ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法を詳しく解説

国内初の仮想通貨取引所として有名な「ビットフライヤー(bitFlyer)」。テレビCMなどでその名前を聞いたことがある、という人も多いのではないでしょうか?

ビットフライヤーは、仮想通貨の1つである「ビットコイン」の取引量が日本で最も多い取引所です。

そこで気になるのは「ビットフライヤーが安心・安全に取引できるかどうか」というセキュリティ面。平成29年9月、ビットフライヤーは金融庁による登録制度「仮想通貨交換事業者登録」を受けました。

金融庁の認可を受けるには、セキュリティ面においても多くの課題をクリアする必要があり、ビットフライヤーはそれらの審査を通過しているということ。

このようにビットフライヤーは、顧客保護にも注力しているんですよ。

この記事では、ビットフライヤーで口座開設する手順を画像付きで詳しく解説。アカウント作成料金や口座開設にかかる時間・日数、口座開設から仮想通貨購入までにかかった期間も紹介します。

「仮想通貨を買ってみたいけど、まだ口座開設していない」という人は、この記事を読んでぜひ口座開設してみてくださいね。

ビットフライヤー(bitFlyer)のアカウントクラスは2種類!

ビットフライヤーで仮想通貨の取引を始めるには、まずアカウントを作る必要があります。

アカウント作成の料金は無料。

ビットフライヤーのアカウントクラスは、次の2種類です。

ビットフライヤー(bitFlyer)アカウントクラス
  • ウォレットクラス
  • トレードクラス

それぞれの違いは次のとおり。

ビットフライヤー(bitFlyer)アカウントクラスの違い
ウォレットクラス トレードクラス
仮想通貨売買の最大金額 ・売買不可 ・制限なし
仮想通貨送付・決済の最大金額 ・7日間で10万円 ・制限なし
bitFlyer lightning※ ・Futures ・現物
・FX
・Futures
※ビットフライヤーが提供する、ビットコインの現物・FX・先物取引、アルトコインの現物取引に対応した取引所

ここで注目すべきなのは「仮想通貨の売買ができるかどうか」という点です。

どちらのアカウントクラスでも、仮想通貨の保持はできます。しかし売買がしたいなら、「ウォレットクラス」から「トレードクラス」にアップグレードする必要があるのです。

ビットコインをまだ持っていないなら、トレードクラスのアカウントにすればいいの?
そういうことだ。どちらのクラスであっても、アカウントの作成方法は変わらない。まずはアカウントの作成方法について、次の章で詳しく解説するぞ。

「アカウント作成はすでに完了している」という人は、「ビットフライヤーで「トレードクラス」にアップグレードする方法」の章でアップグレード方法を確認してください。

ビットフライヤーの口座開設方法!アプリでアカウントを作成する

ビットフライヤーのアカウントクラスは、「ウォレットクラス」と「トレードクラス」の2種類。どちらクラスも、まずはアカウントを作成する必要があります。

アカウント作成方法は次の2つです。

ビットフライヤー(bitFlyer)アカウント作成方法
  • Webサイトから作成する
  • アプリで作成する

Webサイトからアカウントを作成する場合、メールアドレスのほか、Yahoo! IDやFacebookのアカウントを利用することも可能。

アプリでアカウントを作成する場合は、ビットフライヤーのアプリ「bitFlyerウォレット」をダウンロードします。

今回紹介するのは、アプリをダウンロードしてアカウント作成する方法です。画像とともに詳しく見ていきましょう。

ビットフライヤーのアプリをダウンロード!アカウント作成の手順

1アプリ「bitFlyerウォレット」をスマートフォンにダウンロードする

bitFlyerウォレット

「App Store」または「Google Play」から、「bitFlyerウォレット」をスマートフォンにダウンロードしてください。ビットフライヤーの公式サイトから、ダウンロードページに飛ぶことも可能です。

2アプリを開いて「アカウント作成」を選択する

ビットフライヤーのアカウント作成

3メールアドレスを入力・項目をチェックする

ビットフライヤーの無料アカウント作成

メールアドレスを入力し、項目をチェックした後「アカウント作成」を選択してください。

4メールに記載されているURLをクリックする

入力したメールアドレス宛に、bitFlyerからメールが届きます。メール内に記載されているURLをクリックしてください。

5アカウント登録完了

次のような画面が出れば、アカウント登録は完了です。

ビットフライヤーのアカウント登録完了

ここまでにかかった時間は、およそ3分。

簡単にビットフライヤーのアカウント登録が完了します。

この時点でのアカウントクラスは「ウォレットクラス」だ。仮想通貨の売買がしたいなら、トレードクラスにする必要があるぞ。
どうすればトレードクラスになれるんでしょうか。
ウォレットクラスから「トレードクラス」にグレードアップする方法は、次の章で詳しく説明するぞ。しっかり確認しておくんだな!

