金融庁が仮想通貨交換業者を一斉処分!国内7社に業務改善・停止命令

  • 金融庁が仮想通貨交換業者7社を一斉処分へ
  • 7社中2社は業務停止命令を受けた
  • コインチェックは2度目の行政処分

仮想通貨交換業者7社を行政処分!コインチェックは2度目の処分へ

2018年3月8日午前、金融庁は、仮想通貨交換業者7社を行政処分すると発表しました。

行政処分を受けた仮想通貨交換業者7社
業務停止 ・FSHO(横浜市/みなし業者)
・ビットステーション(名古屋市/みなし業者)
業務改善 ・テックビューロ (大阪市/登録済み業者)
・GMOコイン(東京都・渋谷区/登録済み業者)
・バイクリメンツ(東京都・港区/みなし業者)
・ミスターエクスチェンジ (福岡市/みなし業者)
・コインチェック(東京都・渋谷区/みなし業者)

行政処分を受けた7社には、1月26日に約580億円分の「NEM(ネム)」が流出したコインチェックも含まれます。

金融庁はコインチェックの事件を受け、すべての仮想通貨交換業者を対象に立入検査を実施。顧客保護やマネーロンダリング(資金洗浄)対策を行っているか審査し、問題があった業者に、業務停止命令か業務改善命令を下しました。

行政処分された7社のうち、業務停止命令を受けたのは「FSHO」と「ビットステーション」の2社です。

いずれも、金融庁に「仮想通貨交換業者」として登録審査中の「みなし業者」。

「FSHO」は、マネーロンダリング対策が不十分だとして処分されました。「ビットステーション」に関しては、顧客の仮想通貨を私的に使っていたことが発覚。そのため業務停止の対象となったのです。

コインチェックに対しては1月29日以来、2度目となる業務改善命令が出されました。

1度目の業務改善命令では、システムの脆弱性が問題視されましたが、今回は顧客保護の観点から処分を受けています。

金融庁は今後も、セキュリティや顧客保護の整備が後回しにならないよう、仮想通貨交換業者への監督を強化していく方針です。

share bitters!!この記事をシェア!

tags

堅牢なセキュリティ体制で安心して取引できます!

この記事を読んだご意見、感想などをコメントしてください。