ビットコインキャッシュの将来性は?特徴と購入方法を解説

仮想通貨といえばビットコインが有名です。ビットコインは仮想通貨の王様といっても過言ではありません。では、ビットコイン以外にはどのような仮想通貨があるのでしょう?

実は仮想通貨の種類は既に1000種類を超えていると言われており、その数は月日の経過とともに増えています。あまりにも数が多いため、その全貌を掴めている人はほとんどいないでしょう。

付け加えて言うのであれば、仮想通貨以外にも、トークンと呼ばれるモノまで新たに誕生している昨今、仮想通貨の種類はもはや尋常ではないほど膨れ上がっています。

それほどまでに多くの仮想通貨が誕生しているわけなのですが、では全ての仮想通貨が値上がりの見込みが高いのかというと、そんなことはありません。中には草コインと呼ばれるような、ほとんど無視も同然の扱いを受けている仮想通貨もあります。

もちろん、当初は価値のない草コインも、その後に注目され、価値を増すこともあります。しかし、その真贋を見極めることはプロであってもなかなか難しいでしょう。果たしてビットコインを除き、将来を有望視されている仮想通貨はあるのでしょうか?

ビットコインキャッシュは、数ある将来有望なアルトコインの中でも、特に注目度の高い仮想通貨です。

ビットコインキャッシュとはどのような仮想通貨なのか?

ビットコインキャッシュとはそもそもどのような仮想通貨なのでしょう?一体どのような特徴があるのでしょうか?発行上限などはあるのでしょうか?いつ誕生した通貨なのでしょう?

ビットコインキャッシュとは、以下の特徴を備えた仮想通貨です。

  • 2017年8月1日に誕生
  • 総発行枚数2100万枚
  • ブロック生成時間10分
  • ブロック容量8MB
  • リプレイアタック対応

ビットコインキャッシュは2017年8月に誕生した仮想通貨で、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決することを目的に生まれました。

ビットコインキャッシュはビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトの思想により与している仮想通貨ということもあってか、ビットコインキャッシュこそが正統なるビットコインだと主張する人たちもいます。

ビットコインキャッシュはビットコインの問題点を解決するために作られた仮想通貨ということもあってか、様々な点でビットコインよりも優位性があります。

誕生した当初こそ時価総額は低く、ビットコインほどの価値はありませんでしたが、徐々に価値を形成し、2018年1月にはイーサリアムやリップルなどの有望なアルトコインの次に時価総額が高い仮想通貨として名を馳せています。

2018年1月29日時点におけるビットコインキャッシュの時価総額は3兆円を越えており、多くの投資家がビットコインキャッシュに注目していることが窺えます。

ビットコインよりもブロック容量が多く、取引スピードが速い上に、ビットコインよりもセキュリティが高く、マイニングしやすいビットコインキャッシュは、将来的にはビットコインよりも価値が高くなるのではないのかと言われています。

そのような事情もあってか、ビットコインの採掘難易度が高まると、マイナーがビットコインを毛嫌いし、よりマイニングがしやすいビットコインキャッシュに移る可能性が高く、それがキッカケとなってビットコインよりもビットコインキャッシュの方が価値が高くなるのではないのか、と言われています。

ビットコインとの関係とは?どのような違いがあるのか?

ビットコインキャッシュは、その名前にビットコインという単語が付いているように、ビットコインに所縁のある仮想通貨です。

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂、いわゆるハードフォークした仮想通貨であり、ビットコインから分岐した一番目のハードフォークコインでもあります。

仮想通貨といえば、ビットコインがもっとも有名です。そのブランド力もあってか、ビットコインキャッシュはマイナーから投資家まで、あらゆる人たちから注目を集めています。このようなブランド力も、ビットコインキャッシュの価格高騰の要因の一つです。

ビットコインキャッシュはただ意味もなく無目的に作られた仮想通貨ではありません。作られた背景にはそれなりの理由があり、その最大の要因がスケーラビリティ問題です。

ビットコインには現在、その利用にあたって様々な問題があり、その問題を解決する過程で新たにビットコインキャッシュという仮想通貨が誕生しました。そのような背景もあってか、ビットコインよりもビットコインキャッシュの方が、優位なポイントが多くあります。

