ビットフライヤーへ日本円を入金する方法と手数料・注意点を解説

bitFlyer(ビットフライヤー)は金融庁の認可だけでなく、三井住友海上という保険会社と提携しているので、仮想通貨流出などの事態が起きても安心です。コインチェックがきっかけで、ビットフライヤーの利用者が増えるのではないかと考えています。

そこで気になるのが、ビットフライヤーの入金方法と、それに伴う手数料についてです。ここでは、日本円の入金と本人確認済みを前提に、入金方法と入金手数料を中心について解説していきます。

入出金を行うには、「本人確認」と「利用する銀行口座の登録」が必要です。まだ済んでいない場合は、そちらを済ませてから次の章から説明していく手順に沿って入金を行ってくださいね。

ビットフライヤーの入金方法は多い

ビットフライヤーの入金方法はひとつだけではなく、多く存在します。入金方法が多いということは、臨機応変に対応できるということです。そこで、ビットフライヤーが導入する入金方法を次に挙げて、パソコンでの操作を前提に、詳しく解説していきます。

銀行振込

銀行振込を利用する場合、銀行が設けている振込手数料以外の費用はかからないので、多くのユーザー達が使う入金方法です。通常の振込であれば、三井住友銀行と住信SBIネット銀行のお客様専用口座のいずれかとなります。

詳しいやり方を説明しますが、まずはログイン、マイページにアクセスです。そして、画像通りにクリックして進みます。

ビットフライヤーで入出金を選択

ビットフライヤーで日本円ご入金を選択

ビットフライヤーの銀行振込を利用して入金

色でつぶしているところは筆者の個人情報です。三井住友銀行と住信SBIネット銀行の内容も表示したいのですが、こちらも個人情報にかかわるのでご容赦ください。

住信SBIネット銀行だと、その銀行の口座からの振込であれば、土日でも入金が反映されるので、週末でも入金したい方は、住信SBIネット銀行の利用がおすすめです。

クイック入金

クイック入金は24時間365日問わず、完了後に反映されるというものです。数分もかからないというのが魅力で、急いで入金しなければならなくなった人にとっては、ありがたいサービスでもあります。クイック入金のアクセス方法は、下の画像から始まります。

ビットフライヤーのクイック入金を選択

ビットフライヤーのクイック入金を利用して入金

じぶん銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行と提携しており、ペイジーを利用した入金も利用できます。

コンビニ入金

コンビニ入金は現金しか受け付けていないのがデメリットですが、支払いを終えてから数分で反映されます。クイック入金に分類します。

現在、コンビニ入金に対応しているコンビニは、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、スリーエフ、セイコーマートです。

ログイン後、入出金にアクセスして、コンビニから入金を選択し、入金したい額を入力します。手続きを済ませた後、自分が指定したコンビニに足を運び、コンビニに設置されている端末を操作して、会計を済ませます。済ませてから数分後、反映されます。

クレジットカードでは入金できないの?
うむ。以前はできたんだが、2018年3月9日からクレジットカード決済は使えなくなったんだ。これはほかの取引所・販売所でも同様だぞ。
どの取引所でもクレジットカードで仮想通貨の購入はできないんですね。どうしてなんですか?
仮想通貨は価格変動が激しいため「多額の仮想通貨を買ったはいいが、その後購入した仮想通貨の価値が暴落する」こともある。

そうすると大きな損失を抱えることになり、クレジットカードの支払い能力がなくなってしまう人もいるからな。

クレジットカード各社は利用者が大きな損失を抱えることを懸念しているってわけだ。

ビットフライヤーの入金についての注意点

ビットフライヤーの入金について、いくつかの注意点があります。その注意点を次に挙げて、解説していきます。

本人確認を済ませること

新規登録のときにアカウントクラスになっていますが、トレードクラスにしないと、入金ができても仮想通貨を買うことも売ることもできません。本人確認に必要な書類は、運転免許証やパスポートなど、いずれかひとつ用意しアップロードします。

手続きが済んだ後、1週間前後でビットフライヤーのはがきが郵送され、受け取った時点で本人確認は終了し、トレードクラスになります。

なお、その間に、Facebook認証、携帯電話認証、銀行口座情報確認、IDセルフィーの手続きを終わらせましょう。

IDセルフィーとは、自分の顔と自分の身分証明書が同時に撮影された写真で、本人を確認するのに重要だからです。

銀行口座情報を追加する

日本円を入金するのに必ずやらなければなりません。なぜなら、入金するのに必要不可欠だからです。

ログイン後、入出金、日本円ご入金を順番に選択し、三井住友銀行と住信SBIネット銀行のどちらでもいいので、詳細をクリックして、「銀行口座情報を追加する」をクリックします。

