ビットバンクの特徴やメリット・デメリット、手数料を詳しく解説!

  • ビットバンクは金融庁に登録済み
  • 売買手数料が無料!
  • アルトコインの指値注文もできる

ビットバンクは2014年に設立され、2017年9月に金融庁の認可を受けた仮想通貨取引所です。

知名度があまり高くないため、取引成立に時間がかかったり、ほかの取引所と比べて取引価格が乖離するといったデメリットもあります。

しかし「入金・売買手数料が無料」、「アルトコインの指値注文が可能」など、ほかの取引所にはないメリットも。

特にアルトコインの指値注文ができる取引所は少なく、この点は大きな特徴です。

この記事ではビットバンクの概要、メリット・デメリット、手数料、口座開設から取引開始の流れなどを説明します。

ビットバンクは取引所形式!金融庁にも登録済み

ビットバンクは2014年に設立された仮想通貨取引所です。

bitbankの概要
社名 ・ビットバンク株式会社
設立 ・2014年5月
代表取締役 ・廣末紀之(ひろすえ のりゆき)
資本金 ・11億3100万円
金融庁登録 ・2017年9月29日
取引形式 ・取引所
売買手数料 ・無料
セキュリティ ・コールドウォレット
・マルチシグ

ビットバンクは取引所なので、ユーザー同士で取引をします。価格は取引所が提示するのではなく、ユーザーが決めるのです。

2017年9月29日には、金融庁から仮想通貨交換業者としての認可を受けました。

金融庁からの認可を受けない「みなし業者」ではないので、安心して取引ができます。

ビットバンクで取引可能な仮想通貨は、次の6種類です。

bitbankの取扱仮想通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

ただしライトコインとイーサリアムは、ビットコインでないと取引できません。

一度日本円でビットコインを購入するか、ほかのウォレットから、ビットバンクのウォレットへビットコインを送金する必要があります。

ビットバンクはセキュリティと、アルトコインの指値注文もメリット

ビットバンクのメリットは次のとおり。

bitbankのメリット
  • 売買手数料が無料
  • セキュリティが高い
  • アルトコインの指値注文が可能

ビットバンクの手数料については「ビットバンク(bitbank)は無料の手数料が多い!」の章で紹介しています。

ここでは「セキュリティ対策」と「アルトコインの指値注文」について見ていきましょう。

コールドウォレットとマルチシグによるセキュリティ対策

ビットバンクは仮想通貨の流出対策として、「コールドウォレット」と「マルチシグ」によるセキュリティ強化を行っています。

コールドウォレットはオフラインで仮想通貨を管理するウォレット。「マルチシグ」は仮想通貨の送金に複数の秘密鍵(暗証番号のようなもの)を必要とする仕組みです。

ビットバンクの顧客資産は、すべてコールドウォレットで管理。

ホットウォレットでは、ビットバンクの自己資産のみを管理しています。

またイーサリアム以外の仮想通貨はマルチシグに対応済み。イーサリアムについても、マルチシグ化を検討中です。

ビットバンクはアルトコインの指値注文ができる

ビットバンクはアルトコインの指値注文が可能なので、売買価格を自分で設定できます。

自分の好きな価格で仮想通貨を売買できるため、より安い価格での購入や、高い価格での売却などタイミングを逃しません。

アルトコインの指値注文ができるのって、珍しいの?
うむ。ビットコインはできても、アルトコインの指値注文ができる取引所は少ない。ビットフライヤー(bitFlyer)やGMOコインでもアルトコインの指値注文はできないんだ。

ビットバンク(bitbank)は取引数量の少なさがデメリット

ビットバンクのデメリットは、次の2つです。

bitbankのデメリット
  • イーサリアムとライトコインが、ビットコインでしか買えない
  • 仮想通貨の取引数量が少ない

イーサリアムとライトコインを購入するには、「一度日本円でビットコインを購入する」か、「ほかのウォレットから、ビットバンクのウォレットへビットコインを送金する」必要があります。

また取引数量が少ないと、「取引の成立に時間がかかる」、「ほかの取引所と値段が乖離する」といった問題も発生するでしょう。

ビットバンク(bitbank)は手数料無料が多い!

ビットバンクでは、次の手数料がすべて無料です。

bitbankで無料となる手数料
  • 売買手数料
  • 入金手数料
  • 口座開設・維持手数料
売買手数料も入金手数料も無料なんだね!
そうだ。ただし入金には、銀行の振込手数料が必要だから注意しろよ!

また出金・送金手数料も必要で、手数料は仮想通貨ごとに異なります。

ビットバンクの売買手数料は無料!スプレッドもかからない

ビットバンクでは仮想通貨の種類に関わらず、メイカー(maker)・テイカー(taker)ともに売買手数料はかかりません。

ビットバンクは取引所なので、スプレッドも不要です。ビットバンクは手数料を気にせず、仮想通貨の取引が可能です。

スプレッドって何ですか?
販売価格と売却価格の差のことだ。スプレッドは取引所とユーザーが取引するときに発生するぞ!

