DMM Bitcoin(ビットコイン)の手数料・スプレッドを解説

仮想通貨を購入するためには、まず仮想通貨の売買ができる取引所の口座を開設する必要があります。

一旦口座さえ開設することができれば、24時間いつでもネット上で仮想通貨の売買が可能となります。仮想通貨は土日や祝日も取引可能です。ただし、取引所といってもそれぞれ個性があります。一体どこの取引所を選択すれば、安心して仮想通貨を購入することができるのでしょう?

DMM Bitcoinは、2018年1月よりサービスを開始した仮想通貨の取引所です。他の取引所と比較すると、仮想通貨業界の経験が少ないように感じられますが、その運営の母体であるDMM.comといえば誰もが知っている大企業です。

DMMといえば、FX業界の大手としても知られており、多くのFXトレーダーがDMMの取引ツールを愛用しています。

大企業が運営しているという安心感に加え、金融会社としての経験やノウハウが充実している上に、さらには使いやすい取引ツールまで揃っているなど、DMM Bitcoinはユーザーから見て非常に魅力の多い取引所です。では、手数料に関してはどうなのでしょう?

DMM Bitcoinは、他の取引所と比較しても圧倒的に手数料の安い取引所です。

DMM Bitcoinの手数料とは?

仮想通貨取引所を利用する場合、様々な手数料がかかります。特に注意して見ておきたいポイントは、売買手数料、入金手数料、出金手数料、そして送金手数料です。

仮想通貨はただの金融商品ではありません。世界中で取引するこことができる通貨でもあります。将来の値上がりを目的に仮想通貨を購入する人もいれば、送金目的で仮想通貨を購入する人もいるでしょう。

売買手数料だけが安くても、送金手数料が高いと、せっかくビットコインを購入しても使い勝手が悪いです。しかし、売買手数料のみならず、送金手数料までも安いと、購入したビットコインを安く他へ送金することができるため、仮想通貨の利便性が増します。

DMM Bitcoinで仮想通貨の取引や送金をする場合、手数料はいくらほどかかるのでしょうか?

現物取引の売買手数料とスプレッド

DMM Bitcoinで現物取引をする場合、売買手数料は基本的に無料です。

現物取引のみならず、FXも無料で取引が可能となっています。

DMM Bitcoinでは、仮想通貨を買おうと売ろうと、費用は基本的にかからないので、余計なお金を払わずに済みます。ただし、買値と売値には開きがありますので注意してください。

買値と売値との開きのことをスプレッドと呼ぶのですが、DMM Bitcoinの2018年3月29日のスプレッドは現物取引の場合、3万9000円となります。

3月29日12時の時の売値が83万7986円に対し、買値は87万6986円になります。

ちょっと売値と買値の差が大きいんじゃない?
そうみえるが、DMM Bitcoinは販売所であるため、どうしてもスプレッドは広めになってしまう。その分、取引手数料が無料になるというメリットに加え、遅延なく確実に仮想通貨を購入できるという利点がDMM Bitcoinにはあるんだ。

ただし、現物取引のスプレッドは確かに広めですが、FXのスプレッドに関して言うと3565円と非常に狭くなります。(2018年3月29日時点)

入金にかかる費用

DMM Bitcoinに入金をする場合、費用はすべて無料になります。

ただし、クイック入金と違い、銀行振込の場合、銀行手数料はユーザーが負担することになります。これはどこの取引所であっても同じです。

余計な費用をかけたくないのであれば、クイック入金がオススメとなります。

出金にかかる費用

入金同様に、DMM Bitcoinは出金にかかる費用は無料です。

クイック入金で入金している限り、入出金で費用が発生することは原則として無いです。そのため、DMM Bitcoinは日本円の入出金をするにはもっともオススメの取引所となります。

取引所といっても、取扱っている仮想通貨はすべて同じとは限りません。中には、特定の取引所でないと扱っていない仮想通貨などもあります。例えば、リスクを扱っている国内の取引所というと、bitFlyer(ビットフライヤー)ぐらいです。(2018年3月29日時点)

DMM Bitcoinに日本円を入金し、そのお金でビットコインを購入し、それからbitFlyerにビットコインを移動させてからリスクを購入するという使い方をすると、入出金に対して費用をかけずに様々な仮想通貨の取引が行えます。

ただ、日本円の入出金が無料でも、送金に対して手数料がかかっては意味がありません。DMM Bitcoinを利用する場合、送金手数料はいくらになるのでしょう?

仮想通貨の送付手数料

ビットコインなどの仮想通貨を送付する場合、本来であれば送付手数料が発生します。では、DMM Bitcoinの場合はどうなのでしょう?

