ビットコインの手数料を比較しよう!お得に取引可能な取引所の選び方

2017年、もっとも投資家の注目を集めた金融商品といえばやはり仮想通貨でしょう。2017年1月時点においてたった10万円代だったビットコインは、2017年12月末までには200万円を超えるほどの高騰を見せました。

ビットコインに限らず、仮想通貨業界はまだまだ黎明期です。取引に参加している人のほとんどが個人であり、大口の機関投資家はほとんど参入していません。個人についても似たような状況で、個人投資家だからといって全員が仮想通貨に賛成というわけではありません。懐疑的な人の方が主流でしょう。

今後、仮想通貨に対する信頼が高まり、多くの人がビットコインなどに投資をするようになれば、今まで以上にビットコインは値上がりする可能性があります。しかし、いくら将来が有望だからといって、ビットコインを購入する手段がなければ意味がありません。

ビットコインを入手する方法は、大きく分類するとマイニングと購入の二つがあります。マイニングをするには高度なコンピュータ設備と、莫大な電力が必要なため、個人で行うのは実質不可能な状態です。

そのため、個人でビットコインを入手しようと思った場合、取引所の利用がもっとも妥当な方法なのですが、一体どこの取引所がオススメなのでしょう?

取引所といってもそれぞれに個性がありますし、違いもあります。特に、手数料の高さは取引所によって大きく異なるだけに、非常に重要です。

ビットコインをできるだけ安く手に入れたいのであれば、手数料が安い取引所を選びましょう。

仮想通貨の取引にかかるコストとは?販売所と取引所の違いは?

仮想通貨を購入するためには差し当たってまず仮想通貨業者の口座を開設する必要があります。仮想通貨業者は世の中に数多く存在していますが、初心者ならば金融庁に登録されている国内の仮想通貨交換業者がもっとも安心でオススメです。

仮想通貨業界はまだ黎明期ということもあってか、怪しい団体などもいます。中には詐欺まがいの業者もいますので、業者選びの際には必ず金融庁の登録が完了している仮想通貨交換業者なのかどうかを事前に確認しておきましょう。

基本的に金融庁の登録が完了している仮想通貨交換業者であれば、どこであっても安心して利用できます。ただ、業者によって手数料に相違があるため、それぞれの取引にかかるコストなどを比較し、もっとも自分に合った業者を選びましょう。

ビットコインの取引にはどんな手数料がかかるんですか?
売買手数料や入金手数料、出金手数料、送金手数料などがあるぞ。

売買手数料が無料でも、入出金に費用がかかるのでは意味がありません。送金目的でビットコインを購入するのであれば、売買手数料よりも送金手数料を重視するべきです。

このように、利用者の目的によって、比較すべき手数料のポイントが異なりますので、口座開設の際には手数料がいくらかかるのかを把握しておきましょう。

さらに、販売所と取引所の違いについても明確にしておきましょう。

取引所と販売所って何が違うの?
取引する相手が異なるのだ!

まず販売所の場合、取引をする相手は仮想通貨交換業者となります。

コインチェック(coincheck)やビットフライヤー(bitFlyer)、ザイフ(Zaif)などの業者から直接ビットコインを購入するということです。

その一方で取引所の場合、取引の相手は他のビットコインなどの仮想通貨を保有しているユーザーとなります。ユーザーは取引所が提供する板を通じて、売買をすることになります。

取引所を利用すると、販売所よりも有利なレートで取引をできます。その一方で、取引所で約定するためには、こちらが望むレートを相手が提示してくれるまで待つ必要があるため、取引が成立するまで時間がかかるというデメリットがあります。

販売所の場合、確かに取引所と比べると条件が悪いことがあります。その代わり、注文をすればすぐに約定できるため、レートが荒れやすい時間帯であっても柔軟に取引できるというメリットがあります。販売所は今すぐビットコインが欲しいという人向けです。

ビットコインに限らず、仮想通貨は時間とともに価格が変動します。いくら手数料が安いからといって、不利な条件で約定すると、本当ならもっと安く手に入れることができたのに、無駄に高い値段で購入することになりかねません。

できるだけ安くビットコインを購入したいのであれば、取引所がオススメで、その反対ですぐにビットコインが欲しい人ほど、販売所がオススメです。

仮想通貨交換業者の手数料を比較

単純にビットコインを購入するだけであれば、取引手数料に注目すると良いでしょう。仮想通貨交換業者の中には取引手数料が無料の業者もあります。取引手数料がかからないのであれば、いくらでも取引できるため、デイトレードのような短期売買をしたい人に向いています。

