日本仮想通貨交換業協会が設立!仮想通貨のルールを整備する

  • 日本仮想通貨交換業協会が設立
  • 金融庁に登録済みの16社がメンバーとして加入
  • ルールを整備し、自主規制団体としての認定を目指す

仮想通貨のルールを整備し、業界の信頼回復を目指す!

4月23日、「一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会」が設立されました。

加入メンバーは金融庁に登録済みの仮想通貨交換業者16社。

仮想通貨業界として最低限のルールを定めることで、金融庁に「自主規制団体(機関)」として認可されることを当面の目標としています。

具体的なルールについては今後決めていきますが、「取り扱う仮想通貨の種類」や「インサイダー取引」、「内部管理体制」などについて統一的ルールを定める方針です。

また現状の16社だけでは自主規制団体としてのコスト負担が大きいため、加入メンバーの増加も目指しているとのこと。

日本仮想通貨交換業協会のメンバー
  • bitFlyer
  • Bitgate
  • BITOCEANr
  • BTCボックス
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン
  • SBIバーチャル・カレンシーズ
  • QUOINE
  • Xtheta
  • テックビューロ
  • ビットアルゴ
  • ビットトレード
  • ビットバンク
  • ビットポイントジャパン
  • フィスコ仮想通貨取引所
  • マネーパートナーズ

なお同協会の組織体制は次のとおりです。

日本仮想通貨交換業協会の理事
会長 ・奥山泰全(マネーパートナーズ代表取締役社長)
副会長 ・加納裕三(bitFlyer代表取締役)
・廣末紀之(ビットバンク代表取締役)
理事 ・北尾吉孝(SBIバーチャル・カレンシーズ代表取締役執行役員社長)
・石村富隆(GMOコイン代表取締役社長)

日本仮想通貨交換業協会の設立によって、仮想通貨業界に明確なルールが整備されるのか、注目が集まります。

share bitters!!この記事をシェア!

tags

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。