ビットフライヤーで出金する方法!手数料・反映時間とあわせて解説

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内でもっとも取引量が多く、ユーザーからの人気も高い仮想通貨取引所です。

ビットフライヤーでは現物取引のみならず、ビットコインのFXなども行えます。さらに、取扱っている仮想通貨の種類が豊富なため、ここでなら様々な仮想通貨を相手に日本円と換金することができます。

既にビットフライヤーを通じて仮想通貨の売買を行い、利益を上げたという投資家も多くいることでしょう。

ここではビットフライヤーの取引口座から銀行口座へ出金をするための手順や、銀行口座に出金の結果が反映されるまでにかかる時間、さらには出金時の注意点などを紹介します。

ビットフライヤーの出金方法

ビットコインを売って日本円に換金してあるなら、日本円の出金はすぐにできます。

ビットフライヤーの取引口座より、銀行口座へ出金をする場合、パソコンでもスマホでも出金は可能です。

銀行名 出金手数料(税込)
三井住友銀行 216円~432円
三井住友銀行以外の金融機関 540円~756円
どうして出金手数料に幅があるんでしょう?
出金手数料は出金先の銀行によって手数料が異なるぞ!だから最低金額から最高金額までを記載しているんだ。

取引口座から全額出金する場合は、出金したい金額から手数料分の費用を引かないと出金できないため、注意してください。手数料が足りないと、残高不足のため出金ができません。

例えば取引口座の残高が1万円で、手数料が216円の場合、全額出金をするのであれば、

10000円-216円=9784円

となりますので、出金額は9784円と入力してください。

ビットフライヤーの出金手数料は、三井住友銀行を選んだ場合のみ、安くなります。そのため出金用の口座は三井住友銀行を選択すると良いでしょう。他にも、じぶん銀行の口座を有しているのであれば、手数料が安いリアルタイム入出金サービスを利用できます。

リアルタイム入出金のサービスを利用する場合、金額が3万円未満だと216円(税込み)、3万円以上だと432円(税込)と三井住友銀行と同じくらい手数料が安くなります。

リアルタイム入出金を利用すると、24時間365日いつでも口座振替が行えるため、出金結果の反映時間が従来よりも短縮されます。

ちなみに、クイック入金と違って、リアルタイムの出金ができるのはビットフライヤーが業界初です。ただし、リアルタイム出金が可能な金融機関は、じぶん銀行だけとなります。(2018年4月5日時点)

手数料に違いこそあれ、出金の方法そのものに関していえば、とても簡単です。ここではパソコンとスマホ、それぞれの出金方法を解説します。

パソコンより出金をする方法

パソコンを使ってビットフライヤーから銀行へ出金をする場合、まずは公式サイトにアクセスし、ログインしてください。

出金する際には事前にログイン後のマイページより振込先の銀行口座の情報を登録しておいてください。

alt名を考えて記入

次に、左側にある「入出金」をクリックし、上側にある「日本円出金」をクリックしてください。

alt名を考えて記入

お客様口座情報に間違いがないかを確認し、「この銀行口座にご出金」にチェックを入れてください。その後、ご出金額の空欄に出金額を入力後、「日本円を出金する(取消不可)」をクリックしてください。

alt名を考えて記入

出金の手続きはこれで完了です。あとは出金したお金が指定した銀行口座へ反映されるまでお待ちください。

出金する際には事前にログイン後のマイページより振込先の銀行口座の情報を登録しておいてください。

スマホで出金をする方法

スマホといっても、公式サイトより出金するのであれば、パソコンと同じ方法で出金が可能です。ただし、ビットフライヤーのウォレットアプリより出金をする場合は、まずウォレットアプリをインストールしてください。

alt名を考えて記入

次にアプリを起動し、ログインしてください。

alt名を考えて記入

画面上にある「Ξ」をタップし、「入出金」をタップしてください。

alt名を考えて記入

出金可能な通貨のリストのうち、「日本円」を選択し、「出金」をタップしてください。

alt名を考えて記入

お客様口座情報を確認後、「ご出金額(JPY)」の空欄に出金したい金額を入力してください。入力作業が完了後、画面右上にある「出金する」をタップしてください。

alt名を考えて記入

これで出金申請の作業は完了となります。あとは入金の結果が反映されるまでお待ちください。

ビットフライヤーから出金できない原因と対処法

既に手続きをしたにも関わらず、ビットフライヤーから出金できない場合、一体何が原因なのでしょう?

もしもビットフライヤーから出金できない時、一度出金されるまで待機してみることをオススメします。

クイック入金などと違い、出金には多少なりとも時間がかかります。大抵の場合、出金の申請をしてから2日から3日も経過すれば、出金の結果が口座に反映されます。

では、申請をしてから一週間経過しているにも関わらず、出金されない場合はどうしたら良いのでしょう?

どのような原因があるにせよ、出金できない時はビットフライヤーに直接お問い合わせください。

出金が反映されるまでにかかる時間と日数

クイック入金であれば、申請をしてからわずか数時間内で入金することができます。しかし、出金ともなると、リアルタイム出金を除き、反映までに時間がかかります。

では、出金の反映には時間がかかるとして、具体的にどれくらいかかるのでしょう?

銀行営業日の午前11時30分までに出金の申請をした場合、当日中には着金する予定です。

そのため、この時間帯を過ぎてしまうと、出金は翌銀行営業日にまわされてしまいます。

特に、毎月の5日と10日、週の始め、月末などは銀行が混雑する時間帯ということもあってか、出金が遅れる可能性があります。

他にも、金曜日や祝日前日など、銀行が休みになる前日に出金申請をすると、休日が終わるまで出金されない恐れがあります。できるだけ早めに出金結果を反映させたいのであれば、銀行が休みに入る前に手続きをしておきましょう。

このような事情を抱えているため、出金が反映されるまでには少なくとも1日から2日以上はかかると想定しておいた方が良いです。

土日でも出金は可能なのか?

