ブロックチェーンの活用法とは?仮想通貨以外の利用事例を紹介します

2017年の年末にかけて仮想通貨全体のバブルが到来し資産が1億円を突破した「億り人」が何人も生み出された結果、一気に仮想通貨の認知度が高まりました。

しかし仮想通貨は最初から株式投資やFXのような投資手段の1つとして開発したものではなく、本来は仮想通貨ごとに開発された意図や利用目的が存在します。

例えば、ビットコインは手数料や手間がかかる決済や海外への送金を円滑に行うために、開発されました。

ビットコインには、画期的なシステムであるブロックチェーンという技術が用いられていますが、投資としての魅力やハッキングなどによる信憑性の低さが影響してしまっているためか、ブロックチェーン技術の素晴らしさがきちんと世間に伝わっていないように思います。

ブロックチェーン技術の魅力と仮想通貨の世界以外でも広がるブロックチェーンの様々な活用法について見ていきましょう。

ブロックチェーンってそもそも何だろう?

仮想通貨投資を行ったことがある人やこれから始める人の中には、仮想通貨がどういったものか知るために、事前にいろいろ調べたことがある人もいるのではないでしょうか?

仮想通貨と切っても切れない関係にあるものがブロックチェーンと呼ばれる技術で、ブロックチェーンの技術によって今まで時間をかけて人的に行われていた作業を簡単に行えるだけでなく、セキュリティも高めることができます。

例えば、銀行は中央集権型のシステムと言われており、本部に全ての機能が集約されています。

しかし、中央集権型のシステムの場合には、一括管理を行いやすいという反面、本部がハッキングなどの被害を受けた場合には、全てを乗っ取られてしまうというリスクがあり、そのリスク対策のために膨大なコストが発生します。

ブロックチェーンの技術を用いた分散管理型のシステムでは、銀行のような管理者の立場を排除し、皆で管理することによって、ハッキング被害を未然に防ぐことができるだけでなく、中央集権型のシステムよりコストを大きく節約することが可能です。

ふ~ん。よくわからないけど、なんか便利なシステムなんだね!
詳しくは「ブロックチェーンの仕組みとは?初心者でもわかるやさしい解説」を読んでみてくれ!仕組みがわかると仮想通貨に対してもより理解が深まるだろう!

ビットコインが誕生するまでは、送金元から送金先に送金する場合には、一度金融機関を通して送金する必要がありました。そのため、送金を行う時間が金融機関の営業時間に限られており、セキュリティ対策費などのコストが手数料に上乗せされていました。

ビットコインが誕生したことによって、送金元から送金先に送金する場合に、金融機関を通さずに送金できるようになったため、時間的な制約がなくなるだけでなくコストが軽減され、手数料を安く抑えることができるようになりました。

またビットコインのブロックチェーンの技術では、送信元と送金先と送金額などの限られた契約内容しか記録できませんでしたが、イーサリアムのブロックチェーンの技術では、より複雑な契約内容を保存できるようになっています。

例えば、今までが「〇円で△という商品を買った」という契約から「〇円支払う→ボタンを押す→押したボタンの飲み物を提供する→おつりがある場合にはおつりを返す」といったような複雑な契約まで記録できるようになったと考えればいいでしょう。

ブロックチェーンがどういった技術なのかわかったところで、実際に世界各地で活用されているブロックチェーン技術の事例について見ていきましょう。

ブロックチェーンの技術は金融機関だけじゃない

仮想通貨が金融関係だからと言ってブロックチェーンの技術が金融機関だけに用いられているわけではありません。

初期のブロックチェーンは、できることに限りがありましたが、現在のイーサリアムをベースにしたブロックチェーンの技術では、ありとあらゆることが可能になっており、金融機関以外でも実装に向けて研究が行われたり、実際に用いられたりするようになってきています。

ブロックチェーン技術って色々なところで活用されているんですね!どんな事例があるのか詳しく知りたいです!
うむ。仮想通貨を知るにあたって、ブロックチェーンに興味を持つことは良いことだな!実際にどんな分野でブロックチェーンの活用が期待されているか教えてやろう!

ポイントサービス

クリスマスやポイント還元セールのような時期には、注文が集中するため、サーバーにかなりの負荷がかかってしまい、うまく処理することができなくなってしまうことがあります。

ブロックチェーンの技術は、分散して処理を行うため、サーバーに対する負荷が軽減されることからスムーズな処理を行えることが期待されています。

2016年5月にはEC-CUBEで実験が行われており、現在は日立ソリューションズが展開するPointInfinityでも検証が行われるようになりました。

1億5千万人分のポイントを管理する巨大なシステムとして注目されるPointInfinityで、ブロックチェーンの技術が確かなものになれば、今後益々ブロックチェーンが世界中で注目されるようになるでしょう。

不動産取引

不動産取引を行う場合には、数々の手続きを行わなければならず、時間だけでなく手数料も多く発生してしまいます。また、提供されたデータが確かなものなのか信憑性が問われます。

ブロックチェーンの技術によって手続きを円滑に行ったり、手数料を減らしたりするだけでなく、提供されたデータの信憑性がブロックチェーンに技術によって保証されている場合には、不動産取引におけるトラブルを未然に防ぐことができるようになります。

このサービスはREXという企業がICOによって始めたサービスですが、REXが発行しているREXトークンを使用することによって不動産売買を行います。

食品管理

食品への針などの異物混入や衛生面の問題による集団感染など、様々な問題が食品販売の家庭で発生してしまいます。スーパーからすれば自分たちが生産したものでないにしても、風評被害を免れることはできません。