ビットコインとビットコインキャッシュとでは、ブロックサイズ、処理能力、そしてセキュリティの三つの部分に違いがあります。

  • ブロックサイズの大きさ
  • 処理能力
  • セキュリティ

ビットコインのブロックサイズが1MBであるのに対し、ビットコインキャッシュのブロックサイズは8MBと、実に8倍となります。さらに、ビットコインキャッシュはビットコインと比べ、処理能力が高く、さらにリプレイアタックにも対応しているため、セキュリティ能力が高いという優位性があります。

このような相違点がある一方で、ブロック生成時間や総発行枚数に関しては同じです。さらに、Segwitに関しても、両者とも未実装となります。

ビットコインキャッシュはビットコインよりもブロックサイズが大きいため、処理速度が早く、ビットコインよりも取引に向いているという優位性があります。

ブロックサイズが大きいから、より多くの取引を処理できるんですね。
そうだな。仮想通貨は今後も取引量が増えることが見込まれる。そのような事情を考えると、ブロックサイズが小さいビットコインよりも、より処理速度が速いビットコインキャッシュの方が、取引という観点から見て使いやすいのは明らかだろう。

ビットコインキャッシュにはさらに、リプレイアタックへの対策もできているため、ビットコインよりもセキュリティ性が高いという優位性があります。

これらの優位性に加え、ビットコインキャッシュにはもう一つ、ビットコインにはない特徴があります。

それはマイニングのしやすさです。

ビットコインキャッシュは、ビットコインと比べてマイニングが容易という優位性があります。現在のようなビットコインのマイニングが過熱化している昨今、マイニングをして報酬を得られるのは、一部の力がある人たちだけです。これでは誰でも平等にビットコインを得るチャンスがありません。

その点、ビットコインキャッシュであれば、ビットコインよりも容易にマイニング報酬を得られるため、新規参入のチャンスが大いにあります。

スケーラビリティ問題とは?BCHとの関係とは?

ビットコインキャッシュを語る上でよく口の端に上るスケーラビリティ問題とは、そもそもどのような問題のことなのでしょう?

昔と違い、ビットコインの流通が世界規模に拡大している昨今、ビットコインの処理速度が遅くなり、素早く取引できないという問題が発生しています。

なぜ取引データが増えると処理速度が遅くなるのかというと、ビットコインのブロックサイズが1MBしか無く、膨大な取引データを処理するには圧倒的に容量が足りていないからです。

この問題を解決する方法は二つあります。まずブロックサイズそのものを大きくし、仮想通貨の処理速度を上げるという方法です。二つ目の方法は、取引データそのものを圧縮し、現状の容量のままでも大量のデータを扱えるようにするという方法です。

  1. ブロックサイズを拡張する
  2. 取引データを圧縮する

わかりやすい例で言うのであれば、大量の荷物を送りたい時、大型のトラックに積んで運ぶか、荷物そのものを圧縮して小さくして運ぶかの違いとなります。

ビットコインキャッシュとは、1つ目の「ブロックサイズを拡張する」という選択肢を選んだ結果、誕生した仮想通貨です。

どうしてブロックサイズを拡張すると、新しい仮想通貨が生まれるのよ。
ブロックサイズを拡張することで、今までのルールを変更しなければならず、互換性が無くなってしまうからだ。

例えば、今まで和風の生活をしていた人に、いきなり洋風の生活をしろと言われても、すぐには馴染めません。そこで洋風の家を別に建て、そちらで暮らす新しい住人を募ることで、和風の家と洋風の家とで別々の人を住まわせることができます。このような住み分けが、ビットコインのハードフォーク時に発生したのです。

ビットコインキャッシュとは、今の例で挙げれば、洋風の家に新しく住んだ住人といったところです。ビットコインキャッシュが誕生したところで、従来の和風の家に住んでいる人は、今まで通り暮らすことができます。つまり、今まで通り、ビットコインを使用できるということです。

ビットコインキャッシュはいつ、どのような経緯で誕生した?

