ビットコイン投資の初心者必見!儲かる理由と仮想通貨投資のリスク

ビットコインは仮想通貨の中でも乱高下が激しい仮想通貨であると同時に、一番高い仮想通貨でもあります。テレビや新聞でも報道されることが多く、自分もやってみたいと思っている人はたくさんいます。

そんなビットコインに投資して、儲かるのかと言えば、儲かるとは限りません。理由は先ほど申したように、乱高下が激しいからです。

それでも、小数点以下桁数で買えるので、どのような人でも投資することは可能ですが、投資金額が大きければ大きいほど、その分のリスクが大きくなります。

ここでは、ビットコイン投資の内容や、ビットコインで儲けたというケースなどを挙げて、解説していきます。株はやったことがあるけど仮想通貨はやったことがない、仮想通貨どころか投資が始めてという人は必見です。

ビットコインは投資すべき?それとも時期尚早?

現在、ビットコインの価格は、1BITで150万円以上となっており、このような高過ぎる仮想通貨に投資するのは時期尚早、または投資すべきではないと思う人は多いと言えます。しかし、投資すべきだと思っている人がいるのは事実です。

そこで、投資すべきタイミングをデータで読み取って、分析してみます。ただし、あくまでも予想と考察なので、その通りに行くとは限らないので注意してください。

価格チャートの推移

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)のチャートをご覧ください。

ビットフライヤーで見るビットコインのチャート
(※2018年1月16日時点)

1ヶ月前は2,250,000円以上に値が付き、現在は150万円台まで下がっています。しかし、仮想通貨の中で100万円を超えたのは、ビットコイン以外知りません。なぜこんなに高いのかについて、理由をまとめてみました。

  • 発行枚数の上限が2100万枚
  • 4年に1度の半減期が訪れる
  • 世界各国で浸透している
  • 時価総額ランキングが1位
  • すべての取引所がビットコインを扱っている

一部の仮想通貨に発行枚数の上限が設けられており、とくにビットコインは仮想通貨の中でも、設けられている上限の枚数が少ないです。ちなみに、上限がない仮想通貨は、価格と価値が低い傾向にあります。

半減期とは、マイニング報酬が通常より半分になることを意味し、半減期になる毎にビットコインの価格が高騰すると考えています。

マイニング報酬が半分になるということは、マイニングを行うユーザー達が少なくなるという計算です。

ビットコインを知らない人は世界中でほとんどおらず、店舗や通販の決済に利用されるほど浸透しています。加えて、時価総額ランキングが1位という常にトップを維持しています。

これらの理由によって、ビットコインの価格が上昇しているのだと考えています。

取引高はどのくらい?

ビットコインの時価総額ランキングが1位と説明しましたが、具体的な取引高はどのくらいかというと、24時間の取引高が「615,577,680,459円(2,018年1月16日時点)」となっています。

たった1日で約6000億円動いているということは、日本のみならず世界中で活発に取引されているという証です。

なお、その次に高いイーサリアムの取引高は3500億円、リップルは3600億円という高い値がついているのですが、ビットコインとの差は2500億円と、大きく差を開いています。

投資はいつが最適?

いつが最適なのは不明確ですが、ビットコインの価格が1ヶ月前より大きく値下がっており、200万円台に行く可能性があります。この段階でビットコインに投資するのは最適だと言えます。

何で最適なの?
2020年に東京オリンピックが開催されるからだ。東京オリンピックの時期になると、多くの外国人が訪れる、経済は活性化、決済の一部にビットコインが使われる、などが起こると考えているぞ。

筆者の予想ですが、2020年の東京オリンピックの時期には、ビットコインの価格が500万円以上に大暴騰し、オリンピックが過ぎると大暴落しますが、どこまで大暴落するか不明です。

加えて、不況が訪れることも予想しますので、ビットコインが大きく値上がりした段階で売るなり、損切りするなりなど、リスク管理は怠らないようにしてください。

ビットコインに投資してみよう

ビットコインは基本的に、取引所から購入することが基本です。そこで、投資のプロセスをわかりやすく解説いたします。

取引所の口座を開設しよう

ビットコインを扱う取引所の口座を開設するところから始めます。主な取引所は、ビットフライヤーとコインチェックとザイフが挙げられますが、ビットコイン投資が目的であれば、取引量が日本一であるビットフライヤーがおすすめです。

しかし、口座を開設しても、本人確認をすべて終えなければ、日本円の入出金や仮想通貨の購入など、取引所の機能が使えないので注意しましょう。

取引所と販売所の違い

取引所はオークション形式の取引なので、仮想通貨ユーザー同士の仲介役としての役割を持ちます。ユーザーがこの価格で売りたい、もう一方のユーザーはその価格で買いたいという条件がマッチングすれば、取引が成立するというものです。

一方、販売所は文字通り、仮想通貨そのものを販売します。ユーザーが店頭に並んでいる仮想通貨を手に取って、レジで会計を済ませるというイメージを持てば、わかりやすいでしょう。

ちなみに、ビットフライヤーなど取引所と販売所の両方の機能を持つ取引所もあります。

投資するのに必要な額とは?