そんな中、アメリカのスーパー最大手ウォルマートが豚肉の流通経路とアメリカ製パッケージ商品の流通経路をブロックチェーンに記録するテストを行いました。

どこで誰が生産して、どういう経路でスーパーに並んだのかを一瞬で読み取って対処できるようになるため、食に対する安全性がより確保されるようになります。

農業支援

アメリカなどでは飛行機を利用して大量の農薬を使って生産が行われたりしていることもあり、オーガニックなどの安全な食品を買い求める人が増えています。

日本でも有機野菜などの生産が行われていますが、その無農薬野菜がどこの誰によってどのように生産されたものか知る手段はパッケージに記載できる範囲でしか確認できませんでした。

先ほどの食品管理のように、有機野菜に使われた農薬や土壌の質などをブロックチェーンに書き込むことで、消費者に信憑性の高い情報を伝えることができるようになります。

データの証明や領収書

ワードやメール、計測データ、領収書のドキュメントの信憑性を証明することにもブロックチェーンの技術は用いられています。

Stamperyでは、不変性に優れているビットコインのブロックチェーンのメリットと拡張性に優れているイーサリアムクラシックのブロックチェーンのメリットを兼ね備えており、プロジェクトの登記などにも使用されるブロックチェーン技術として注目されています。

履歴書管理

履歴書には、履歴書詐欺や経歴書詐欺などの課題を抱えています。また、人材不足で悩む企業などは、多額の費用を払って転職サービスを利用して情報を得る必要があり、人材確保のためのコストが多く発生してしまうという現状があります。

そんな中、リクルートテクノロジーズの社内ラボでは、ブロックチェーンの技術を用いて履歴書・経歴書詐欺への対策や人材確保のためのコスト削減の検証を行っています。

個人の特定

予め設定されていた質問に答えることによって個人認証を行うシステムにブロックチェーンの技術が用いられています。

例えば、オフィス認証やクレジットカードの認証に使えますが、この機能を高めていけば、身分証明書として免許証やパスポートの代わりになる日が来るかもしれません。

クラウドファンディングのプラットフォーム

クラウドファンディングによって資金調達を行う企業も増えてきていますが、サービスへの登録などの手間や時間、手数料などが発生してしまうことがネックになっています。

そんな中登場したのが、Starbaseと呼ばれるクラウドファンディングのプラットフォームです。Starbaseは、ブロックチェーンの技術を活用して独自のトークンを発行し、出資者にそれを販売することによって資金調達を行います。

出資者はただ出資して終わりではなく、トークンを取引所で売却することによってキャピタルゲインを得たり配当やプロジェクトの商品などのインカムゲインを得ることが期待できます。

国家戦略

ブロックチェーンの技術は民間止まりかと言えばそうではありません。IT先進国であるエストニアでは、インフラ整備などにブロックチェーンの技術が多数用いられています。

課税システムや登記、100万人以上の医療記録や株式会社における議決権行使など、様々な分野でブロックチェーンの技術が用いられています。

経済成長の大きいエストニアがブロックチェーンの技術を積極的に導入したことによって、ブロックチェーンの技術が経済にどのような影響を与えるのかが注目されています。

こんなことにも使えるの?驚くブロックチェーンの使い方

ブロックチェーンの技術が不動産や食品管理、農業支援など身近なところにまで迫ってきているだけでなく、国家戦略などの大きなプロジェクトにまで用いられるようになってきています。

一方では「こんなことにもブロックチェーンの技術って使われているの?」と驚くようなプロジェクトも存在しているので、そちらもご紹介しましょう。

愛の告白

「愛の告白にブロックチェーンの技術ってどういうこと?」と驚かれた人も多いのではないでしょうか?

ブロックチェーンに書き込んだ情報は劣化することがなく永久に保存できるので、ブロックチェーンをベースにした証明書を発行することで、永遠の愛を誓うことができます。

アート作品の証明

贋作と呼ばれる本物に似せて作られた絵画は、プロの目をもってしてもなかなか判断ができず、オークションなどで手に入れるにしても、金額が高額になるだけになかなか手を出しにくい状況があります。

しかし、画像データをブロックチェーンに記録することによって、その絵画が本物であるという根拠を示せるようになれば、絵画の売買を行う際のリスクを軽減することができるでしょう。

失踪者の捜索

中国のテンセントは、行方が分からなくなった人の写真をプラットフォーム上で共有することによって様々なデータベースと照合することで捜索を行うことができるというサービスを始動しました。

テンセントは金の取引や融資サービスなどにも積極的にブロックチェーン技術の導入を進めており、中間業者の排除や書類の作成の手間を省くことができるため、手数料を低く抑えながら金の売買や融資サービスを提供できるようになりました。

全てのデータがブロックチェーン上で管理できるようになっているため、中央集権型のシステムのようなハッキング被害対策を講じる必要がないこともコストダウンにつながる大きなメリットと言えるでしょう。

仮想通貨は投資や通貨だけではない!これからのブロックチェーン技術の活用に期待

どうしても仮想通貨はコインチェックのハッキングによる500億円以上の被害や世界各地の仮想通貨に対する規制、ICOの詐欺などいいイメージがない人も多いのではないでしょうか?

確かに悪い印象はあるかもしれませんが、仮想通貨に用いられている技術は今まで不可能であったことを可能にするような画期的なものであることを忘れてはいけません。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。