ビットコインキャッシュは上述したように、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決する一環で誕生しました。

ビットコインのブロックサイズを1MBから8MBへと拡張するにあたり、ハードフォークを行うことで、ビットコインから分岐され、新しい仮想通貨としてビットコインキャッシュが誕生したのです。

誕生の時期は2017年8月1日で、その当時ビットコインを保有していた人に対して、保有するBTCと同数のBCHが付与されました。保有者からしてみれば、ビットコインを持っていただけで、無料でビットコインキャッシュが手に入ったわけですから、まさに丸儲けといったところでしょう。

ビットコインキャッシュはマイニング事業者のViaBTC社が主導する形で誕生した仮想通貨です。

ビットコインキャッシュの価値は非常に高く、現在もっとも信頼できる仮想通貨の一つとして世界でも認められています。

ビットコインキャッシュのチャートの動きは?相場の特徴は?

ビットコインキャッシュはビットコインから分岐した仮想通貨で、BTCよりもマイニングがしやすいということもあってか、ビットコインの難易度調整の時期に相場が荒れる傾向があります。

ビットコインの採掘難易度が高くなるようであれば、マイナーがBCHに移動するため、BCHのチャートが上がりやすく、その反対でビットコインの採掘難易度が簡単になるようであればBCHの価格が下がる傾向があります。

必ずしもその通りに動くとは限らないため、この情報を鵜呑みにするのは禁物です。ただ、マイナーの動きがビットコインキャッシュの価格に与える影響は非常に大きいです。

採掘難易度の話が出る度に、ビットコインキャッシュのチャートは荒れやすいです。

もしも今後、マイナーがビットコインからビットコインキャッシュへと移るような事態が発生すれば、ビットコインの価格が落ち、それに反比例する形でビットコインキャッシュの価値が高騰する可能性はとても高いでしょう。

ビットコインキャッシュの価値はどんどん上がってるんだね。
確かに今でこそビットコインと肩を張れるほど有望視されているビットコインキャッシュだが、最初から価値が高かったわけではない。むしろ、誕生した当初は、価値が低く、特別視はされていなかったんだ。

2017年8月、ビットコインキャッシュがまだ誕生した当初、その価格は2万円前後で、10万円を上回ることは滅多にありませんでした。

当時は注目度が低く、目立った高騰は無かったのですが、2017年10月頃より高騰を始めます。11月には10万円を越え、12月には20万円を越え、12月20日には40万円を超えました。

どうして、そんなに価値が上がったんですか?
どうやらビットコインのマイニングの難しさからくるマイナーの動きがあったようだ。

ビットコインの取引量が増えることで、今まで以上に取引スピードが遅くなっている昨今、このままでは取引に使えないということで、新しい仮想通貨が注目されました。それがビットコインキャッシュです。

ビットコインキャッシュはビットコインよりも処理能力が高いため、取引に用いやすいです。さらに、マイニングもビットコインよりも容易なため、ビットコインからビットコインキャッシュへと移るマイナーが増えてきました。

このような動きに注目したのか、多くの投資家がビットコインからビットコインキャッシュへと資金を移動させるようになり、価格も暴騰しました。

他にもビットコインキャッシュの価値を盛り上げる要因は様々で、多くあるのですが、一番の要因はやはりマイナーの動きでしょう。

仮想通貨の健全な運営にはマイナーの存在が不可欠です。

今後、マイナーがビットコインからビットコインキャッシュへと移るようになると、ビットコインの存続すら危ぶまれます。実際にはそんなことはないのでしょうが、ビットコインよりも価値が上がりそうな仮想通貨があるのであれば、今のうちに購入し、保有しておこうと考える人がいてもおかしくはありません。

実際、ビットコインキャッシュに魅力を感じた投資家は多くいるようで、そういった人たちのお金の動きが、ビットコインキャッシュの価格を押し上げ、兆を超えるほどの時価総額を成すに至ったようです。

このような事情も加え、仮想通貨バブルの恩恵が加わり、ビットコインキャッシュは一時は1BHCあたり40万円を越えるほどの暴騰を見せました。しかし、2018年1月のビットコインの大暴落に巻き込まれたようで、価格は一気に減少し、2018年1月の終わりには、20万円以下へと落ち込みました。

今後、価格がかつてのように暴騰するかどうかは、今のところ不明です。

ビットコインキャッシュの購入方法は?どこの取引で購入できる?