ビットフライヤーでは、たとえ土日や祝日であっても、出金の申請をすることは可能です。ただし、実際に反映されるのは、銀行営業日となります。

そのため、土日や祝日に申請をした場合、出金結果が反映されるのは週始めか祝日明けとなります。

いずれにしろ、出金の申請をするだけなら土日や祝日でも全く問題なく行えます。

ビットフライヤーで出金できない理由や原因

申請をしたにも関わらず、出金できない原因とは一体何があるのでしょう?

単純に遅れているだけというケースを除き、出金できない原因というと、手続き上のミスが考えられます。

振込先の口座の情報、口座番号や名義人の名前を間違えていると、出金結果が反映されません。

さらに、出金額が残高を超えていると、やはり出金できないので注意しましょう。特に、全額出金をする場合、手数料を引いた金額を入力しないと、残高不足ということで出金ができません。

これ以外の原因というと、出金制限に引っかかっている可能性があります。

というのも、ビットフライヤーでは、クイック入金をした場合に限り、出金が7日間制限されるというルールが存在します。

これはクイック入金相当の資産の移動を7日間制限するというセキュリティ上の措置となります。この制限がある限り、クイック入金をした後の7日間は、クイック入金したお金を出金できないので、注意しましょう。

手続き上のミスや出金制限など、出金できない原因というと様々な事例が考えられます。ただ、そのいずれにも該当せず、本当にわからない場合は、どうすべきなのでしょう?

原因がわからない場合は、ビットフライヤーに直接問い合わせる、それが一番良い対処法となります。

出金が反映されない場合の対処法

いくら出金には時間がかかるといっても、一週間以上反映が遅れるということはありません。明らかに遅すぎる場合は、できるだけ早急にビットフライヤーに問い合わせてください。

ビットフライヤーへのお問合せは、ログイン後のマイページより行うことができます。

単純にビットフライヤー側の手続きの遅れが原因で出金が反映されていないのであれば、直接お問い合わせをすることで、出金を促すことができます。

滅多にないことですが、ビットフライヤー側の作業の遅れが原因で出金が反映されないことがあります。特にここ数年は仮想通貨の人気が高まっているせいか、ビットフライヤーを利用する人が増えています。

利用者が増えることで、対応が間に合わなくなり、遅れることがたまにあります。そのような時は、直接お問い合わせをし、出金してもらえるように依頼しましょう。

出金する時の注意点

ビットフライヤーで出金するときに注意することってあるの?
口座番号や名義人を間違えると出金できないから注意が必要だ!しっかりと確認するんだぞ!

さらに、いくら出金するのか、残高の確認も忘れないでください。特に全額出金をする場合、手数料の支払いがあることを念頭において出金額を入力してください。

特に手続き上のミスさえなければ、問題なく出金を行えます。

申請後にキャンセルはできるのか?

出金の申請をした際に、もしも間違いが発覚した場合はどうなのでしょう?果たして申請の手続きをキャンセルできるのでしょうか?

ビットフライヤーでは、一度日本円の出金を申請すると、キャンセルができません。

そのため、申請の際には間違いがないように注意してください。

出金に関して上限や制限はあるのか?

ビットフライヤーから日本円を出金するにあたり、特にこれといった上限などは存在しません。ただし、出金をする場合、出金額が3万円未満の場合と3万円以上の場合とでは、それぞれ手数料に違いがあるので注意してください。

さらに、クイック入金を利用した場合に限り、クイック入金額相当の資産が7日間出金できなくなるという制限があります。そのため、7日以内に出金する予定のお金に関しては、クイック入金しない方が良いでしょう。

出金の承認待ちの口座状況

出金の申請をしたからといって、すぐに出金されるわけではありません。承認されるまでの間は、まだ取引口座にお金がある状態です。果たしてこの状況下において、取引などはできるのでしょうか?

まず、出金申請をした段階で、出金額相当の日本円を用いて取引することはできません。さらに、一度出金申請をするとキャンセルもできないため、取引を継続するのであれば必ず取引用の日本円は取引口座に残しておきましょう。

さらに、出金の承認に関して言えば、平日の営業時間中であれば比較的早く承認されます。ただし、土日や祝日のような休日の場合、営業が開始されるまで承認されないでしょう。

営業期間中に出金の手続きをしたにも関わらず、いくら待っても承認されない場合は、ビットフライヤー側で何か問題が起きているのかもしれません。そのような時は、やはり直接お問い合わせをして、確認しましょう。

ビットフライヤーの出金に関する総評

ビットフライヤーの出金に関してですが、良くも悪くもないといったところです。

出金の申請をすれば、土日や祝日を除いて、迅速に出金を承認し、指定した口座へ出金を開始してくれるので、特に問題点らしい問題点はありません。

たとえ出金が遅れたとしても、直接ビットフライヤーにお問合せをすれば、すぐにでも出金するための作業を始めてくれます。

唯一の難点というと、出金をすると手数料がかかる点でしょう。特に三井住友銀行以外の金融機関を使い、3万円以上の出金をする場合、手数料が756円かかります。

余計な出費を抑えたいのであれば、安く利用できる三井住友銀行か、リアルタイム出金に対応しているじぶん銀行の口座を開設しておくと良いでしょう。

手数料がかかるという点さえ除けば、ビットフライヤーの出金サービスは可もなく不可もなく、いたって問題が少ないです。そのため、ビットフライヤーを使っている限り、問題なく常に出金することが出来るでしょう。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。