ビットバンク(bitbank)の出金・送金手数料

日本円を銀行口座へ出金する場合や、他のウォレットに仮想通貨を送金するには手数料が必要。

ビットバンクの送金・出金手数料が次のとおりです。

bitbankの出金・送金手数料
日本円 <3万円未満の場合>
540円(税込)
<3万円以上の場合>
756円(税込)
ビットコイン(BTC) 0.001BTC
ライトコイン(LTC) 0.001LTC
リップル(XRP) 0.15XRP
イーサリアム(ETH) 0.005ETH
モナコイン(MONA) 0.001MONA
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001BCH

日本円の場合、出金・送金先の銀行口座を間違えると、組戻手数料として1,296円(税込)が必要に。出金・送金を確定する前に、誤った銀行口座を登録していないか、確認しましょう。

ビットバンクにはデメリットもありますが、手数料やセキュリティでのメリットも大きいです。口座を持っておくのは無料なので、とりあえず口座開設しておいてもよいでしょう。

次の章から、ビットバンクの口座開設方法を解説します。

ビットバンクのホームページから口座開設手続きを始めよう

ビットバンクで口座開設をする手順は、次のとおりです。

bitbankの口座開設手順
  1. ビットバンクの公式ページにアクセスし、メールアドレスを登録
  2. ビットバンクからのメールに記載リンクをクリック
  3. リンク先でパスワードを登録
  4. 顧客情報の入力
  5. 本人確認書類の提出
  6. ビットバンクから送られるハガキに記載の暗証番号を入力

ビットバンクのトップ画面

ビットバンクのホームページからメールアドレスの登録さえすれば、あとは画面の指示に従っていくだけで簡単に口座開設が可能です。

ただしネット上での手続きはすぐに終わりますが、ハガキの到着を待つ必要があるので、口座開設には最低でも数日かかります。

口座開設後は、二段階認証の設定も行いましょう。

二段階認証はビットバンクにログイン後、「セキュリティ」タブから設定できます。設定には、「Google Authenticator」や「IIJ Smartkey」などの認証アプリが必要なので、まだ持っていない人はスマホにダウンロードしましょう。

ビットバンクで日本円や仮想通貨を入出金する方法

仮想通貨の取引をするには、開設した口座へ日本円か仮想通貨を入金しなければなりません。

ビットバンク(bitbank)で日本円を入金する

「入出金」タブから、日本円を選択しましょう。振込先の口座が表示されるので、そこに日本円を入金しましょう。

入金の際には、振込依頼人を「入金番号+あなたの名前」にしなければなりません。

なお入金方法は銀行振込のみで、振込手数料はユーザーの負担です。

ビットバンク(bitbank)で日本円の出金をする

日本円の出金は、入金のとなりにある「出金」を選択。出金先の銀行口座を入力すれば、完了。

出金手数料として540円、3万円以上の出金は756円かかります。

ビットバンク(bitbank)で仮想通貨の入金をする

仮想通貨をビットバンクの口座へ入金するには、まず入出金タブから、入金したい仮想通貨を選択。

「預入」のボタンを選ぶと、アドレスとQRコードが表示されます。

ほかのウォレットで、アドレスを入力するか、QRコードを読み取れば、ビットバンクの口座に入金されるのです。

ビットバンク(bitbank)で仮想通貨の出金をする

ビットバンクにある仮想通貨を他のウォレットに出金(送金)するには、まず「預入」の隣にある「引出」ボタンを選択。

その後出金(送金)先のアドレスと数量を入力すれば、完了です。

出金には手数料が必要で、手数料の金額は仮想通貨により異なるので、確認しておきましょう。

ビットバンクで仮想通貨を買う!成行・指値注文を選択しよう

ビットバンクでの仮想通貨の取引は、次の手順で行います。

bitbankで仮想通貨を取引する手順
  1. 売買する仮想通貨の種類を選択
  2. 指値注文か成行注文を選択
  3. 価格・数量を選択し、注文を確定

ビットバンクのメニュー画面

まずは取引する仮想通貨の種類を選択しましょう。その後「注文」ボタンを押せば、取引画面へ移動します。

ビットバンク(bitbank)の成行注文

成行注文は数量だけを指定する注文方法です。

ビットバンクの成行注文画面

価格を指定しないため、すぐに注文が成立するのが特徴。

bitbankで成行注文をする手順
  1. 「買い」か「売り」を選択
  2. 売買したい数量を指定
  3. 注文を確定

売買したい数量を指定すれば、購入に必要な日本円を自動で計算してくれるのです。

ビットバンク(bitbank)の指値注文

指値注文は価格と数量を指定します。

ビットバンクの指値注文画面

指値注文は注文がすぐに成立するとは限りませんが、「この価格で買いたい(売りたい)」と思ったときに便利な注文方法です。

bitbankで指値注文をする手順
  1. 「買い」か「売り」を選択
  2. 売買したい数量を指定
  3. 価格を指定
  4. 注文を確定

価格と数量ともに好きな値を設定できます。ただし相場からかけ離れた価格を設定すると、取引はなかなか成立しません。

価格設定に迷った場合は、画面左に表示されている板を参考にしましょう。

緑色の数字付近の値を指定すれば、取引は成立しやすくなります。板の数字を押せば、その価格が自動で価格欄に反映されるので、簡単に指定可能ですよ。

ビットバンクで手数料を抑えて、安全に仮想通貨取引をしよう

ビットバンクは他の取引所と比べ、手数料を抑えられるところが最大の強みです。

口座開設から、入金・売買手数料まですべて無料なので、手数料を気にせず仮想通貨を取引することが可能。

さらにビットバンクは2017年9月には金融庁にも登録済みで、セキュリティ対策もしっかりと行っています。

ビットバンクなら、初心者でも安心して仮想通貨取引が始められますよ。

share bitters!!この記事をシェア!

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。