1000種類以上もあるアルトコインの中で、ビットコインキャッシュは圧倒的に高い評価と信頼、そして時価総額があるだけに、多くの取引所がビットコインキャッシュを取り扱っています。

そのため、ビットコインキャッシュを購入する方法は非常に簡単です。まず仮想通貨交換業者の口座を開設します。 次に、日本円を入金し、ビットコインキャッシュを購入します。この手続きを経るだけで、すぐにでもビットコインキャッシュを調達できます。

ビットコインキャッシュを売却する場合も同様で、BCHを取り扱っている仮想通貨交換業者に保有するビットコインキャッシュを売却するだけで、すぐにでも日本円に換金することができます。

ビットコインキャッシュを取り扱っている業者というと非常に多く、扱っていない業者を探す方が難しいでしょう。ビットコインキャッシュを取り扱っている業者は以下のようになります。

  • ビットフライヤー(bitFlyer)
  • コインチェック(coincheck)
  • ザイフ(Zaif)
  • QUOINEX
  • GMOコイン
  • ビットバンク
  • BITPOINT
  • DMM Bitcoin
  • BTCBOX
  • Kraken
  • みんなのビットコイン
  • ビットトレード

基本的に、どこの業者を利用しても、ビットコインキャッシュを購入することができるでしょう。もしも不安だと思うのであれば、申し込む前にきちんとホームページをチェックし、ビットコインキャッシュを取り扱っているかどうか確認しておきましょう。

ビットコインキャッシュの将来性は?今後も値上がりする可能性はある?

ビットコインキャッシュは確かに他の有象無象のアルトコインなどと比較すると、圧倒的に人気が高く、将来性のある仮想通貨です。よくわからない草コインに投資をするぐらいであれば、ビットコインキャッシュの方が断然オススメです。

2018年1月に大暴落こそしましたが、一旦落ちてしまえばこれ以上は落ちないだろうと安心することができます。そればかりか、再び仮想通貨バブルが再燃し、上昇した際には、前回越えられなかった40万円の壁を突破するかもしれません。

仮にビットコインキャッシュの価格が20万円のときに10枚購入し、再び40万円を突破した時に売却することができれば、200万円以上の利益を得ることができるでしょう。

一度は40万円を突破したことがあるのですから、再び40万円を越える可能性はあります。なにしろ、ビットコインキャッシュはビットコインよりも優位性の高い仮想通貨なのです。

今後、ビットコインよりも、ビットコインキャッシュの方が良いと考えるマイナーが増えるようになれば、それに釣られるようにして価格も高騰するでしょう。もしかしたら、40万円を越えるばかりか、ビットコインと立場を入れ替えるように、200万円まで到達するかもしれません。

可能性の有無で言えば、ビットコインキャッシュは他のアルトコインよりも、まだまだ価格が上がる可能性はあるでしょう。

ビットコインキャッシュはビットコインの代わりになるのか?

ビットコインキャッシュは確かに将来有望なアルトコインです。まだまだ価格が上がる可能性は高いです。しかし、ビットコインの代わりとなり、現在のビットコインのように1枚あたり100万円以上の価値が付くかどうかは、現状のところ不明です。

というのも、確かにビットコインキャッシュはビットコインよりも優れた仮想通貨なのですが、同じようにビットコインよりも取引スピードが速い仮想通貨は他にもあります。

特にリップルのような、取引スピードに特化した仮想通貨からすれば、ビットコインキャッシュですら取引スピードが遅く、使えない仮想通貨に分類されるほどです。

今後、ビットコインキャッシュの人気が上がり、取引量が増えるようになると、現在のビットコインのように、取引スピードが落ち、取引に使えない仮想通貨の烙印を押される可能性もあるでしょう。

それに追い打ちをかけるようにして、2017年12月よりハードフォークが連発するという事態が発生しました。今やビットコインキャッシュだけがビットコインから分裂した仮想通貨ではないのです。

今後もビットコインのハードフォークが続くと、ビットコインから分裂した仮想通貨というアイデンティティが失われるばかりか、ビットコインキャッシュよりも性能が良い仮想通貨が登場しかねません。それどころか、既にビットコインキャンディという、ビットコインキャッシュからハードフォークした仮想通貨すら登場しているほどです。

確かにビットコインキャッシュはビットコインよりも優れた仮想通貨です。しかし、優位性のある仮想通貨は他にいくらでもあるのです。ビットコインキャッシュの将来を有望視するなとは言いませんが、過度な期待はしない方が良いでしょう。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。