DMM Bitcoinの場合、入庫時と出庫時、両方において送付手数料は無料となります。

ただし、マイナーへの手数料はユーザー側の負担となります。ビットコインのマイナーへの手数料は0.0008BTC以上となります。

マイナーへの手数料など特別な事情を除き、原則として送付手数料は無料となります。そのため、DMM Bitcoinから他の取引所へと仮想通貨を送付しても、費用はかからないです。

入出金と送付に、手数料が不要なのはすごいですね!
そうだ。DMM Bitcoinで現物取引をする場合、これといって特に費用はかからない。手数料0円で取引ができることはDMM Bitcoinが選ばれる理由の一つだぞ!

ビットコインとアルトコインで手数料に違いはあるのか?

DMM Bitcoinで取引をしている限り、ビットコインであろうとアルトコインであろうと、手数料に違いはありません。

というのも、ビットコインだろうとアルトコインだろうと関係なく、手数料は一律で無料になるからです。

それはFXも同様です。スプレッドの違いこそありますが、アルトコインであってもビットコインと同じように手数料無料で取引できます。

口座開設手数料や維持手数料はかかるのか?

DMM Bitcoinの口座を開設するにあたり、これといった費用はかかりません。すべてネット上で、無料で口座を開設できます。

開設後の口座に関しても同じで、口座維持手数料などの費用も特にかからないです。そのため、DMM Bitcoinの口座を開設しておいて損することはまずありません。

仮想通貨のスプレッドとは何か?

原則無料で利用できるDMM Bitcoinですが、スプレッドだけは無料にできません。ただ、どこの取引所を利用してもスプレッドは必ず存在するため、スプレッドについてはあまり気にする必要はないでしょう。

この仮想通貨の売買をするにあたって必ず発生するスプレッドとは、一体何なのでしょう?

スプレッドとは売値と買値の差のことです。売値はBid、買値はAskと表記されています。

仮に売値が80万円、買値が81万円の場合、1BTCを購入するのにかかる費用は81万円、1BTCを売却して得られる金額は80万円となります。

基本的に買値は売値よりも高いです。そうでないと、取引所が損してしまうため、どの取引所を利用しても必ず買値の方が高く設定されているでしょう。

DMM Bitcoinのスプレッドが広い理由

DMM Bitcoinのスプレッドは取引所と比較すると広いです。というのも、DMM Bitcoinは、取引所とユーザーが直接取引をする販売所だからです。

ユーザー同士が取引をする取引所と違い、販売所の場合、手数料が安くなるというメリットがある一方で、スプレッドが拡大しやすいというデメリットがあります。

そのため、DMM Bitcoinのスプレッドは他の取引所と比較すると広めです。しかし、その一方で手数料が無料になるという恩恵を享受できます。

DMM Bitcoin のスプレッドは大きいけど、手数料は無料なんですね!
うむ。だからスプレッドだけを参考に取引所を選ぶと、スプレッドと取引手数料を合計した結果、販売所とそれほど大差が無かったなどの事態に遭遇する可能性もある。

そればかりか、相場が急変する時のような、スプレッドが拡大しやすい時期に取引をすると、手数料が発生する分、取引所の方が不利になることもあります。

その点、DMM Bitcoinの場合、常に取引手数料が無料になるため、相場が急変するような状況下であっても常に手数料だけは無料で安定した取引ができるという強みがあります。

DMM BitcoinでFXをする時にかかる手数料

DMM Bitcoinは国内で唯一アルトコインFXができる取引所です。(2018年3月29日時点)

ビットコインのみならず、アルトコインのFXもできるという魅力も手伝ってか、DMM BitcoinでFXを行うトレーダーは非常に多いです。ただ、FXには現物取引にはない特徴があります。

果たしてFXをする場合であっても無料で取引できるのでしょうか?

FXでかかるレバレッジ手数料とは?

DMM Bitcoinでは現物だろうとFXだろうと関係なく取引手数料は無料になります。ただし、現物と違い、FXにはレバレッジ手数料があるので注意しましょう。

レバレッジ手数料とは、FXでポジションを保有しているときに発生する手数料のことです。

DMM Bticoinのレバレッジ手数料は1日あたり建玉金額の0.04%となります。

このレバレッジ手数料は、ロールオーバー時に発生します。ロールオーバーのタイミングは、翌朝7時00分となります。

そのため、翌朝7時00分になる前に一度決済し、ポジションを解消後、翌朝7時00分以降に再び取引を開始すれば、レバレッジ手数料はかからずに済みます。

FX取引に必要な最低金額は?