ビットフライヤーで「トレードクラス」にアップグレードする方法

アカウントの作成が完了したら、「ウォレットクラス」から「トレードクラス」へアップグレードしましょう。

アップグレードの手順は次のとおり。

1アプリのホーム画面からメニューを開く

bitFlyerウォレットのホーム画面

2「アカウント」を選択する

bitFlyerウォレットのメニュー

3マイアカウントから「登録内容」を選択する

bitFlyerウォレットのマイアカウント

4「ご本人情報のご登録」から「お客様の取引目的等のご確認」までの登録を行う

ビットフライヤーアカウントの登録内容

5「ご本人情報のご登録」を選択して、本人情報を入力する

本人情報を登録する際に入力する情報は、次のとおりです。

「ご本人情報のご登録」で入力する情報
  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 国籍
  • 住所
  • 電話番号

すべての入力が終わったら「登録する」を選択して、次へ進んでください。

6「ご本人確認資料のご提出」を選択して、本人確認資料の写真をアップロードする

本人確認資料の提出は、データのみ受け付けています。次のいずれかを選択し、必要書類を用意してください。

提出可能な本人確認資料
  • 運転免許証
  • パスポート(日本が発行した旅券)
  • 個人番号カード(※1)
  • 住民基本台帳カード
  • 各種健康保険証(※2)
  • 各種年金手帳(※3)
  • 各種福祉手帳
  • 住民票の写し(※4)
  • 印鑑登録証明書(※4)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 登記事項証明書(※5)
※1:マイナンバー通知カードは不可
※2:住所を自分で記入する新型健康保険証の場合、現住所を記載し提出
※3:平成9年以降に発行されたものは不可
※4:発行日から6カ月以内のもの
※5:法人の場合のみ選択可能

次のページで本人確認資料の写真をアップロードします。下の写真は「各種健康保険証」を選択した場合のページです。

本人確認資料アップロード

本人確認資料によっては、裏面の提出が必要となる場合もあります。資料全面が鮮明に写るよう撮影しましょう。

写真のアップロードができたら「保存」を選択して、次に進みます。

7「お客様の取引目的等のご確認」から取引時確認事項を選択する

取引時確認事項

取引時選択事項から該当するものを選択し、「保存」を押してください。

ここまでの流れで、「トレードクラス」へのアップグレードの手続きは完了です。後日ビットフライヤーから、入力した住所宛に書留郵便が届きます。

書留郵便が届くまでの日数は、本人情報登録後から3営業日後が目安。筆者の場合、登録から仮想通貨購入までの期間は、わずか4日でした。

へー、けっこう簡単にグレードアップできちゃうんだね。ちなみに未成年でもアカウントって作れるの?
未成年でもアカウント作成は可能だ。ただし未成年の場合は、「承諾書」と「保護者の顔写真付本人確認資料の写し」をbitFlyerまで郵送する必要があるぞ。
郵送しないと、未成年のアカウントは使えないの?
そうだ。2つの書類の受領確認が終わらないと、アカウントの利用はできない。取引を開始したい日時が決まっているなら早めに必要書類を用意し、アカウント登録の手続きをしておくことだな。

ビットフライヤー(bitFlyer)で簡単に口座開設しよう

ビットフライヤーでのアカウント作成方法と、アカウントのグレードアップ方法を画像付きで解説しました。

アカウントの作成方法は、「Webサイトから登録」と「アプリから登録」の2種類。アカウント作成からグレードアップ完了まで、かかった時間はおよそ15分です。

仮想通貨の売買がしたい場合は、アカウントのグレードアップをしましょう。

ウォレットクラスからトレードクラスになることで、ビットコインやイーサリアムを購入することができますよ。

これからも新たな活躍が期待される仮想通貨。まずはビットフライヤーで簡単に口座開設をして、仮想通貨の取引を始めてみてはどうでしょうか。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。