明確な基準はありませんが、最低1,000円は必要だと考えています。それ以下だと、投資できない可能性があります。なぜなら、ビットコインの価格自体が高過ぎて、購入できないということになるからです。

手数料はどのくらい?

手数料で気にするのは、取引手数料のところです。ビットフライヤーとコインチェックとザイフの三つを挙げると…。

取引所 取引手数料
ビットフライヤー 無料
コインチェック 無料
ザイフ -0.01%

こんな感じとなります。注目してほしいのは、ザイフの取引手数料にマイナスが付いているところで、これは本人確認を完了したユーザーに対するボーナス付与です。簡単にいえば、取引する毎にビットコインが入るというサービスです。

ビットコインと株式の違い

比較して説明すると、こんな感じになります。

ビットコイン:ビットコイン決済に対応している店舗であれば買い物に利用できるが、配当システムがない。

株式:買い物に利用できないが、保有しているだけで、保有分の株主優待と配当金が得られる。

乱高下があるのは共通していますが、配当システムがあるかないかの違いにあります。仮想通貨である程度の儲けを出したら、それを元手に、株式に参加するという手もありです。

長期売買と短期売買について

長期売買は購入して数年が経過すると、購入当時の価格より2倍、3倍、10倍に上昇していることがあります。時間はかかりますが、その分の利益が期待できる一方、損するリスクが大きくなります。

短期売買は購入した当日に、少しでも値上がりしたら売るという方法です。しかし、大きな利益は期待できないのがデメリットです。

投資信託を利用するのもあり

現在、ビットコインの投資信託は「BIT365」というチーム(取引所の名前ではない)が行っていますが、その他に行っているところがあるかといえば、ほとんどないです。しかし、検討しているところはたくさんあります。

ビットコインの投資信託とは、ユーザーからビットコインを集めて、それを資金して運用と投資を行い、得られた利益を分配・還元するというものです。株式の投資信託とほとんど同じと例えたほうが分かりやすいでしょう。

ビットコインで稼ぐ方法はあるか?

稼ぐ方法は多く存在しますが、効率がいい方法を絞ると、2つ挙げられます。値下がりした状態で買って、値上がりしたら売るという方法と、アービトラージと呼ばれる裁定取引という方法です。

アービトラージという裁定取引とは、価格差を利用して利益を得るという取引方法で、この方法を使うには、複数の取引所を利用する必要があります。

わかりやすく説明すると、この取引所のビットコインが150万円だけど、別の取引所のビットコインの価格が155万円なので、高い方の取引所に送金と換金して、5万円の利益を得るという方法です。

そういう稼ぎ方もあるんですね!
ただし途中で、価格が変動して利益率が下がるという可能性があるだけでなく、仮想通貨の価格が安ければ安いほど、その分の利益率が下がるというデメリットもあるから注意が必要だぞ。

結局どの稼ぎ方が効率良いの?

安くなったら買い、高くなったら売るという堅実的なやり方であれば、効率よく稼ぐことが可能です。さらに、もうひとつの方法を付け加えることで、さらなる稼ぎが期待できます。

その方法とは、逆指値注文です。逆指値注文とは、設定した価格に達したら買い、逆に下がったら、設定した価格で売るという、設定すれば自動売買できるシステムでもあります。

この方法を使うことで、自動的に損切りできるというリスクを最小限に抑えることが可能ですが、注意があります。それは、このシステムを導入している取引所が全てとは限らないというところです。

国内取引所で限定するなら、Coincheck(コインチェック)とZaif(ザイフ)とビットフライヤーなどが逆指値注文できますが、コインチェックの場合はビットコインだけに限定します。

ビットコインで実際に儲けた人はいるか?

