【画像つき】DMM Bitcoinアプリの使い方を解説

  • 現物取引の即時注文なら数量を入力するだけ
  • レバレッジ取引なら、自動決済も可能
  • スプレッドと建玉持ち越しによる手数料はかかる

「DMM Bitcoinで仮想通貨を買う方法がわからない」「いきなり取引するのは不安」という人もいます。

DMM Bitcoinのアプリはシンプルで使いやすいため、初心者でも安心して取引が可能。

とくに現物取引の即時注文なら、売買したい仮想通貨の数量を入力するだけです。

DMM Bitcoinは販売所形式。提示された価格で売買をするため、取引が簡単なんですよ。

DMM Bitcoinで仮想通貨を売買するには、まず口座開設と日本円の入金が必要です。DMM Bitcoinで口座開設する方法については「DMMビットコインの口座開設方法を解説!かかる時間や日数まで」を参照してください。

今回はDMM Bitcoinの公式アプリの使い方を、仮想通貨の買い方を中心に画像付きで説明します。ウェブ版のDMM Bitcoinは残高確認などしかできず、仮想通貨の取引を行うことはできません。

DMM Bitcoinの現物取引の注文方法は3種類!

「仮想通貨現物取引」について説明します。まずはメニュー画面の「トレード」から取引画面に移動しましょう。

DMM Bitcoinのトレードトップ画面

赤枠部分を押せば、「仮想通貨の種類」と「現物・レバレッジ取引」の選択が可能。

現物取引とは、自己資金の範囲内で取引をすること。レバレッジ取引では証拠金を預けることで、自己資金を超えた金額の取引ができます。

DMM Bitcoinの現物取引で取り扱う仮想通貨は次のとおり。

DMM Bitcoinの現物取引で売買可能な仮想通貨
  • ビットコイン(BTC/JPY)
  • イーサリアム(ETH/JPY)
  • イーサリアム(ETH/BTC)

現物取引には、スプレッドがかかっています。

スプレッドは購入価格と売却価格の差のことです。DMM Bitcoinでは購入価格と売却価格の間にスプレッドが表示されています。

DMM Bitcoinのスプレッド

スプレッドが大きいほど、利益を上げるのが難しくなるのです。

仮想通貨の種類は違っても、売買方法はすべて同じ。ここではビットコインを例に説明を行います。

DMM Bitcoinの即時(ストリーミング)注文

即時注文は「成行注文」と同じです。仮想通貨を好きな量だけ、提示価格で売買できます。

価格は気にせず、すぐに仮想通貨を売買したいときに便利な注文方法です。

DMM Bitcoinの現物即時注文画面

注文方法は、売買したい数量を選んで「注文ボタン」を押すだけ。

ただし「即時注文」の場合、注文ボタンを押したあと確認画面が表示されません。

そのまま注文を確定してしまうので、押し間違いには注意してください。

注文数量の下にある「スリッページ」って何ですか?
注文したときの価格と、実際に注文が成立したときの価格差のことだ。

たとえばスリッページを100に設定すれば、100円までの価格差は許容されます。100円を超えて増減した場合、注文は成立しません。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の指値・逆指値注文

指値・逆指値※注文は、仮想通貨の数量と価格を指定できます。

指値・逆指値とは

指値は「指定した金額より高ければ売る、または指定した金額より安ければ買う」こと。逆指値は「指定した金額より安ければ売る、または指定した金額より高ければ買う」ことです。

指値・逆指値注文は、取引成立に時間がかかることもありますが、自分の好きな価格で仮想通貨を売買可能。

DMM Bitcoinの現物指値・逆指値注文画面

指値・逆指値注文の手順は次のとおりです。

指値・逆指値注文の手順
  1. 「買い」か「売り」を選択
  2. 注文数量を入力
  3. 指値か逆指値を選択
  4. 注文レートを入力
  5. 確認画面へ

たとえば「仮想通貨を安く買いたい」と思ったら、指値を選択し、提示価格(ASK/買)より低い金額を入力しましょう。提示価格が入力した金額以下になれば、買い注文が成立します。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のOCO注文

OCO注文は指値と逆指値を組み合わせて、2つの注文を同時に出すことです。一方の注文が成立したら、もう一方の注文は自動でキャンセルされます。

価格の上昇と下落の両方に対応できるのが特徴です。

DMM Bitcoinの現物OCO注文画面

OCO注文の手順は次のとおり。

OCO注文の手順
  1. 「買い」か「売り」を選択
  2. 注文数量を入力
  3. 1つ目の注文の注文レートを入力
  4. OCO2の入力画面へ
  5. 2つ目の注文の注文レートを入力
  6. 注文確認画面へ

「売り」の場合は、指値に提示価格より高い金額、逆指値に提示価格より低い金額を指定すれば、利益確定と損切りの設定ができます。

損切りとは、下落している仮想通貨を早めに売却して、損失を最小限に抑えることです。

たとえば「売り」の場合、提示価格が1BTC=約88万円のとき、指値に90万円、逆指値に86万円を指定。

価格が上がれば、2万円の利益。価格が下がっても、損失を2万円で抑えることができるのです。

「買い」の場合は、指値に提示価格より安い金額、逆指値に提示価格より高い金額を指定すれば、価格上昇と下落に対応できます。

たとえば提示価格が1BTC=96万円のとき、指値に90万円、逆指値に100万円を指定。

価格が下がれば、当然ビットコインを安く買えてお得です。反対に価格が今後急上昇していくなら、その上昇トレンドの始まりの価格で買うことができます。

提示価格より高く買ったら、損じゃないの?
たとえ100万円で買ったとしても、将来150万円になるならお得だろ?将来ビットコインが値上がりすると予想する人は、逆指値を設定することで利益を上げることもできるんだ。

DMM Bitcoinのレバレッジ取引は5つの注文方法がある!

