ビットコインの分裂とは?ハードフォークとの関係と価格への影響

仮想通貨といえばビットコインが有名ですが、それ以外にも世の中には数多くの仮想通貨が存在しています。ビットコイン以外の仮想通貨のことを世間ではアルトコインと呼びます。

注目度の高いビットコインと違い、アルトコインは必ずしも有名とは限りません。中には草コインなどと呼ばれるような、投資家から無視も同然の扱いを受けている不遇な仮想通貨すら存在します。

ただ、既に高騰してしまったビットコインと違い、価値がまだ低いアルトコインであれば、今後価値が暴騰し、大化けする可能性があります。

そのため、投資家の中には将来を有望視されているアルトコインを大量に購入する人すらいるほどです。

仮想通貨の業界でよく取沙汰されるハードフォーク通貨も、大きく分類すればアルトコインに大別されます。ただし、他の草コインなどと違い、ハードフォーク通貨ともなると分裂し、世の中に誕生した当初より投資家からの注目度が高い仮想通貨のため、他の草コイン以上に値上がりが期待できます。

例えば、ビットコインから分裂したビットコインキャッシュなどは、2018年1月時点で既に時価総額が4兆円を越える高価値な仮想通貨へと変貌を遂げています。

同様に、ビットコインゴールドの時価総額も4000億円を超えるなど、驚異的な成長スピードを見せています。

同じアルトコインでも、ビットコインから分裂したハードフォーク通貨は投資家からの注目度が集まりやすく、将来に期待が持てます。

ビットコインの分裂について学び、今後の分裂の予定などを逐一チェックすることで、将来有望なハードフォーク通貨の情報を一足先に収集し、把握することができるようになるでしょう。

ビットコインはなぜ分裂する?ハードフォークとの関係性

お金が増えるというと、中央銀行が新しく銀行券を発行する姿をイメージするかもしれません。ビットコインの分裂も、部分的にはそのイメージ通りです。投資家からしてみれば、仮想通貨の分裂は新しいハードフォーク通貨を無料で手に入れるチャンスとなりますので、株で言うところの配当金がもっとも近いイメージかもしれません。

株式を保有していると、その量に応じて投資家は配当金をもらえます。同様に、ビットコインなどの分裂予定の仮想通貨を保有していると、ハードフォーク発生時におけるビットコイン保有量に応じて、分裂後の新しい仮想通貨を保有することができます。

そのような事情もあってか、ビットコインが分裂をする際には、ハードフォーク通貨を求めるあまり、ビットコインの価格が高騰する可能性があります。ただし、必ずしも価格が上がるとは限りません。価値が上がるかどうかは、ハードフォーク通貨の内容によるでしょう。

分裂するってことは、ビットコインの価値が減るってこと?
いや、いざ分裂をすると、ビットコインの価値が高くなることの方が多いのだ。

実際、ビットコインキャッシュが分裂して以降、ビットコインの価値は高騰しました。同様に、ビットコインキャッシュも、時間こそかかりましたが高騰しました。

通貨が分裂したのに、なぜ価値は高騰するのでしょう?そもそも分裂とは一体何なのでしょうか?

ビットコインが分裂した理由とは?スケーラビリティ問題の解決のため

ビットコインが分裂した理由とは、結論から言えばスケーラビリティ問題を解決するためです。

スケーラビリティ問題について理解をするにあたり、まず前提としてビットコインの仕組みについて理解する必要があります。

ビットコインの取引をすると、その取引データはブロックと呼ばれる場所に書き込まれることになります。ただし、このブロックには容量があり、ビットコインは1MBまでとされています。

そのため、容量を超えるほど取引データが増えると、処理が遅くなり、決済に遅れが生じてしまいます。実際この問題は深刻で、既にビットコインで取引をすると、決済が終わるまでにかなりの時間がかかるなどの問題が報告されています。

この問題を解決する方法は二つあります。まず一つ目はブロックサイズそのものを大きくすること、二つ目の解決策がデータそのものを圧縮し、1MBの中におさまるようにすることです。

この取引データを圧縮するという方法を、Segwitと呼びます。

ビットコインの分裂とは、スケーラビリティ問題を解決するにあたり、前者の方法を採用した場合に起こる副産物のような存在です。

例えば、ビットコインの容量を1MBから8MBまで増やそうとした場合、容量に違いあるため、ビットコインの過去のデータをそのまま引き継げません。そこで、新しい仮想通貨を作ることになるのです。

新しい仮想通貨に価値が付与される理由とは?