気になるのは、ビットコインで儲けた人の存在についてです。例えば、あるノルウェーの男性についてですが、2009年にビットコインを2,400円分購入して、約7500万円分の利益を得て、家を購入したというケースがあります。

当時はまだ草コイン同然だったビットコインがここまで値上がりして、その恩恵を受けられた人は億万長者になったという人が意外と多いです。

莫大な資産を築き上げた投資家を挙げてみた

その投資家とは、ロジャー・バー氏という男性ですが、2011年に1ビットコインを1ドルで大量購入し、数十億円から数百億円という莫大な資産を築いています。

他にも、ジャレッド・ケンナ氏(推定5億円)、クリストファー・コッホ氏(1億円)、ウィンクルヴォス兄弟(推定11億円)、コンスタンティン(匿名)(推定3億円)などが挙げられます。

日本でも仮想通貨で億万長者になった人はいますが、現在の数は不明です。しかし、Twitterなどで情報が得られます。1億円以上の資産を積み上げた人達をインターネット上では「億り人」と呼んでいます。

ちなみに、ビットコイン以外の仮想通貨で億万長者になった人も多いと言えるでしょう。

あえてレバレッジを利用して莫大な利益を求めるのもあり

レバレッジとは、日本円を証拠金として何倍のも取引を行うことができるというものです。コインチェックを例に説明すると、例えば1万円を証拠金にすると、レバレッジ5倍分5万円の取引ができます。

コインチェックは最大5倍のレバレッジを行うことができて、うまく軌道に乗れば、大きな利益が得られる一方、失敗すれば多大な損失を被ることになります。一定金額以下に値下がりしたら、ロスカット(強制決済)が自動的に行われるので、利用する際は注意しましょう。

実際に税金はどうなるの?

仮想通貨で儲けたら、税金の支払いが発生するのは言うまでもなく、これについてのニュースも報道されています。

仮想通貨で1億円の収益を得たと仮定して説明しますと、所得税の税率45%(4500万円)と住民税の税率10%(1000万円)、計55%の税金5500万円を支払わなければなりません。

所得税の速算書

半分も税金を払わないといけないの!?
国税庁の所得税の画像を見ると、儲ければ儲けるほど、支払う金額が大きくなるが、納税は国民の義務なので、必ず支払わなければならない。税務署への相談が必要だ。

税務署でどれくらいの税金が発生するのかを計算してもらえるので、その時期が来るまで貯金しておくことが無難と言えるでしょう。

なぜ儲かるのか?

仮想通貨に投資して儲かっている人は、先見の明と運が兼ね備えていると考えています。実際、草コインだった仮想通貨が爆発的な値上がりを見せて、1億円以上の資産を築いたという人は多いからです。

運は仮想通貨だけでなく、すべての分野に言えることです。たまたま運がよかったから儲かったとか、たまたま運が悪かったから損したという、結局は良い悪いの2つしかありません。

もうひとつは、損切りができるかできないかによって、大きな差が出てきます。

損失を最小限に抑えて、損する覚悟で決済を行うことを損切りと言いますが、これができない人は、投資家に向いていないということです。

ビットコイン投資にはリスクや失敗が付き物

ビットコイン問わず、投資分野にはリスクや失敗が付き物で、簡単にまとめれば、ギャンブルです。仮に儲けたとしても、説明にも触れていますが、税金の支払いが発生します。

リスク管理は重要ですが、借金してまで仮想通貨に参加する必要はないと断言できます。

なぜなら、借金しなくても、1,000円で参加できるからです。

実際に投資詐欺があるので注意

ビットコイン問わず、仮想通貨の投資詐欺についてはよく聞きます。今まで起きた投資詐欺を挙げますと…。

  • 最低価格が設定されている
  • 価格保証があるから安心と宣伝している
  • 店舗や代理店などが直接販売している
  • 限定販売
  • 開催されるセミナーはすべて詐欺

こんな感じとなります。仮想通貨はすべて、仮想通貨取引所から購入できるので、初心者は詐欺に引っかからないように、取引所からの購入を積極的に行い、うまい話に裏があることを注意しましょう。

ビットコイン以外の仮想通貨にも注目しよう

仮想通貨はビットコインだけでなく、イーサリアムなど、時価総額がビットコインに次ぐアルトコインがたくさんあります。仮想通貨の王様がビットコインなら、アルトコインの王様はイーサリアムです。

最近の仮想通貨ユーザーは、ビットコインではなくアルトコインを投資対象と見ています。中には、草コインと呼ばれる1円以下のアルトコインもありますが、それがいつか、イーサリアムに匹敵する仮想通貨になる可能性もあります。

ちなみに、国内取引所では草コインを扱っておりません。ビットコイン投資に慣れてきたら、ビットコイン以外の仮想通貨にも注目して、さらなる資産を積み重ねましょう。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。