金のサービスはあります。ただ、ビットフライヤーのクイック入金は、他社と比較すると少しだけ遅いです。さらに、1件あたり324円の手数料がかかります。

ビットフライヤーのクイック入金のスピードが遅いといっても、10分から1時間程度の遅さです。それに対して、DMMビットコインのクイック入金のスピードは非常に早く、手続きをすれば10分とかからずに入金できます。その上、DMMビットコインならばクイック入金の手数料が無料です。

ただし、それはGMOコインも同様です。GMOコインのクイック入金のサービスを利用すれば、DMMビットコインと同等のスピードで、入金できます。さらに、GMOコインは入金手数料が無料のため、コストがかかりません。

このように、DMMビットコインの入金サービスと、GMOコインの同サービスの質は同じ程度です。ただ、GMOコインのクイック入金は、特定の金融機関しか利用できないというデメリットがあります。

GMOコインの入金サービスを利用できる銀行というと、わずか7行しかありません。ジャパンネット銀行のような、有名なネット銀行もGMOコインではクイック入金ができません。

その一方で、DMMビットコインのクイック入金のサービスは、1000以上の金融機関に対応しています。

このように、DMMビットコインはあらゆる金融機関に対応しているだけに、GMOコインよりも優位性があります。

DMMビットコインの入金サービスの総評

DMMビットコインは、大手企業が運営しているということもあってか、非常に良心的なサービスを提供しています。それは入金サービスに関しても同様です。

クイック入金のスピードが非常に速い上に、手数料が無料など、非常にユーザーにとってメリットの高いポイントが多いです。その上、クイック入金に対応している金融機関が多いため、DMMビットコインならば誰でもクイック入金のサービスを利用できることでしょう。

他社と比較すると、DMMビットコインのサービスの良さは一目瞭然です。入金サービスに関しては最高ランクと言っても過言ではないでしょう。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。