ビットコインの分裂というと誤解してしまうかもしれません。ハードフォークによって新しい仮想通貨が誕生するというこの現象は、どちらかといえばバージョンアップのようなモノです。

ビットコインでは取引スピードに遅延が生じるため、もっと高速で決済できる新しい仮想通貨を作ったぐらいの認識で特に問題はないです。

分裂といってもビットコインの供給量が減るわけではありませんし、ビットコインの価値が下がるというものではありません。もちろん、ビットコインよりも新しい仮想通貨の方が使えると市場が判断し、ハードフォーク通貨の需要が高まれば、ビットコインの価値は下がるでしょう。

ただし、今のところ、ハードフォーク通貨が誕生したからといって、ビットコインに対するニーズは落ちていません。それどころか、増えているほどです。

ハードフォーク通貨の価値が上がるかどうかは、その仮想通貨の実力次第となります。ビットコインキャッシュとビットコインゴールドは今のところ、順調に価値が上がっています。

その一方で、すべてのハードフォーク通貨の価値が順調に値上げしているというわけではありません。中には存在すら知られておらず、草コイン同様の扱いを受けているハードフォーク通貨すらあるほどです。

なぜハードフォーク通貨は価値があるのか、その答えは市場から必要とされているからです。

たとえハードフォーク通貨でも、市場から不要だと判断されれば、価値は落ちるでしょう。

ハードフォークとは、ブロックチェーンの分岐のこと!

ビットコインのハードフォークは、取引スピードが遅延するなどのスケーラビリティ問題を解決するために起こります。

ハードフォークの発生とはすなわち、既存のルールとは異なる方向へブロックチェーンが分岐することで、その分岐の結果として新しい仮想通貨が誕生します。ちょうど木の枝分かれのようなものです。

例えば、ルールAによって生み出されるのがビットコインAとします。しかし、ルールAのままだと、取引スピードに遅れが生じるなどの問題が発生するため、より高速で決済できるルールBを採用するとします。

つまり、ハードフォークが発生すると、ルールAを採用していたブロックチェーンの流れから新しくルールBが派生し、分岐するということです。あくまで新しくルールBが誕生するというだけで、ルールAそのものは今後も継続して稼働し続けます。

このルールBが生み出されるという副次的な作用として、ハードフォークが発生した際に、ルールAのビットコインAの保有量に応じて、ルールBで生み出されるビットコインBを保有することができるという権利がビットコインAの保有者に与えられます。

要約すれば、ビットコインを持っていた分だけ、新しく仮想通貨が手に入るということです。

ハードフォークが発生すると必ず新しい仮想通貨がもらえるのか?

基本的に、ハードフォークが発生すると、その親元となる仮想通貨の保有量に応じて新しい仮想通貨を手に入れることができます。ただし、例外があります。

まず、新しい仮想通貨をもらうには、当然ですがそれに対応したウォレット、もしくは取引所が必須となります。

たとえ新しい仮想通貨を手に入れる権利があっても、新しい仮想通貨対応のウォレットもしくは取引所の口座にオリジナルの仮想通貨を入れておかないと、ハードフォーク通貨はもらえません。

ハードフォーク通貨は、ハードフォーク発生時でないと貰えないの?
そんなことはない。ハードフォーク発生後でも、貰える可能性はあるんだ。

ハードフォーク発生時はまだ技術的な問題などを理由に付与しなかったとしても、後々になって問題が解消され、付与できる状態になるかもしれません。

取引所によっては、付与することに問題がないことがわかった時点で、ハードフォーク通貨を付与してくれるところもあります。

たとえハードフォーク時にもらえなかったとしても、後々になってもらえる可能性があるため、取引所が対応していないからといって諦める必要はないということです。

そのため、ハードフォーク通貨が欲しいのであれば、付与する可能性が高い取引所やウォレットにビットコインを移動させておく必要があります。

ビットコインが分裂することで起こる価格への影響度は?

