ビットフライヤーの使い方を解説!アプリで仮想通貨を買う方法

仮想通貨取引所のビットフライヤーを使う際「仮想通貨の買い方がわからない」「いきなり自分で、ビットコインを買うのは不安だ」という人もいます。

しかしビットフライヤーの取引方法はシンプルなので、覚えてしまえばとても簡単。

「販売所」か「取引所」を選択し、買いたい仮想通貨の種類や数量などを決定するだけです。

「販売所」と「取引所」はどう違うの?
「販売所」はビットフライヤーとユーザーが取引して、価格はビットフライヤーが決める。「取引所」はユーザー同士が取引して、価格はユーザーが決めるんだ。

今回の記事は操作の簡単な「ビットフライヤーの公式アプリ」を使った仮想通貨の買い方を、画像付きで説明します。

ビットフライヤーで仮想通貨を売買するには、まず口座開設と日本円の入金が必要です。

ビットフライヤー(bitFlyer)で口座を開設する方法については「ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法を詳しく解説」で詳しく解説しています。

すでに口座開設と入金を完了し、ビットフライヤーで仮想通貨を買いたいと考えている人は参考にしてください。

スマホやタブレットにビットフライヤーアプリをダウンロードしよう!

まずはビットフライヤーの公式アプリをダウンロードします。次のボタンからダウンロードできますよ。

ビットフライヤーを使う場合、ビットフライヤーのホームページでも、仮想通貨の売買が可能です。

しかしアプリを使えば、より便利にビットフライヤーを使うことができます。ビットフライヤーのアプリを使うメリットは次のとおりです。

ビットフライヤーのアプリを使う主なメリット
  • アプリを起動して、すぐに仮想通貨の値動きを確認できる
  • QRコードを読み取れるので、お店での支払いにも使える
  • 「販売所」と「取引所」の切り替えが簡単
  • 入出金が簡単

スマホでビットフライヤーを使う場合、アプリの利用は必須なので、ダウンロードしておきましょう。

次の章からは、ビットフライヤーのアプリを使った仮想通貨の買い方を説明していきます。

ビットフライヤーの販売所で仮想通貨を購入!種類と数量を決めるだけ

ビットフライヤーの「販売所」での買い方を説明します。買い方の流れは次のとおりです。

ビットフライヤーの「販売所」で仮想通貨を購入する流れ
  1. 買いたい仮想通貨を選択
  2. 買いたい仮想通貨の数量を選択
  3. 注文を確定する

それぞれ説明していきます。

1買いたい仮想通貨を選択

トップページから、販売所のタブを選択しましょう。

ビットフライヤーの販売所選択

ビットフライヤーの販売所では、次の仮想通貨を売買可能です。

ビットフライヤーの販売所が取り扱う仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LISK)

どの仮想通貨も買い方は同じなので、ビットコインを例に説明します。

まずは販売所のタブを選び、ビットコインの項目を押しましょう。

ビットフライヤーのビットコイン販売所の画面

2買いたい仮想通貨の数量を選択

まずは買いたいビットコインの数量を決めましょう。「+1」や「+0.1」などのボタンを押せば、その分だけ数量の数字が増えます。

また数量の部分をタッチすれば、数字を直接入力することも可能です。

販売所の場合、数量を選択すれば価格が自動的に決定されます。

ビットフライヤー販売所の購入確認画面

3注文を確定する

買いたい数量を決めたら、「買う」ボタンを押しましょう。確認画面が表示されるので、「注文確定する」ボタンを押せば完了です。

この場合は1BTC=772,993円のときに、0.001BTCを購入するから、773円が必要なんだね!
そのとおりだ。
残高が足りない状態で「注文確定する」ボタンを押すと、どうなるのよ?
その場合は、「残高不足です」と表示されるぞ。

ビットフライヤー販売所の残高不足画面

なるほど。自分の所持金額以上の仮想通貨は、買えないんですね。
そうだ。他のアルトコインと同じ手順で買うことができるから、試してみるといいぞ。次の章は、取引所での買い方をみていこう。

取引所では数量と価格を選択!買い板を参考に価格を決めよう

続いて取引所での仮想通貨の買い方を説明します。買い方は次のとおり。

ビットフライヤー取引所での買い方
  1. 取引所タブから、ビットコインを選択
  2. 買いたいビットコインの「数量」と「価格」を選択
  3. 買い注文を確定する

それぞれ説明していきますね。

1取引所タブから、ビットコインを選択

まずは販売所の横にある「取引所」を選択しましょう。

ビットフライヤーの取引所画面

ビットコインを選択します。

ビットフライヤーの取引所は、ビットコインしか扱っていません。

2買いたいビットコインの「数量」と「価格」を選択

ビットフライヤーの取引所の画面

買いたいビットコインの「数量」と「価格」を決めましょう。取引所の場合、価格も自分で決めることができます。

ただし、相場からかけ離れた価格を設定しても注文は成立しません。

相場っていうのは?
その時点での、1BTCの価格のことだ。画像だと1BTC=745,000円前後が相場だぞ。
相場通りの価格設定をすればいいんですね。
そうだ。取引所はユーザー同士のやり取りだから、注文が通らないと取引が成立しない。

自分が1BTC=500,000円で買いたいと思っても、その値段で売ってくれる人がいないと、ビットコインを買うことはできないんだ。

もし金額の設定に悩んだら、板を参考にしましょう。

板とは売買の情報を集めたものです。

画像の上に、緑の文字で表示されているのは売りの情報を集めた「売り板」。赤文字は買いの情報を集めた「買い板」です。

ビットフライヤーの取引所の板

ビットコインを購入する場合、「買い板に表示されている価格」か「1番高い買値よりも上の価格」を設定すれば、取引が成立しやすくなります。

3買い注文を確定する

買いたいしたいビットコインの「数量」と「価格」を決めたら、「買う」ボタンを押しましょう。

ビットフライヤーの取引所の注文確認画面

その後「注文確定する」ボタンを押せば、完了です。

ただし注文を確定しても、すぐにビットコインが手に入るわけではありません。

他のユーザーが、自分の設定した数量と金額でビットコインを売ってくれなければ、注文が成立しないためです。

またビットコイン取引所での売買は、売買手数料がかかります。

今回は、購入者の直近30日間のビットコイン取引量が計10万円未満なので、0.15%の手数料が必要です。

ビットフライヤーの手数料については「ビットフライヤーの手数料一覧と、高い手数料を抑える方法」で詳しく解説しています。

ビットフライヤーの使い方は簡単!販売所と取引所を使いわけよう

ビットフライヤーでの仮想通貨の買い方を説明しました。

販売所の場合、取引所に比べ購入価格は高くなりますが、すぐに仮想通貨を購入できます。

取引所は販売所に比べ購入価格は低いですが、仮想通貨を手に入れるまでに時間がかかる可能性も。

販売所と取引所はそれぞれに特徴があるので、状況に合わせて使いわけましょう。

たとえば普段の取引は安い価格で購入できる取引所を使い、価格が急落しているときは、すぐに売買できる販売所を使うなどです。

ビットフライヤーの取引所はビットコインしか扱っていないため、その他のアルトコインを買いたい場合は、他の取引所を利用するのも1つの手です。

またビットフライヤーは、クレジットカードによる仮想通貨の購入を、2017年3月9日以降停止しています。

ビットフライヤーのアプリでも、クレジットカードは使えなくなっているので、注意してください。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。