その一方で、送金目的で仮想通貨を購入する予定があるのであれば、送金手数料が安い業者ほどオススメとなります。

ここでは、コインチェックやビットフライヤー、ザイフ、GMOコイン、ビットバンク(bitbank.cc)、ビットポイント(BITPoint)の費用をそれぞれ紹介します。

コインチェックの取引にかかるコスト

コインチェックは日本でも有数の人気仮想通貨交換業者です。ビットコイン以外にも多くの仮想通貨を取り扱っています。

国内業者の中でもっとも取扱仮想通貨の数が多い業者のため、ビットコイン以外の仮想通貨も欲しいという人向けです。

コインチェックを利用する場合、次のように費用がかります。(2018年1月14日時点)

  • 銀行振込(日本円)…無料
  • 銀行振込(米ドル)…25米ドル
  • 海外銀行口座から日本円を振り込む場合…2500円
  • コンビニ入金・クイック入金(3万円未満)…756円
  • コンビニ入金・クイック入金(3万円以上50万円未満)…1000円
  • コンビニ入金・クイック入金(50万円以上)…入金金額×0.108%+486円
  • 日本円出金…400円
  • 米ドル出金…2500円
  • ビットコイン送金手数料…0.001BTC
  • 取引所手数料…キャンペーン中のため無料

コインチェックを利用する場合、現在はキャンペーン中ということもあってか、取引所手数料が無料という特典を受けられます。そのため、頻繁に取引所を利用したいという人にとって、コインチェックは現在、オススメできる取引所となります。

ただし、銀行振込であれば無料なのですが、コンビニ入金もしくはクイック入金をする場合、手数料が発生します。できるだけコストを下げたいのであれば、銀行振込を選ぶと良いでしょう。

さらに、米ドルで出金すると2500円の手数料が発生します。出金をするであれば、日本円の方が低コストとなります。

ビットフライヤーの取引にかかるコスト

ビットフライヤーはコインチェック同様、日本でも有数の仮想通貨交換業者です。現物取引のみならず、FX取引も可能な業者のため、ハイリスクハイリターンな投資が可能です。

取扱っている仮想通貨の数も多く、イーサリアムクラシックやモナコインなどの取引ができるなどの強みがあります。

ビットフライヤーを利用する場合、次のように費用がかかります。(2018年1月14日時点)

  • アカウント作成手数料…無料
  • アカウント維持手数料…無料
  • 売買手数料(ビットコイン簡単取引所、Lightning現物)…0.01%~0.15%
  • 売買手数料(ビットコイン販売所、LightningFX)…無料
  • ビットコイン送付手数料…0.0008BTC
  • クイック入金手数料…1件324円
  • 銀行振込手数料(入金)…各金融機関所定額
  • 日本円出金手数料(三井住友銀行の場合)…3万円未満216円、3万円以上432円
  • 日本円出金手数料(三井住友銀行以外の場合)…3万円未満540円、3万円以上756円

ビットフライヤーはコインチェックと比較すると、ビットコインの送金手数料が安いというメリットがあります。クイック入金にかかる費用も、コインチェックと比較すると安いため、素早く低コストで入金できます。

ただ出金に関してですが、三井住友銀行を使っているかどうかでコストに違いが生じます。三井住友銀行を既に使っている人ほど、ビットフライヤーは相性が良い仮想通貨交換業者となります。

ビットコインの取引をするにあたり、販売所を利用するか、取引所を利用するかで売買手数料に違いが生じます。

販売所を利用すると手数料無料で取引できるのですが、ただ取引所よりも不利なレートで取引することになりかねません。そのため、販売所を利用する際には、取引所の価格を参考にした方が良いでしょう。

販売所は手数料が無料なのに、損することがあるのね。
うむ。ビットフライヤーを利用する場合は、たとえ手数料を払うことになったとしても、取引所を使った方がかえって低コストでビットコインを購入することができるかもしれん。

ザイフの取引にかかるコスト

ザイフは日本でも有数の仮想通貨交換業者です。コインチェックやビットフライヤーと並んで人気が高く、有名な業者です。

取扱っている仮想通貨の数が多く、アルトコインだけでなく、トークンなどの取引もできるという強みがあります。

積立ができるなどの特徴があるため、長期間にわたって定期的にビットコインを運用したいという人にも向いている仮想通貨交換業者です。

ザイフでビットコイン取引をする場合、次のように費用がかかります。(2018年1月14日時点)