ビットコインの分裂というと非常に難解な話に聞こえますが、技術的な話を除き、社会全体で見れば、分裂は仮想通貨にとって良いことです。分裂が行われることで、ビットコインの取引速度の遅延などの問題が解決されるため、より仮想通貨が使いやすくなることでしょう。

もっとも、ビットコイン単体についていえば、分裂という結果が必ずしも良い影響をあたえるとは限りません。というのも、ハードフォークによって新しい仮想通貨が誕生し、投資家やマイナーがビットコインから新しい仮想通貨へと移動してしまうと、ビットコインに対するニーズが落ち、価格が暴落する可能性があるからです。

今のところ、分裂が直接の原因となってビットコインの価値が暴落しているという兆候は見られませんが、間接的にはビットコインの価値に影響を与えているかもしれません。

技術は常に進化するものです。将来的に、投資家やマイナーなどのニーズを完璧に満たしてくれるような優れたハードフォーク通貨が誕生した時、今まで通りビットコインが仮想通貨の王様でいられるとは限らないでしょう。

ビットコインは現在、仮想通貨における基軸通貨のような存在のため、当分の間は高い価値を維持できるでしょう。しかし、常にビットコインがもっとも価値が高い仮想通貨であり続けられるかどうかは誰にも不明です。

現在のハードフォーク通貨のビットコインの影響度は軽微

初めてビットコインの分裂が行われた時、多くの投資家が一体どうなるのかその動向を見守っていました。注目度が高いイベントなため、分裂によるビットコインへの影響度はとても大きいものでした。しかし、現在は異なります。

というのも、2017年の12月以降、ビットコインの分裂が大量に発生し、日常茶飯事のようなイベントになってしまったからです。

イベントというのは数が少ないからこそ希少価値があるのです。頻繁に行うとかえって注目度が下がり、影響力も低くなってしまいます。

実際、ビットコインダイヤモンド以降、数多くのハードフォークが行われたのですが、市場関係者からの反応は冷めたものでした。

ビットコインの分裂は技術的には重要なイベントなのですが、投資家にとっては影響度の低いイベントになりつつあります。

せっかくビットコインを保有していても、ほとんどの取引所がハードフォーク通貨に対応していないため、付与の恩恵に授かれる人が少ないというのも、分裂への注目度を下げる要因となっているのでしょう。

それどころか、最近はハードフォークの偽情報すら出回っている始末です。

ハードフォークが起こるからといって、必ずしも利益が出るとは限りません。

それどころか損失を出す恐れすらありますので、注意しましょう。

過去の分裂で誕生した仮想通貨とは?今後の分裂の予定は?

ビットコインは2018年1月時点において、既に何度もハードフォークを実施しています。誰にも知られずにひっそりとハードフォークした仮想通貨などもあるため、正確な数字を把握することは困難でしょう。

それほど頻繁に繰り返されているハードフォーク通貨の中で、もっとも注目すべき仮想通貨というと、ビットコインキャッシュやビットコインゴールド、ビットコインダイヤモンド、ビットコインプラチナム、そしてスーパービットコインなどが挙げられます。

ビットコインキャッシュとビットコインゴールドは既に時価総額が高い領域に達しており、ビットコインに次ぐ人気を見せています。ビットコインダイヤモンドも同様で、今後の価格高騰が期待されています。

ビットコインプラチナムは確かに有名なハードフォーク通貨なのですが、必ずしも良い意味で有名とは限りません。というのも、一時期ビットコインプラチナムは詐欺ではないのかといった風評が出回ったからです。

本当に詐欺なのかどうかは未だに不透明なため確実なことは言えませんが、ただハードフォークの情報が必ずしも真実とは限らないということを象徴しているハードフォーク通貨でもあります。

スーパービットコインとは2017年12月12日に誕生した比較的新しい仮想通貨です。ただ、ビットコインプラチナムの騒動があって以降に誕生した仮想通貨ということもあってか、注目度が低く、いざ誕生の瞬間にあたって相場が盛り上がるということはありませんでした。

ビットコインキャッシュやビットコインゴールドと比べ、スタートダッシュの盛り上がりが低かっただけに、スーパービットコインは幸先があまり良くない仮想通貨でもあります。今後、スーパービットコインの価値が上昇するかどうかは、仮想通貨の実力次第となるでしょう。

ビットコインプラチナムの騒動以降、投資家のハードフォークに対する印象は薄れている傾向があります。ただ、ハードフォークに柔軟に対応している取引所などにビットコインを保有しておけば、ハードフォーク時に新しい仮想通貨をもらえるのは確かなことです。

分裂に関する今後の予定を把握し、適切な取引所にビットコインを保管しておけば、新しい仮想通貨を無料で手に入れられます。

その仮想通貨が良いモノであれば、将来的な値上がりが期待できるでしょう。

2017年8月に誕生したビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュとは2017年8月に誕生したハードフォーク通貨で、ビットコインから分裂した仮想通貨というと、これが最初となります。