DMM Bitocinのレバレッジは最大で5倍までとなります。これはアルトコインも同様です。FX取引をするにあたって必要な最低金額はトレーダーの取引したい金額によって異なります。

まず、DMM Bitcoinには、証拠金維持率が80%以下になったらロスカットが発動するというロスカットルールがあります。ロスカットが発動しても費用などは特にかかりません。

仮にビットコインの現在の価格が80万円として、レバレッジを5倍に設定し、1BTCの取引をする場合、取引に必要な最低金額は16万円となります。

16万円あれば1BTCの取引が可能となるのですが、相場の急変に伴って含み損を抱え、証拠金維持率が80%以下になると、強制ロスカットが発動されるので注意しましょう。

DMM Bitcoinの取引手数料と他社との違い

DMM Bitcoinは原則無料で取引が可能な取引所です。現物取引をしている限り、これといった費用は特にかかりません。では、他の取引所と比較した場合、それはどれほどのメリットなのでしょうか?

bitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)、GMOコインなどの手数料と比較してみましょう。

bitFlyer、Zaif、GMOコインの手数料

bitFlyerとZaif、GMOコインで現物取引をする場合、取引手数料は次のようになります。

現物取引(取引手数料)
bitFlyer 0.01%から0.15%
Zaif -0.01%から-0.05(ビットコイン)、0.1%から0.3%(アルトコイン)
GMOコイン 無料

DMM Bitcoinの取引手数料は無料のため、GMOコインと同じです。Zaifは現在(2018年3月29日時点)はキャンペーン中ということで、ビットコイン限定で取引手数料がマイナス、つまり取引する毎に手数料を受け取ることができます。

ただ、Zaifはアルトコインに関しては手数料がかかるため、相対的に見るとやはりすべての取引手数料が無料になるDMM Bitcoinの方が安上がりかもしれません。

入金手数料は次のようになります。

入金手数料
bitFlyer 324円
Zaif 486円から594円
GMOコイン 無料

GMOコイン以外、取引所への入金に対して費用が発生します。DMM Bitcoinの入金手数料は無料になります。

出金手数料は次のようになります。

出金手数料
bitFlyer 216円から432円
Zaif 350円から756円
GMOコイン 無料

入金手数料の時と同様にGMOコインは出金手数料も無料です。ZaifとbitFlyerは有料となります。DMM Bitcoinは出金手数料が無料となります。

ビットコインの送付手数料は次のようになります。

送付手数料
bitFlyer 0.0004BTC
Zaif 0.0001BTC以上
GMOコイン 無料

送付手数料が無料のGMOコインに対して、bitFlyerとZaifは仮想通貨の送金に対してコストがかかります。DMM Bitcoinは無料で送付できます。

仮想通貨を取引する場合、本来であれば取引手数料や入出金手数料、送付手数料などが発生するため、すべて無料で取引できるDMM Bitcoinは手数料に関して言えば非常にコストが低い魅力的な取引所です。

DMM Bitcoinと同じくらいコストが安い取引所というと、同じく手数料無料のGMOコインぐらいです。

GMOコインはDMM Bitcoin同様に、売買手数料から入出金手数料、果ては仮想通貨の送付手数料まで全て無料となります。

GMOもコインもほとんどの手数料が無料なんだね!
うむ。ただしレバレッジ手数料が1日あたりの建玉に対して0.05%かかるため、DMM Bitcoinよりも高めだ。DMM Bitcoinのレバレッジ手数料は1日あたり0.04%だからな。

その他、スプレッドに関してもどちらも販売所ということもあってか、大きな違いはないです。

どちらも大手企業ということもあってか、基本的な特徴は似ています。ただし、ビットコインしかFXができないGMOコインと比べ、アルトコインFXもできるDMM Bitcoinの方が優位性が高いと言えます。

GMOコインと違い、DMM Bitcoinの場合、ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、イーサリアムクラシック、リップルなどの仮想通貨を対象にFX取引ができます。

それと、DMM Bitcoinでは、2018年6月30日土曜日までに新規で口座を開設した人全員に1000円の現金をプレゼントするキャンペーンを実施しています。(2018年3月29日時点)

手数料が基本無料であることに加え、現金がもらえるキャンペーンを実施しているDMM Bitcoinは、どこよりも安く仮想通貨の取引が行える取引所です。

DMM Bitcoinがオススメされる理由

DMM Bitcoinがオススメされる理由は何も手数料が無料だからだけというわけではありません。確かに取引手数料から送付手数料、入出金手数料などが無料になるという点は非常に魅力的なメリットです。

しかし、他にもDMM Bitcoinが選ばれる理由はあります。まず、DMM.comという大企業が運営の母体という安心感があります。

世の中には現在、様々な取引所がありますが、その中には信頼できない取引所もあります。その点、大手企業が運営しているDMM Bitcoinならば、安心してお金を預けることができるでしょう。

さらに、DMMはFX会社としての実績が豊富ということもあってか、投資家にとって使いやすいツール作りに余念がありません。PC用のツールのみならず、スマホ用の取引ツールも充実しているため、スマホしかないという人でも簡単に口座を開設し、快適に取引することができます。

これらのメリットに加え、DMM BitcoinにはアルトコインFXができるという強みがあります。アルトコインFXができるDMM Bitcoinならば、アルトコインが暴落した時でさえも、利益獲得のチャンスに変えられるでしょう。

このように、DMM Bitcoinは魅力が多い取引所です。手数料が無料なだけに、使っておいてまったく損がありません。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。