  • アカウント作成手数料・維持手数料…無料
  • 取引手数料(現物)…-0.01%
  • 取引手数料(信用取引)…0%
  • 取引手数料(AirFX取引)…0%
  • 取引手数料(先物取引)…0%
  • BTC/JPY(maker)…-0.05%
  • BTC/JPY(taker)…-0.01%
  • 入金(銀行振込)…振込手数料は利用者側が負担
  • コンビニ入金・ペイジー入金(3万円未満)…486円
  • コンビニ入金・ペイジー入金(3万円以上)…594円
  • 出金(銀行振込・50万円未満)…350円
  • 出金(銀行振込・50万円以上)…756円
  • BTC送金手数料…0.0001以上選択可(0.001BTC以上が推奨値)

ザイフでは現在、現物取引をする場合、手数料がマイナス、つまり取引をするごとに利益が発生します。

期間限定の待遇のため、今後も継続的にマイナス手数料になるかは定かではありませんが、それでもマイナス手数料は投資家にとって大きなメリットとなります。

ザイフはコンビニ入金とペイジー入金の手数料が若干高い印象こそありますが、マイナス手数料の存在は非常に魅力的です。頻繁に取引をし、マイナス手数料の恩恵に浴すことができれば、入金手数料分の損失をマイナス手数料で補填することもできるでしょう。

ザイフでは取引するほど利益が生まれるんだね!
うむ。まさにザイフは、デイトレードのような頻繁に取引をしている投資家にほど向いている仮想通貨交換業者だろう。

GMOコインの取引にかかるコスト

GMOコインといえば、IT企業の大手である「GMOインターネット」のグループ企業です。仮想通貨交換事業の歴史はまだまだ浅いのですが、GMOインターネットグループの「GMOクリック証券」は金融業界における大手企業であり、FXなどの金融のノウハウはどこよりも豊富です。

実際、GMOコインが提供している取引ツール「ビットレ君」はFX会社としてのノウハウが詰まっている代物で、非常に利便性が高く、スマホ一つで快適にビットコイン取引ができる優れものです。

仮想通貨を安全に取引をしたいというのであれば、GMOコインはまさに最適な仮想通貨交換業者です。

GMOコインでビットコインの取引をする場合、次のような費用がかかります。(2018年1月15日時点)

  • 取引手数料(現物取引)…無料
  • 取引手数料(FX)…無料
  • 入金手数料…無料
  • 出金手数料…無料
  • ビットコイン送付手数料…無料

GMOコインは大手IT企業のグループ会社ということもあってか、大手ならではの手厚いサービスを提供しています。

取引手数料のみならず、入金手数料や出金手数料、さらにはビットコインの送付手数料なども無料となりますで、コスト0でビットコインの取引ができます。

さらに、2017年8月9日水曜日より、キャンペーンとして新規で口座を開設した人を対象に20000Satoshiをプレゼントするというキャンペーンを実施しています。Satoshiとはビットコインの最小単位のことで、1Satoshiは0.00000001BTCに相当します。

コストがかからないばかりか、キャンペーンで少ないながらもBTCがもらえるGMOコインは、口座を開設しておいて損のない仮想通貨交換業者です。

ビットバンクの取引にかかるコスト

ビットバンクはビットコインなどの仮想通貨の現物取引ができる仮想通貨交換業者です。bitbank Tradeもビットバンクが運営している取引所に違いはないのですが、bitbank.ccと違い、bitbank Tradeはレバレッジ取引用の取引所となります。

そのため、ビットコインの現物取引をする場合は、bitbank.ccを選ぶ必要があります。

ビットバンクでビットコインの取引をする場合、次のような費用がかかります。(2018年1月15日時点)

  • BTC/JPY(メイカー手数料)…無料
  • BTC/JPY(テイカー手数料)…無料
  • 日本円入金手数料…無料
  • 日本円出金手数料…540円
  • 日本円出金手数料(3万円以上)…756円
  • BTC入金手数料…無料
  • BTC出金手数料…0.001BTC
  • 口座開設手数料・口座維持手数料…無料