最初に分裂した仮想通貨ということもあり、注目度がとても高いです。ビットコインやイーサリアム、リップルに次いで時価総額が高い仮想通貨としても有名で、国内外問わず多くの仮想通貨取引所がビットコインキャッシュを扱っています。

そのため、よほどマイナーな取引所を使用していない限り、仮想通貨取引所の口座を開設すればほぼ確実にビットコインキャッシュも購入することができるでしょう。

ビットコインキャッシュには、1ブロックのサイズが8MBで、リプレイアタックなどに強いなどの特徴があります。

一部のマイナーの中では、ビットコインキャッシュこそ正統なビットコインだと主張する人たちもいます。

ビットコインキャッシュの評価って高いんだね!
そうだな。スケーラビリティ問題を解決するために誕生した仮想通貨ということもあって、ビットコインキャッシュはビットコインと比較すると決済スピードが速く、取引に向いているからな。

さらに、マイニングのしやすさに関してもビットコイン以上なため、ビットコインの代わりにビットコインキャッシュをマイニングするという人も多くいます。

単純に性能のみで比較すると、ビットコインよりもビットコインキャッシュの方が優秀と言えるでしょう。そのため、ビットコインの採掘難度が上がると、嫌気を指したマイナーがビットコインキャッシュに移行してしまうのではないのかなどと言われることが多いです。

実際、ビットコインに関してネガティブなニュースが流れると、ビットコインからビットコインキャッシュへとマネーが流れることが多く、ビットコインとビットコインキャッシュのレートが正反対の方向へ動くことが度々あります。

ビットコインキャッシュは注目度が高く、マイニンググループとの結びつきが強い仮想通貨です。今後の動向を見たいのであれば、マイニンググループの動きにも注目した方が良いでしょう。

2017年10月に誕生したビットコインゴールドとは?

ビットコインゴールドとは 2017年10月25日にビットコインから分裂することで誕生した新しい仮想通貨です。

その特徴は、ASICboost対策が実装されている点、マイニング難易度の低下などがあり、マイナーにとってメリットの多い仮想通貨です。

ASICboostというのはビットコインのマイニングの効率を上げるためのツールのようなもので、これを使用すると、使用してないパソコン以上のパフォーマンスを発揮することができます。要するに、マイニングの裏技のようなものです。

現在のビットコインは、マイニングの競争が過熱化してるということもあってか、スペックの高いパソコンを持っていないとマイニング報酬が得られない状況に陥っています。

その点、マイニング難度が低く、ASICboost耐性のあるビットコインゴールドであれば、個人のパソコンであってもマイニングができるというメリットがあります。

ビットコインゴールドも、ビットコインにはない特徴があるんですね!
うむ。ただ、ビットコインキャッシュと違い、まだまだ認知度の低い仮想通貨だ。金融庁の認可を受けている仮想通貨取引業者のなかでビットコインゴールドを扱っているところはないぞ。

今後の分裂の予定とは?

ビットコインの分裂は今後も起こることが予想されます。ただ、分裂が乱発されているせいか、今まで以上の高騰は見込めないでしょう。それでも、有望な仮想通貨であれば高騰が見込めるため、予定を知っておいて損はないでしょう。

今後、分裂が予定されているハードフォーク通貨というと、1月13日にビットコインキャンディ、1月20日にビットコインスマート、1月22日ビットコインインテレストなどが予定されています。

ただし、ビットコインの分裂情報は不確かなモノが多いです。場合によっては延期することもありますし、いざ分裂しても全く相場に影響せずに終わることもあるので注意しましょう。

ビットコインの分裂の今後

かつてはビットコインの分裂といえば、相場に影響を及ぼすほどの重大なイベントでしたが、現在ではそれほど大きなイベントというわけではありません。ハードフォークといっても新しい仮想通貨が誕生する程度のことで、注視するほどのものではないだろうと多くの投資家は考えているようです。

なにより、分裂の情報の中には時に虚偽が混じっていることもあるため、迂闊に信じるのは危険です。ハードフォークで仮想通貨がもらえれたらラッキー程度に思っておくと良いでしょう。

今後、ビットコインの分裂は何度も行われるでしょうが、分裂が濫用されている昨今、それほど重視するほどのイベントではないかもしれません。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。