ビットコインキャッシュ(BCH)が5月にハードフォークを予定!

  • ビットコインキャッシュが5月15日にハードフォークを予定
  • ブロックサイズが32MBに拡張される
  • 基礎的なスマートコントラクトの仕組みも導入される可能性がある

ビットコインキャッシュがハードフォーク!ブロックサイズは32MB

2018年5月15日、ビットコインキャッシュがハードフォークを行う予定です。

このハードフォークが行われれば、ビットコインキャッシュに次の2つの特徴が追加される可能性が高いです。

ビットコインキャッシュのハードフォーク内容
  • ブロックサイズが8MBから32MBに拡張
  • 基礎的なスマートコントラクトの仕組みを導入

ビットコインキャッシュのブロックサイズが32MBに拡張されることで、より迅速な取引が可能に。

ブロックは仮想通貨の取引記録(トランザクション)を格納したものです。ブロックの容量が増えることで、より多くのトランザクションを格納できるため、取引のスピードが上がります。

また今回のハードフォークで、ビットコインキャッシュに「イーサリアムのような特徴」も取り入れると発表。

これにより、基礎的なスマートコントラクトの仕組みも導入される可能性があります。

ビットコインキャッシュを扱う国内の取引所は、次のとおり。いずれも金融庁に登録済みの仮想通貨取引所です。

ビットコインキャッシュを扱う仮想通貨取引所(国内)
  • bitFlyer
  • GMOコイン
  • Zaif
  • DMM Bitcoin
  • bitbank
  • Bit Trade
  • BITPOINT
  • QUOINEX

ハードフォークにより、ビットコインキャッシュの価格がどのように変動するのか、目が離せません。

share bitters!!この記事をシェア!

tags

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。