ビットバンクは基本的にコストがかからない仮想通貨交換業者となります。出金手数料がかかることを除くと、それほど費用について気に掛ける必要はないでしょう。

ビットポイントの取引にかかる費用

ビットポイントは他の仮想通貨交換業者と比較すると知名度が低く、知らない人もいるかもしれません。

ただ、ビットポイントには、MT4が使用できること、そして自動売買が可能など、上級者にとってメリットの高い強みがあるだけに、投資経験が豊富な人向きの仮想通貨交換業者です。さらに、最大25倍のレバレッジ取引ができるなど、ハイリスクハイリターンな取引ができるという強みがビットポイントにはあります。

ビットポイントでビットコイン取引をする場合、次のような費用がかかります。(2018年1月15日時点)

  • 口座開設手数料・管理料…無料
  • 取引手数料(現物取引)…無料
  • 取引手数料(レバレッジ取引)…無料
  • 取引手数料(ビットポイントFX)…無料
  • 入金手数料(即時入金サービス)…無料
  • 入金手数料(銀行振込)…振込手数料は利用者負担
  • 出金手数料(銀行振込)…振込手数料は利用者負担
  • 仮想通貨受取手数料…無料
  • 仮想通貨送金手数料…無料

ビットポイントを利用するにあたり、これといって大きな費用がかかることはほとんどありません。発生するとしたら、銀行振込における振込手数料ぐらいでしょう。

ビットポイントはほぼノーコストでビットコインなどの仮想通貨取引ができる仮想通貨交換業者です。

もっとも安く取引できる仮想通貨交換業者とは?

ビットコインの取引をするにあたり、現物取引とレバレッジ取引とではそれぞれ手数料に違いがあるので注意しましょう。

レバレッジ取引とは、FXなどをイメージすると理解しやすいかもしれません。レバレッジ取引をすると、少ない証拠金で高額の取引をすることができます。

例えば、レバレッジ10倍で取引をすると、資金が10万円もあれば、100万円がある前提で取引できます。仮に1BTCの価値が100万円だった場合、レバレッジを10倍に設定することで、10万円から1BTCの取引が可能です。

レバレッジ取引をすると、実際の資産以上のリターンを得ることができますし、思惑が外れると想定以上の損失が発生するリスクもあります。リスクの大きい取引のため、初心者は控えましょう。

できるだけ安全に取引したいのであれば、現物取引がオススメです。今回紹介した中で、もっとも現物取引に向いている低コストな仮想通貨交換業者というと、現物取引の手数料がマイナスになるザイフです。

ザイフは手数料がマイナスにできるというメリットに加え、取引所もあるため、販売所よりも有利なレートでビットコインを購入することができます。

ただ、ザイフのマイナス手数料は現物取引のメリットです。レバレッジ取引では使えません。

ビットコインのレバレッジ取引をするにあたり、もっともコストが安い業者というと、ザイフとGMOコイン、そしてビットポイントとなります。

なによりザイフとGMOコイン、そしてビットポイントは最大25倍という、かなりハイリスクハイリターンな取引ができる仮想通貨交換業者です。リスク承知でレバレッジ取引をしたい人にほど向いている三社です。

手数料以外の比較ポイントとは?

仮想通貨交換業者を選ぶにあたり、コストは安いに越したことはありません。ただ、そこだけしか見ないと、仮想通貨の本当の魅力には気づけないでしょう。

仮想通貨交換業者を選ぶにあたり注目すべきポイントは手数料だけではありません。他にも、会社独自のサービスや、取扱っている通貨の種類などにも注目しましょう。

たとえばビットフライヤーを利用すると、ビットコイン決済で様々な商品やサービスを購入できます。

既にビットフライヤーでは、ビックカメラにて決済サービスを開始するなど、実際にビットコイン決済ができる環境が整っています。

もしも取引所選びで迷った場合

ビットコイン取引をするにあたり、必ずしも取引所は一つしか選べないなんてことはありません。一度に複数の口座を開設したところで、特にペナルティを受けるということもありません。

もしも取引所選びに迷っているのであれば、複数の口座を開設してみましょう。複数の口座を開設することで、それぞれの取引所のメリットを享受することができます。

実際に使ってみて、相性が悪いと思うのであれば今後は使わなければ良いだけの話です。たとえコストが高かったとしても、継続的に使いたくなるような仮想通貨交換業者は多くあります。

もちろん手数料も重要なのですが、それ以外の部分にも目を配りましょう。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。