銀行口座情報を登録してから承認が下りるまで約2日かかります。複数登録できるので、可能であれば複数登録してもいいでしょう。

入金は登録口座からじゃないと反映されない

入金先の銀行口座情報を知ったとしても、入金するときは、登録して承認を受けた銀行口座からでないと入金は認められません。

理由は下記の画像にあります。

ビットフライヤーに入金するときの注意点

口座名義に注意する

もうひとつ、注意しておきたいのが振込人名義。注意が必要になるのは、住信SBIネット銀行のお客様口座宛に振り込むときだけ。

なぜかというと、住信SBIネット銀行を振り込むとき、口座名義の頭にIDを入力しなければなりません。

具体的に例えるなら、こんな感じです。

「12345 ナナシノ ゴンベエ」

振込人名義に必要な5桁のIDは、ユーザー一人ひとりに割り振られています。5桁のIDは、ビットフライヤーの入出金ページにある「日本円ご入金」のタブから確認することが可能です。

ええ!?さっき振込したときにIDを入力し忘れちゃいました!どうしたら良いんでしょう?
ビットフライヤーのお問い合わせフォームから問い合わせるんだな。入金の反映が遅れる可能性があるから、必ず連絡するんだぞ!

入金後の反映時間について

入金方法によって、反映時間は異なります。三井住友銀行に振り込んだ場合は、銀行の営業時間内であれば当日に反映されますが、銀行の営業時間が終わるギリギリに振り込んだ場合は、翌営業日に持ち越される可能性は高いです。

住信SBIネット銀行に振り込む場合は、ユーザーが住信SBIネット銀行を利用して振り込むのであれば土日でも入金できます。それ以外の場合は、翌営業日に持ち込まれます。なぜかというと、利用する銀行が土日に営業していないからです。

クイック入金やコンビニ入金であればわずか数分で反映されます。

入金が遅い、反映されない場合は?

入金してもすぐに反映されない場合はよくあるのですが、反映までかなりの時間が経過し、現在でも反映されない場合は、「入出金お問い合わせフォーム」を使って、入金の情報などについてお知らせする必要があります。

入金が反映されない原因はなにか?

考えられる原因は主に次のとおりです。

  • 口座名義が異なった状態で振り込んでしまった
  • 住信SBIネット銀行の振り込むとき、口座名義の頭にID(5桁の数字)を入力していない
  • 登録口座でない銀行口座から振り込んだ
  • 毎月5日と10日、週始め、祝日明け、月末等になると、金融機関の処理に時間がかかってしまうことがある

心当たりがある場合は、お問い合わせしてみましょう。

クイック入金に制限がある

具体的に説明すると、セキュリティ向上を理由に、クイック入金してから7日間の間は様々なサービスが制限されます。

どのようなサービスが制限されるのかというと、日本円の出金、仮想通貨が他の取引所などへの送金、bitWire、ビットコインの使用、Payなどです。

仮想通貨自体の売買は問題なく利用できます。本人確認が終わっていない段階でクイック入金を利用すると、本人確認のための簡易書留が送付されて、入金までに時間がかかります。

本人確認が終わるまでの間は、クイック入金の利用は控えるようにしましょう。

ビットフライヤーの入金について知っておきたいポイント

入金について知ってもらいたいポイントがあります。そのポイントを次に挙げて、解説していきます。

クイック入金の手数料について

クイック入金の手数料は一律324円(税込)で、通常の銀行振込と同等か高めぐらいの料金です。

手数料を取られたくないという方は、通常の銀行振込がおすすめですが、手数料がかかってもいいから、すぐに入金したいという方は、クイック入金がおすすめだということです。

ただし、購入後1週間の間は、売却と送金ができないので注意するようにしましょう。

コンビニ入金はおすすめできない

なぜコンビニ入金はおすすめできないのかというと、理由があります。その理由をリスト化すると…。

  • 手数料が高い
  • セブンイレブンなど一部対応できないコンビニがある
  • 現金しか使えない
  • コンビニ入金で入金した額を仮想通貨で購入すると、7日の間、購入した仮想通貨を他の取引所などに送金できない

こうなります。コンビニを使って仮想通貨を購入すると、色々な制約が出てくるということです。多くの人は手数料のかからない、銀行振込を選択します。あまり急いでいない場合は、銀行振込がおすすめだということです。

ビットフライヤーの入金方法はシンプルなうえに手数料が安い

ビットフライヤーの入金は、入金方法について記載されている通りに行えば、ほとんど間違うことなく行えます。クイック入金を利用したとしても、銀行の振込手数料並に安いので、経済的な苦になることはありません。

ビットフライヤーでの仮想通貨の購入は簡単ですが、リスク管理を怠るとビットコイン暴落のときに大損した投資家の二の舞になる可能性があるので、十分注意しましょう。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。


  • S.Kiyo

    住信SBIネット銀行の振り込むとき、口座名義の頭にID(5桁の数字)を入力→とは具体的にどのような5桁の数字なのでしょうか? 初めてのため全く理解できません。恐縮ですが分かり易くご教示頂ければ助かります。

    • 桜井

      5桁のIDはユーザーによって違うんだ。

      本人確認と銀行口座の登録を済ませて、日本円の入金画面で「住信SBIネット銀行」を選択すればIDが表示されるから、一度確認してみてくれ。