ビットコインの取引には本人確認が必要!本人確認書類と手続きの流れ

以前までは本人確認の手続きが不要でもビットコインの取引ができる仮想通貨取引所は多くありました。ただ、2017年4月の法律の施行により、取引所を利用するにあたって本人確認の手続きが必須となりました。

本人確認の手続きは一見すると煩雑で面倒に感じられるかもしれません。しかし、この手続きを踏むおかげで、安全にビットコインの取引ができることもまた事実です。

仮想通貨を安全に取引するためにも、必ず本人確認の手続きがある取引所を利用しましょう。

今回は仮想通貨取引所の本人確認の手続きについて紹介します。

本人確認の手続きとは?

仮想通貨取引所の本人確認の手続きとは、申込者が本人であるかを確認するための手続きです。

確認の方法として、免許証などの本人確認書類の提出を求められます。取引所によっては仮登録まではメールアドレスだけあれば可能な取引所もあります。

ただ、仮登録のままだと一部のサービスしか利用できません。ビットコインや仮想通貨の売買など、本格的な取引をするためには、本人確認の手続きが必須となります。

本人確認不要でも仮想通貨は購入できる?

本人確認不要で仮想通貨取引ができる取引所は国内にはありません。

では取引所を介さず、個人間で取引をすれば良いのかというと、それはリスクの高い行為です。取引所を介さずに仮想通貨の取引をすることは、不当な価格で取引を強要される恐れがあります。

また詐欺に遭ってしまう場合もあり、取引上で利用する法定通貨や仮想通貨を盗まれる危険性もあるのです。

安全に取引をするのであれば、国内の金融庁より認可を受けている取引所がもっともオススメです。そして、認可を受けている取引所を利用するにあたって、本人確認の手続きを避けて通ることはできません。

本人確認の手続きが必要な理由

なぜビットコインの取引に本人確認の手続きが必要かというと、それは法律で定められているからです。

2017年4月に施行された改正資金決済法により、仮想通貨取引所は登録制となりました。この法律が施行された背景には、ビットコインなどの仮想通貨の不正利用やマネーロンダリングなどの犯罪行為を防止するという狙いがあります。

かつて仮想通貨といえば、アカウントさえあれば誰でも簡単に購入することができました。それだけに仮想通貨は犯罪に悪用されるリスクが高かったのです。

本人確認の手続きを厳格化することで、このような犯罪を未然に防ぐことができます。

海外も仮想通貨の悪用を危険視しているため、やがては日本のみならず、海外の取引所でも本人確認の手続きが必要となるでしょう。

本人確認書類とは?

本人確認の手続きに必要な本人確認書類とは、運転免許証など本人の身分を証明できる書類のことを指します。

本人確認書類の種類というと、運転免許証以外にマイナンバーカード、健康保険証、パスポート、住民票の写し、在留カード、特別永住者証明書などがあります。

電気代やガス代などの公共料金の領収書などは本人確認書類として使えません。同様に、たとえ運転免許証のような手続きに使える本人確認書類であっても、期限が切れている場合は使えないです。

本人確認書類を提出する際には必ず有効期限を確認してください。

各取引所で有効な本人確認書類

本人確認の手続きに使える書類の種類は、取引所によって違いが生じることはほとんどありません。

bitFlyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)、GMOコイン、DMMビットコイン、どの取引所であっても運転免許証とパスポート、マイナンバーカード、パスポート、在留カード、住民基本台帳カードは本人確認書類として使用することが可能です。

顔写真付きの身分証明書であれば、問題なく本人確認の手続きを行えるでしょう。では、健康保険証のような、顔写真のないタイプの証明書の場合はどうなのでしょう?

健康保険証で本人確認の手続きをする場合

健康保険証には顔写真がありません。そのため、取引所によっては、保険証が使えない場合があります。

保険証が使える国内の取引所というと、ビットフライヤーとGMOコイン、QUOINEX、DMMビットコイン、そしてザイフとなります。

これらの取引所であれば、保険証でも本人確認書類が行えます。ただ、取引所によっては保険証で手続きをする場合、本人確認書類を2点提出する必要がありますので注意してください。

DMMビットコインとザイフの公式サイトによると、この2社は保険証とは別にもう一点、本人確認書類の提示を求めています。

DMMビットコインでは顔写真がない証明書を提出する場合に限り、2点目の書類として住民票の写しや年金手帳、印鑑登録証明書、その他官公庁から発行又は発給された書類などの提出が必要となります。

ザイフでは顔写真がない証明書を提出する場合に限り、2点目の書類として公共料金の領収書や納税証明書などの提出を認めています。

本人確認の流れ

取引所の本人確認の流れというと、具体的にどのようなことをするのでしょう?

本人確認の手続きは一見すると煩雑そうに感じられます。しかし、実際にはそこまで面倒ではありません。

スマホと書類さえあれば、5分とかからずに本人確認の作業を終えることができます。

本人確認書類の提出方法

本人確認書類の提出方法というと、まず取引所にアップロードするという方法があります。

この方法で提出をする場合、まず本人確認書類をスマホで撮影します。その次に画像のデータをアップロードすることになります。手続きはこれで終了します。

取引所によってはもう一つ、本人確認書類を提示する方法があります。それは、対面による提示です。

取引所の口座を開設すると、取引所より書類を配送されます。この配送を行う配送業者に対し、本人確認書類を提示することで、本人確認の手続きを完遂することができます。

アップロードや対面による方法、どちらを選択しても、時間はほとんど取られず、すぐに作業を終えることができます。

本人確認に関する情報のまとめ

国内の取引所を利用するにあたり、本人確認の手続きは絶対に必要です。法律で定められている以上、こればかりは避けられません。そのため、口座開設の手続きをする際には、必ず本人確認書類を用意してください。

可能であれば提出する身分証は、運転免許証のような顔写真付きの証明書が望ましいでしょう。

書類が既に手元にあるのであれば、本人確認の手続きはとても簡単です。アップロードするか、配送業者に直接見せるだけで、本人確認の手続きを完遂できます。

一旦本人確認の手続きが終了し、口座を開設さえしてしまえば、いつでも自由に仮想通貨の取引ができるようになりますよ。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。