レバレッジ取引は証拠金を預けることで、自己資金を超えた金額の取引が可能です。対応通貨は次のとおり。

DMMビットコインのレバレッジ取引対応の仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • XEM(ネム)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

イーサリアムクラシックは日本円、ビットコイン、イーサリアム。それ以外は日本円とビットコイン建てで売買可能です。

またDMM Bitcoinの場合、レバレッジは5倍に固定されています。

レバレッジ取引で可能な注文方法は次の5つ。

レバレッジ取引の注文方法
  • 即時注文
  • 指値・逆指値注文
  • IFD注文
  • OCO注文
  • IFO注文

この内「即時注文」、「指値・逆指値注文」、「OCO注文」は、現物取引の場合と方法は同じ。違いは取引に使える金額が、現物取引の5倍という点です。

「IFD注文」と「IFO注文」はレバレッジ取引にしかないので、ビットコインを例に説明していきます。

ただしレバレッジ取引には手数料が必要だ。日にちを跨ぐと未決済の注文(建玉)に対し、1日0.04%の手数料がかかるから注意しろよ!

IFDは注文と決済を同時に設定可能!

IFDは「新規注文」と新規注文が成立したときの「決済注文」を、同時に設定できる注文方法です。

DMM BitcoinのレバレッジIFD注文画面

IFD注文の手順は次のとおり。

IFD注文の手順
  1. 新規注文で「買い」か「売り」を選択
  2. 注文数量を入力
  3. 「指値」か「逆指値」を選択
  4. 新規注文の注文レートを入力
  5. 決済入力へ
  6. 「指値」か「逆指値」を選択
  7. 決済注文の決済レートを入力
  8. 注文画面へ
たとえば「買い」の場合、新規注文の指値に89万5,000円、決済注文の指値に89万7,000円を指定します。

もし決済注文まで終了すれば、自動で2,000円の利益を獲得できます。

新規注文と決済注文を同時に出す意味ってあるの?
決済も自動でやってくれるから、利益獲得のチャンスを逃さないんだ!

仮想通貨の価格は短時間に変動するため、利益を出すには常に価格変動を追わなければなりません。

利益確定の決済が自動で行われれば、チャンスを逃すことなく利益を上げることができるのです。

ただし決済注文の指値に満たなかった場合は、損してしまう可能性も。

そこで次に紹介するIFO注文を利用すれば、利益確定の場合だけでなく、万が一のための損切りの設定も行うことができるんですよ。

IFO注文はIFDとOCOを組み合わせた注文方法

IFO注文ではIFDとOCOを組み合わせることで、「指値注文」と「利益確定または損切り」の設定を同時に行なえます。

DMM BitcoinのレバレッジIFO注文画面

IFO注文の手順は次のとおりです。

IFO注文の手順
  1. 新規注文で「買い」か「売り」を選択
  2. 注文数量を入力
  3. 「指値」か「逆指値」を選択
  4. 新規注文の注文レートを入力
  5. 決済入力へ
  6. 指値レートを入力
  7. 逆指値レートを入力
  8. 注文画面へ
たとえば提示価格が1BTC=96万円のとき、1BTC=92万円になったら購入するという買い注文を出し、指値には98万円、逆指値には88万円を指定します。

もし価格が92万円以下になれば、自動で買い注文が成立。その後価格が98万円まで上がれば、決済注文が成立し6万円の利益確定。88万円まで下がった場合も、決済が成立し、損失を4万円で抑えることが可能です。

希望の価格になるまで売買は行われず、売買成立後は利益確定か損切りを自動的に行ってくれます。

入力する項目が多いですが、扱いに慣れればIFO注文がもっとも便利な注文方法です。

DMM Bitcoinアプリを使おう!手数料には注意

DMM Bitcoinアプリの使い方を説明しました。

現物取引の即時注文なら、数量を指定するだけで簡単に取引可能。仮想通貨取引がはじめての人は即時注文を利用して、まずは取引に慣れましょう。

レバレッジ取引には、自動で利益確定や損切りをする注文方法があります。しかし自己資金を超えて取引ができてしまうので、取引に慣れてからのほうがいいです。

現物取引にはスプレッド、レバレッジ取引には手数料がかかります。

現物取引の売買手数料は無料ですが、スプレッドがかかるので、利益を上げにくくなっています。レバレッジ取引は未決済の注文(建玉)を翌営業日まで持ち越した場合、レバレッジ手数料が必要なので注意してくださいね。

DMM Bitcoinの手数料については、DMM Bitcoin(ビットコイン)の手数料・スプレッドを解説を参照してください。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。